<   2019年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

所属する会派「ふじ21」で、小長井市長に令和2年度の予算編成に対する要望書を提出

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村


 昨日は、所属する会派「ふじ21」で、小長井市長に対し令和2年度の予算編成に対し要望書を提出した。

 写真は、今朝の静岡新聞朝刊。

f0141310_07350741.jpg

 10月には、既に「ふじ21」を含む友好4会派で要望書を提出していたが、今回は、その際に盛り込めなかった独自の要望を、とのことで提出した。

f0141310_07350045.jpg

 大きく以下の6テーマだ。

1 地域自治組織に財源と権限の再配分を

2 違法無法な残土処理等へ組織的に対処するため専門部署の特設を

3 「SDGs取組み宣言(仮称)」と予算への具体的反映を

4 市民の安心を確保する富士市地域医療計画の策定を

5 中央病院における計画的なDPC係数上昇への取組みと職員体制の整備を

6 産業構造の変化に合わせた既存産業インフラの活用についての構想策定を

f0141310_07344406.jpg

 私は、先日の11月議会で提案した「地域医療・中央病院」に関する4及び5の要望を、改めて提案する形で担当した。

f0141310_07345146.jpg

 以下、長文になりますがお目通しいただければ幸いです。

令和2年度富士市予算編成に対する要望書

ふじ21

米山享範、井上 保、小池智明、小山忠之

 

近年の地方自治体における主要なテーマは、拡大した団体自治即ちフルセット型行政から、住民自治の充実即ち地域自治の拡充への、本格的な転換〈または回帰〉ではないかと思料します。

そのためには様々な仕掛けが必要となりますが、とりわけ30年近い歴史を有する地域自治組織〈まちづくり協議会〉を有する富士市においては、同組織を名実ともに地域自治充実のコアとしていかに幅広くかつ強力に活動願えるかが課題ではないでしょうか。 

また、人口減少問題の進化を筆頭に自治体運営の厳しさが指摘されますが、そうしたさ中においてこそ自治体独自の視点と独自の政策・施策が求められるところです。

平和で安全な市民生活の持続可能性を追求する観点から、住民生活に直結する地域自治組織や環境保全対策、市民医療の確保や産業振興等、当面の重要な課題について、以下に提起するところです。

 限られた財源と限られた人員の中ではありましょうが、貴職には豊かな経験則と練りこまれた知恵にさらに磨きを掛けられ、総力を挙げて次年度予算編成に確実に反映されますよう、強く要望するものであります。

1 地域自治組織に財源と権限の再配分を

住民の日常生活領域にまで広く財源を再配分〈還元〉することで住民の地域づくりへの参画・参加をいっそう促すとともに、地域に潜在する人材の顕在化も期待できる「地域自治組織主導型地域(まち)づくり」へ踏み出すために、以下の点を推進されるよう求めます。

これに関しては、富士市も参加している「小規模多機能自治推進ネットワーク会議」(代表事務局・雲南市)でも核心的なテーマとして取り組んでいるものと認識し、これをも踏まえて、以下の点を提起し、実施を求めます。

  1. 地域自治組織(まちづくり協議会)に対する「財源及び権限委譲の在り方に関する新たな制度」の設定(設計)作業に早期に着手、推進されたい。

  2. 先進事例等を参考としつつも富士市独自の在り方についてモデルケースを設定し、速やかに既存の地域自治組織内における検討資料として各組織に対して提供されたい。

  3. 新たな制度の策定から実際に財源・権限の付与を実施するまでの準備期間(3~5年と想定=仮)の設定をされ、速やかな実施に結び付けられたい。

  4. 財源の再配分と権限委譲に係わる応募方法等の検討も併せて行うこと。事業の開始は全地区一斉である必要はなく、手挙げ応募方式も選択肢と考えられることから、応募方法等についても併せて設定をされたい。

  • 財源と権限の委譲による自治組織の自主事業の範囲として想定されること=事例)

    ①地域内公共交通(ミニバス、タクシー等)の自主運営等高齢者等の外出等支援事業。②地域包括支援センター及び子育て支援センター、地域内小規模介護施設等との連携による地域内高齢者・子ども等の見守り支援ほか支援事業の展開。③簡易的な生活環境整備に関する事業(道路・側溝等の改修整備、通学路や生活道路等の点検や関連交通安全施設整備等)④地域活動ボランティア(有償〉等の育成。⑤コミュニティイベント等の実施。

     なお、財源については地区の事情によって一定の範囲で繰越財源とすることも可として想定しています。

2 違法無法な残土処理等へ組織的に対処するため専門部署の特設を

 違法な残土処理等に対処するため富士市は昨年12月、「非常事態宣言」を発出するとともに、庁内プロジェクトを編成して指導、パトロール等に当たってきましたが、事態はほとんど改善されず、違法かつ無法な残土処理等が絶えません。むしろ、ますます跳梁跋扈しているのが実態です。この間の足跡を踏まえ、以下について速やかな実施を求めます。

  1. 残土処理等に関わる山地開発に厳正・迅速に対処するため、時限的な措置として専門部署を設置。残土等の排出者責任をも問うべく庁内体制を整備・強化すること。

  2. 推進中の残土等処分地に関するカルテを基に、事業地の跡地整備(原状回復)の徹底を図ることはもとより、違法処分地に関しては特に早急な(防災を含む)現状回復を徹底させること。

3 「SDGs取組み宣言(仮称)」と予算への具体的反映を

 SDGs(SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS)はご案内のとおり、2030年をめどに17のゴールと169のターゲット、約230の指標を設けて「持続可能な開発」を進めるという国連の計画です。核心は、同計画を基にしつつも17のゴールに向かい、どのようにターゲットを定め、それを測る指標をどう立てるかを自治体独自に展望し取り組むこととされます。

 富士市は環境基本条例、環境基本計画の下で生物多様性戦略の策定に至り、また環境管理計画の見直しも並行するなど環境政策は着実ではありますが、改めて、SDGsの基本理念に則り既存の各計画を集約して、市民の暮らしに結びつく具体的で分かり易い目標と施策を提示して取り組んではいかがかと考えます。

 以下の点を提起します。

  1. 予算編成・執行に臨み改めて「SDGs取組み宣言」をすること。

  2. 独自の取組み目標を設定し、予算に反映すること。

SDGs17の基本目標(ゴール)を、
 ①人間について
 ②地球について
 ③繁栄について
 ④平和について の4分野に集約し、それぞれに係わる指標と施策を明示する。

事例としては、
①人間に関して(富士市民の暮らし環境整備と幸福度向上に関しての指標と施策)
②地球に関して(地域環境=富士山地内〈里地~山ろく〉の保全に関する指標と施策)
③繁栄に関して(地域特性を顕示し持続可能な産業振興に関する指標と施策)
④平和に関して(安全安心な居住環境、地域社会環境の確保等に関する指標と施策)

 

4 市民の安心を確保する富士市地域医療計画の策定を

団塊の世代が75歳以上となり、医療・介護需要が急激に増大する2025年まで残された時間は多くありません。

地域包括ケアシステムの形成において必要な医療と介護の連携、在宅医療の充実等を図るため、市内の医療資源の現状と課題を把握・整理した上で、医療機関ごとの機能分化、病院・診療所の連携のあり方、在宅医療を支える医師・看護師等の確保方策等を明確にした富士市地域医療計画を、策定することを求めます。

※市町村には、介護保険事業計画はありますが、医療計画はないのが実情です。県が定 める静岡県医療計画、地域医療構想は、市レベルの計画とはなっていません。医療過疎県の静岡県の中で、更に過疎地域である富士地域・富士市の実情と課題を洗い出し、今後の市の医療政策の柱を明確にするとともに、県への要望を求める根拠とするためにも必要な計画と考えます。

5 中央病院における計画的なDPC係数上昇への取組みと職員体制の整備を
①中央病院においてDPC係数の上昇は、高度医療、入院治療等の「医療の質の向上」と「収益  力の向上」に直結します。DPC係数をにらみつつ、総合入院体制加算、がん診療連携拠点病院等の取得や指定に計画的に取り組むことを求めます。

 ②診療報酬加算取得やDPC係数向上のように高度で専門性の高い業務については、通常の職員  人事ローテーションでなく、専門の医事業務職員の配置・育成をこれまで以上に進めることを求めます。

6 産業構造の変化に合わせた既存産業インフラの活用についての構想策定を

 産業構造の変化にともない、本市に位置する工業用水・工業排水・港湾施設など既存の産業用インフラの利用が大きく減少しており、今後維持補修費が大きな課題となることが懸念されます。

このような背景の下で以下のことを求めます。

  1. 本市の今後の産業振興政策において、上記の既存インフラをどのように活用していくことが出来るか、また活用すべきか、基本的な構想を整理すること。

  2. とりわけ本市産業振興の新たな核として期待されるCNFの振興に本市既存インフ ラをどのように取り込み、活用していくことが出来るか、同構想に明確に位置づけること。

                                         以 上


by koike473 | 2019-12-13 07:43 | Trackback | Comments(0)  

富士駅北口再開発のお手本? 環状2号線の上に建設された超高層ビル「虎ノ門ヒルズ」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村


 今日は、先月会派で出かけた東京・千葉の視察の帰りに寄った超高層ビル「虎ノ門ヒルズ」(東京)の話。

f0141310_08043068.jpg

 虎ノ門ヒルズは、JR新橋駅から歩いて15分程、先日のブログで紹介した慈恵会医科大学のすぐ近くだ。

f0141310_08042441.jpg

 2014年に完成した高層ビルだが、この建物の下を道路(トンネル)が通っている。

f0141310_08052347.jpg

 通称「マッカーサー道路」と呼ばれる都市計画道路「環状2号線」だ。

f0141310_08043770.jpg

 「立体道路制度」を活用し、道路(トンネル)の整備に合わせ、タワービルを建設している。

 高さ的に23階あたりに位置する建物内通路や芝生広場は、カフェ等があり、誰でもが出入りし、のんびりできるオープンスペースになっている。

f0141310_08045065.jpg
f0141310_08044297.jpg
f0141310_08045735.jpg
f0141310_08050254.jpg

 昨年、この立体道路制度が法改正により、道路の新設時だけでなく、駅前等の既存の道路上にも導入できるようになった。

 富士市でも、富士駅北口の再開発事業で、パピー跡地が計画エリアからはずれることが決まり、この立体道路制度を活用し、駅前の道路区域を含めた再開発を目指す方向に切り替えた。

 どんなプランになるのだろうか?


by koike473 | 2019-12-12 08:13 | Trackback | Comments(0)  

吊り屋根のデザインが印象的な代々木第一体育館でハンドボール日本選手権決勝を観戦

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村


 今日は、先月プライベートで出かけた「ハンドボール日本選手権」の話。

f0141310_07453540.jpg

 1123日(祝)はラグビーの早慶戦を観戦し、夕食を千葉県に住む娘夫婦と食べ、東京に宿泊。

 次の日(日)は、代々木第一体育館で行われたハンドボール日本選手権の決勝を観戦した。

f0141310_07463566.jpg

 デジカメを忘れ、スマホで撮ったので画質が悪い。

f0141310_07461289.jpg

 丹下健三事務所が設計した印象的な建物だ。

f0141310_07465785.jpg

 平面図に落としても、「これが建物?」と思うほどだ。

f0141310_07465079.jpg

 私は、40年ほど前の学生時代に、一度だけアイスホッケーの国際試合を観に来たことがあったが、それ以来だ。

f0141310_07460485.jpg

 決勝戦は大崎電気×トヨタ車体。

f0141310_07463072.jpg

 2年前に静岡市で開催された日本リーグでは、2試合でそれぞれのチームを観戦した。

f0141310_07455762.jpg

 それ以来、トヨタ車体の吉野樹選手を注目しているが、この日はあまりさえていなかった。

f0141310_07462436.jpg
f0141310_07461990.jpg

 そんなこともあり、後半逆転を許し、23×21で大崎電気が優勝。


 優勝インタビューを受ける東長濱選手。

f0141310_07513808.jpg

 久しぶりに寄った代々木公園も、すっかり冬の準備だ。

f0141310_07464314.jpg


by koike473 | 2019-12-11 07:55 | Trackback | Comments(0)  

ロゼシアターも「クリスマス」 いまいづみ幼稚園の生活発表会とMAUハンドベルリンガーズのクリスマスコンサート

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村


 昨日、一般質問が終わった。

 これについては、また改めてまとめて書きたい。

 今日は、12月になりすっかりクリスマスモードになったロゼシアターのイベントをどうぞ。

f0141310_07584975.jpg

 最初は、1130日(土)に大ホールで開かれたいまいづみ幼稚園の生活発表会。

f0141310_07573236.jpg
f0141310_07572486.jpg

 今年で70回目となる「生活発表会」だが、昔は暮れに「クリスマス発表会」?という名前で開催していたそうだ。

 年少さんのチビちゃんたちも、一生懸命に演奏を。

f0141310_07571160.jpg

 裏の通路では、卒園生の中学生たちがボランティアでサポート。

f0141310_07574885.jpg

 環境フェアに向かうため、早目に失礼し1階に降りると大きなクリスマスツリーと記念撮影。

f0141310_07570496.jpg

 そして次の121日(日)は、レセプションホールで「MAUハンドベルリンガーズ クリスマスコンサート2019」。

f0141310_07592896.jpg

 前日に撮り忘れたサンタクロース。

f0141310_07581970.jpg

 午前中の吉原高校避難所開設・運営訓練の片付け等もあって遅刻し、開会後に、そっと入場。

f0141310_07591415.jpg

 私は数年ぶりで、レセプションホールは初めて。

f0141310_08095874.jpg


 クリスマスメドレーが心地よい。

f0141310_07590554.jpg

 司会は和久田恵子さん。

f0141310_08041482.jpg

 ゲストは、バイオリンの樽井直美さんと、三改木多恵子さん。

f0141310_07585476.jpg

 バイオリンのなめらかな音色と、弓を弦にたたきつけて出る強い音、そしてハンドベルの音色にうっとりした。

f0141310_07583603.jpg
f0141310_07582852.jpg

 癒し系の土屋医院の土屋先生。

f0141310_07592150.jpg

 MAUハンドベルリンガーズは、来年で結成20周年だそうだ。

f0141310_07584340.jpg






 記念のクリスマスコンサートが楽しみだ!

f0141310_07593491.jpg

 ロゼの橋の上からの富士山は、すっかり冬の富士山だ。


by koike473 | 2019-12-10 08:10 | Trackback | Comments(0)  

今日は、私の一般質問! 11時前頃からです!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村


 
今日は、私の一般質問があります。

 午前中、11時前頃からです。

 よろしかったら、傍聴にお越しいただくか、インターネット中継でご覧いただければと思います。

 ライブ中継だけでなく、録画配信で、後刻、何度でも観ることができます。

 もう一度確認して、出発したいと思います。

 よろしくお願いいたします。


by koike473 | 2019-12-09 06:59 | Trackback | Comments(0)  

11月定例議会での一般質問は「医療・中央病院」について質問します!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村


 今日のブログは、開会中の11月定例議会で、来週の月曜日・129日に行う私の一般質問のこと。

 今回は、医療・中央病院に的を絞り、以下の2つについて質問する

●富士市地域医療計画の策定について

●中央病院における医療の質・収益力向上のための診療報酬加算取得やDPC係数上昇への取組みについて

いつものようい長文ですが、お目通しいただければ幸いです。



●富士市地域医療計画の策定について

団塊の世代が75歳以上となる2025年を目途に、重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される地域包括ケアシステムの構築が急がれている。

各自治体では、介護、予防、生活支援等の面では、介護保険制度が始まった当初からサービス量等の見通しを想定した高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画(富士市では「ふじパワフル85計画」)を策定し、その計画に基づき事業展開してきている。

一方、医療の分野については、平成26年に成立した医療介護総合確保推進法を受け、各都道府県で医療機能の分化、地域包括ケアシステムの構築を一体的に推進するため、「2025年の医療需要と目指すべき医療提供体制」、「目指すべき医療提供体制を実現するための施策」を内容とする地域医療構想の策定が求められ、静岡県でも平成28年に静岡県地域医療構想を策定したところである。

しかし県の地域医療構想は、圏域ごとの必要病床数や在宅医療等の必要量が示されたもので、市レベルの計画とはなっていない。

市民にしてみれば、「これからは在宅医療が重要です」と言われても、「在宅医療って何?」、「そんなことできる?」、「何かあったらやっぱり病院だよ!」という感覚がまだまだ一般的だと感じる。

また富士市では、市の中核病院である中央病院は老朽化等により建替えについて行政内部で検討され始められる一方で、今年9月には再編・統合の必要がある公的病院の一つとして、国から一方的に蒲原病院が名指しされる等、市民にとっても「自分の身に何かあったら、どうなるのだろう」、「富士市の医療はどうなるのだろう」という漠然とした不安感があることも事実である。

こうした中、自分の市の医療の現状や課題を踏まえ、これからの医療のあり方を行政、市民、医療関係機関等で議論・検討し、「市地域医療計画」として取りまとめ、施策展開に取り組む自治体も出始めている。

以下質問する。

1 地域包括ケアシステムの確立を目指し、市の医療分野全般のあり方を見据えた(仮称)富士市地域医療計画を策定する考えはないか

2 中央病院の建替え目標とされる概ね10年後まで、残された時間はさほど多くない。中央病院の位置付け・役割に加え、設置形態(富士市単独・隣接市との共立等)、経営形態(直営・委託等)、建設場所等、病院建設・運営の基本的な項目についての検討状況はいかがか。また市民・議会の声を聞きながら検討することについてどう考えるか

3 国から再編・統合が必要とされた蒲原病院の今後のあり方について、どのように考えるか。また共立の構成市である静岡市、富士宮市とはどのような協議を行っているのか

4 地域医療計画策定にあたっては、拠点病院である中央病院、蒲原病院のあり方を明示することが必要と考えるがいかがか。計画の中に、例えば「第5章 公立拠点病院の今後のあり方」を設け、「1 富士市立中央病院建替えの考え方」として、懸案である中央病院建替えについて、その段階で合意できている事項、今後の検討課題等を整理し、富士市としての建替えの考え方を書き込む、また、「2 蒲原病院のあり方」では、国から再編統合の再検証要請対象病院とされた蒲原病院を、改めて重要な医療機関として位置付け、医療圏における役割等について整理し、富士市としての姿勢を書き込む等。



●中央病院における医療の質・収益力向上のための診療報酬加算取得やDPC係数上昇への取組みについて

昨年8月に、市では城西大学経営学部の伊関友伸教授を講師に招き、「試練の時代の自治体病院経営」と題し講演会を開催した。

伊関教授は、中央病院規模の病院であれば、以下の診療報酬加算を取得できるのではと指摘された。

・総合入院体制加算3、更に2

・認知症ケア加算1

・抗菌薬適正使用支援加算

・病棟薬剤業務実施加算1

また、こうした診療報酬加算の取得の有無等により、病院の体制や設備など基本的な機能が評価されたり、診療の実績をさまざまな機能別に分類して評価される、いわゆるDPC機能評価係数Ⅰ、機能評価係数Ⅱが、その病院の入院医療報酬額に直結する結果となっている。

 国では、このDPC係数を、病院が提供する医療を効率的で質の高いものに誘導する意思をもって設定していると言われる。

 こうした中、以下質問する。

1 国(厚労省)は、DPC係数は、病院が提供する医療を効率的で質の高いものに誘導する意志をもって設定しているとされるが、中央病院としては、DPC係数制度を医療の質の向上、収益力の向上の面からどのように評価しているか

2 具体的な事例として、伊関教授が指摘した上記5つの診療報酬加算を取得するにあたっての必要な取組みと投資額、取得によって得られる医療の質の向上、年間収益増加額はどのように推計されるか。また総合入院体制加算2を取得するにあたっての課題をどう考えるか

3 直近で中央病院は、全国に約1,500あるDPC標準病院群の中で、DPC機能評価係数Ⅱの順位は全国及び静岡県内でどの程度に位置しているか。また同じ病床規模の中東遠総合医療センターや磐田市立総合病院に追いつくには何が課題と考えるか

4 (仮称)「DPC機能評価係数Ⅰ・Ⅱアップ推進計画」を策定し、それに基づき計画的な取り組みを進める考えはないか

5 診療報酬加算取得やDPC係数向上のように高度で専門性の高い業務については、通常の人事ローテーションでなく、専門の医事業務職員の配置・育成をこれまで以上に進めるべきではないか


by koike473 | 2019-12-06 07:54 | Trackback | Comments(0)  

紙ストローと「SDGs」のアイコンが印象的! 第13回富士市環境フェア

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村


 11
30日(土)は、第13回富士市環境フェアに出かけた。

f0141310_07495744.jpg

 会場は「ふじさんめっせ」。

f0141310_07500990.jpg

 写真集でどうぞ。

 小長井市長が来場者全員を迎える。

f0141310_07502578.jpg

 今年のテーマは「SDGs」。

f0141310_07491831.jpg
f0141310_07492466.jpg

 どのブースもこのアイコンが。

f0141310_07504349.jpg

 紙のストロー。

f0141310_07494033.jpg

 違和感は全くない。

f0141310_07493427.jpg
f0141310_07492823.jpg

 一条議長も、ゴミの分別に挑戦し苦戦?

f0141310_07500922.jpg

 「静岡けいりんサイクルタイムトライアル」。

f0141310_07503233.jpg
f0141310_07503374.jpg

 競輪選手の腿の太さにビックリ!

f0141310_07502025.jpg

 食育弁当コンテスト。

f0141310_07505788.jpg

 私はこれが一押し!

f0141310_07511821.jpg
f0141310_07512652.jpg

 森林組合コーナー。

f0141310_07511103.jpg

 富士ヒノキで作った来年の干支・ネズミのかわいい置物をプレゼント。

f0141310_07510008.jpg

 師走に入り、今年も残り1ヶ月だ。


by koike473 | 2019-12-05 07:57 | Trackback | Comments(0)  

ワールドカップ人気で雨でも秩父宮はほぼ満席 ラグビー早慶戦

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村


 11
23日(祝)は、シルバー人材センターのふれあいフェスの後、東京に出かけた。

f0141310_08084259.jpg

 ラグビーの早慶戦観戦だ。

f0141310_08084626.jpg

 しかし東京はあいにくの雨。

 それでもワールドカップで注目されたせいか、秩父宮ラグビー場は満席に近い。

f0141310_08085930.jpg

 私は慶応ラグビーのファンだが、今季はここまで既に3敗(筑波、日体、明治)しており後がない。

f0141310_08073353.jpg
f0141310_08073963.jpg
f0141310_08074768.jpg

 しまった試合が続き、前半は10-10で折り返す。

f0141310_08090655.jpg

 後半も、慶応は攻め込むがなかなかトライまで持ち込めない。

f0141310_08094065.jpg
f0141310_08093301.jpg

 そして早稲田に1本取られた。

f0141310_08092148.jpg

 言いたくはないが、あれは絶対スローフォワード(前の味方にパスする反則)だった。

 ワールドカップでよく見たTMO(テレビジョン・マッチ・オフィシャル)、ビデオ判定なら・・・。

f0141310_08091989.jpg

 結局、この1トライ1ゴール差の10-17でノーサイド。

f0141310_08072169.jpg

 それでも慶応は、先週の帝京との最終戦は29-24で勝利

 暮れから始まる大学選手権出場はかなわなかったが、今年は有望な1年生が数名レギュラーに名を連ねた。

 来年が楽しみだ。


by koike473 | 2019-12-04 08:17 | Trackback | Comments(0)  

本部長としては「昨年以上の75点の出来だった!」 第7回吉原高校避難所開設・運営訓練 その2

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村


 今日は、1日(日)に行った吉原高校避難所開設・運営訓練の後半。

 避難所運営員会の各班の準備が整いつつある9時過ぎには、7つの町内から各7名、計49名の避難者役の皆さんが、吉原高校に避難してきた(という想定)。

f0141310_07095598.jpg

 1時間ごとに行う本部会議で、避難者受け入れの確認。

f0141310_07240254.jpg


 避難者役の方々が、町内別に避難所入所の受付。

f0141310_07100559.jpg

 受付・避難スペースに誘導を担当する避難者支援班。

f0141310_07082958.jpg

 割付けられた避難スペースに入所した後は、避難者支援班の指導で入所者氏名等の書類を作成いただく。

f0141310_07094558.jpg

 要援護者支援班。

f0141310_07102628.jpg

 体育館内に入所が難しい高齢者、妊婦さん等の要援護の方の状況を確認しながら受付け、畳敷きの作法室等に案内する。

f0141310_07102890.jpg

 各町内から上がってくる被災状況を集計する総務班。

f0141310_07093722.jpg

 避難者(入所者)役の皆さんは、避難所での生活を送る上でサポートを受けるいくつかの担当班を回り、活動の紹介を受ける。

 施設管理班。

f0141310_07082761.jpg

 情報班。

f0141310_07084312.jpg

 各町内から上がってきた被害状況。

f0141310_07090213.jpg

 保健衛生班。

f0141310_07101363.jpg

 女性担当班。

f0141310_07084296.jpg

 後半では、いくつかの避難所を回ってきた市長や防災担当の総務部長等が吉高に到着。

f0141310_07080954.jpg

 吉原高校新聞部によるインタビュー。

f0141310_07082138.jpg

 体育館への入所者や7つの町内会からの支援物資要請を取りまとめる食料物資班。

f0141310_07092318.jpg

 物資(カゴに入っているの想定)が、市災害対策本部から到着したとの想定で、要請数等を確認しながら受取りに来た入所者の組長(居住組長)や自主防災会の担当者に渡す。

f0141310_07092527.jpg

 防災危機管理課長から、発災当初の数日は、プッシュ型支援(要請や希望に関係なく、備蓄してある物資を分けられる分だけ送ってくる)だが、落ち着いたその後はこうした要請手続きが必要になるとの説明。

f0141310_07075881.jpg

 12時過ぎまで訓練、反省会を行い、13時前に片付け、解散した。

 本部長の私としては、事前の打合せ、シミュレーションがしっかりできたので、この日の訓練は昨年以上にスムースにできたと思う。75点の出来ではないだろうか。

 皆様、お疲れさまでした。


by koike473 | 2019-12-03 07:24 | Trackback | Comments(0)  

寒くなくて良かった! 第7回吉原高校避難所開設・運営訓練 その1

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村


 昨日(121日)は、吉原高校避難所開設・運営訓練が行われた。

f0141310_07462286.jpg

 今年で7回目(7年目)だ。

 740に大きな地震が発生した想定で、まずは避難所となる体育館建物の簡易な安全性チェック。

f0141310_07462871.jpg

 学校、市地区班、委員会の3者で、館内の落下物がないかも確認。

f0141310_07463267.jpg

 委員会メンバーの開会式(会場をお借りする吉原高校の芹澤教頭からあいさつ)。

f0141310_07461211.jpg

 23日前の天気予報では、かなり冷え込みが心配されたが、それほどでもなく一安心。

 会場設営。

f0141310_07461079.jpg
f0141310_07470566.jpg

 各班で避難者受け入れの準備を進める。

f0141310_07470964.jpg
 

 校舎内の立ち入り禁止スペースを仕切る。

f0141310_07472683.jpg

 無線連絡も各町内と全てつながることを確認。

f0141310_07465100.jpg

 この後、避難者を受け入れる。

 その後半は、また後日ということで。


by koike473 | 2019-12-02 07:52 | Trackback | Comments(0)