<   2011年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

 

滝川で「企業町内会」が静岡県とリバーフレンドシップ協定締結

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 4日(金)は、「滝川の水辺と遊歩道を育てる会」と静岡県との間で、「リバーフレンドシップ協定」の同意調印式が行なわれた。
滝川で「企業町内会」が静岡県とリバーフレンドシップ協定締結_f0141310_4592790.jpg

 会場は、滝川と沼川の合流点に近い今井(元吉原)にあるイワマワークス・東海オートリサイクルセンターさんをお借りした。
滝川で「企業町内会」が静岡県とリバーフレンドシップ協定締結_f0141310_4594058.jpg

 「リバーフレンドシップ協定」は、平成15年度から県が始めた制度だ。
 河川沿川の住民団体等が行なう草刈りや清掃等の美化活動に対し、河川管理者である県が刈り払い機等の物品を支給したり、地元市町村が清掃活動で集まったゴミを収集・処分するなどして、地域と行政が一体となって魅力的な河川を造り上げていくしくみだ。
滝川で「企業町内会」が静岡県とリバーフレンドシップ協定締結_f0141310_50151.jpg

 県内では、既に約260団体と協定が結ばれている。
 富士土木事務所管内(富士市、富士宮市)では15団体目だ。

 ただ、今回の「滝川の水辺と遊歩道を育てる会」は、他のリバーフレンドシップと全く異なることがある。
 「育てる会」を構成する会員が、沿川の企業9社のみということだ。
通常のリバーフレンドは、沿川の住民で構成する自治会や団体だが、滝川沿いは工業専用地域で住宅がない。
 その代わり、たくさんの企業が立地・営業している。
滝川で「企業町内会」が静岡県とリバーフレンドシップ協定締結_f0141310_503615.jpg

 私が事務局を担当している「そうだ!沼川プロジェクト」の一環で呼びかけたところ、応じてくれたのが図の9社だ。
 「企業町内会」のイメージで、おそらく県内でも数少ない取組みではないだろうか。
滝川で「企業町内会」が静岡県とリバーフレンドシップ協定締結_f0141310_51567.jpg

 この日は、「育てる会」代表のイワマワークス・東海オートリサイクルセンターの岩間社長(向かって右側)、副代表の中田屋富士工場の中川工場長(中央)に出席いただき、県富士土木事務所の西川所長(中央)との間で調印と、刈り払い機の授与が行なわれた。
滝川で「企業町内会」が静岡県とリバーフレンドシップ協定締結_f0141310_513222.jpg
滝川で「企業町内会」が静岡県とリバーフレンドシップ協定締結_f0141310_514052.jpg

 岩間代表は「滝川沿いは、水を使う製紙会社に加え、金属等のリサイクル・再生に取り組みISO14001を取得している企業も多い。周辺に住宅地がない中では、我々が『企業市民』として積極的に河川清掃等に取り組んでいきたい」と述べた。
滝川で「企業町内会」が静岡県とリバーフレンドシップ協定締結_f0141310_52099.jpg

 2月27日(日)に行なわれる「お花見ウォーク」では、「育てる会」の皆さんがきれいにした滝川の土手を歩きます。
 富士市ならではの、こうした企業の地域貢献への取組みも是非注目しながら歩いていただければと思います。

by koike473 | 2011-02-10 05:03 | そうだ!沼川プロジェクト | Trackback | Comments(0)  

建設が進む「アピタ吉原店」と「コープ富士中央店」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 旧ユニー吉原店と明治製紙の跡地に開店予定の「アピタ吉原店」と「コープ富士中央店」の建設工事が進んでいる。

 まずはアピタ吉原店。
 昨年12月の写真。まだ、古い建物の基礎を解体しているようだったが。
建設が進む「アピタ吉原店」と「コープ富士中央店」_f0141310_23224271.jpg

 2月7日の写真。
建設が進む「アピタ吉原店」と「コープ富士中央店」_f0141310_2323480.jpg

 新しい建物の基礎部分の土工事が進んでいる。

 そして北側の道路も、大月線(国道139号)の横断歩道橋から見ると、整備が進んでいるのがよくわかる。
 昨年9月。
建設が進む「アピタ吉原店」と「コープ富士中央店」_f0141310_23232156.jpg

 12月。
建設が進む「アピタ吉原店」と「コープ富士中央店」_f0141310_23233244.jpg

 そして昨日。
建設が進む「アピタ吉原店」と「コープ富士中央店」_f0141310_23235051.jpg

 郵便局の前も歩道整備が急ピッチだ。
 こちらが12月。
建設が進む「アピタ吉原店」と「コープ富士中央店」_f0141310_2324764.jpg

 これは昨日。
建設が進む「アピタ吉原店」と「コープ富士中央店」_f0141310_23242075.jpg


 そして「コープ富士中央店」。
 去年の9月には、土の入れ替えを行なっていた。
建設が進む「アピタ吉原店」と「コープ富士中央店」_f0141310_23243590.jpg

 確か、今年1月末から鉄骨が建ち上がり始めたと思っていたら、何日かでここまでできてしまった。
建設が進む「アピタ吉原店」と「コープ富士中央店」_f0141310_2324569.jpg

 屋上の駐車場に出入りするスロープ部分も形がわかるようになった。
建設が進む「アピタ吉原店」と「コープ富士中央店」_f0141310_232586.jpg

 2つのショッピングセンターは、ともに今年の秋にはオープンする予定だ。
 品揃え、商圏と人の流れ、そして吉原商店街への影響など、いろいろな意味で注目しなければ。

by koike473 | 2011-02-08 23:27 | まちづくり・都市計画 | Trackback | Comments(0)  

富士市の来年度一般会計予算案は822億円

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 来週、14日(月)から2月定例議会が始まる。
 3月23日までの長丁場だ。

 今日は、この2月議会の進め方を確認する議会運営委員会が開かれ、併せて議案書等の資料が配布された。
富士市の来年度一般会計予算案は822億円_f0141310_2328668.jpg
富士市の来年度一般会計予算案は822億円_f0141310_232812100.jpg

 2月議会は次年度の予算審議が中心となる「予算議会」だ。
 議案書に併せ予算書案も午前中に公開されたため、既に今日の静岡新聞の夕刊には、1面に「一般会計822億円」、「投資的経費1.5%増」との見出しで記事になっている。
富士市の来年度一般会計予算案は822億円_f0141310_23283174.jpg

 確かに前年度予算820億円を上回るが、財源不足は深刻だ。
 22年度同様、21年度に比べると17億円も市税収入が減る見通しだ。
 一方で、社会保障費、医療費(子ども手当、こども医療費、介護保険費、生活保護扶助費等)は、前年に比べ14億円近く増加する。
富士市の来年度一般会計予算案は822億円_f0141310_23284770.jpg

 そのため、無駄の徹底した見直しに加え、基金の取り崩しや国の赤字国債に当たる「臨時財政対策債」が2年続けて発行されることになる。

 今日の午後から、所属する会派で予算案の勉強会が始まったが、それがこれから本格化する。
 一般質問の準備もしなければならない。

 選挙の準備はペースダウンせざるを得ない。
 新人候補者の出馬が多数予想される中で、この1ヶ月以上の間のペースダウンは大きい。
 しかしあくまでも「議会活動」が本筋で、「選挙」はこの期間はその次だ。
 正面から2月議会に向き合っていこうと思う。

by koike473 | 2011-02-07 23:30 | 富士市議会 | Trackback | Comments(0)  

環富士山都市シンポジウムで思った富士市と富士宮市の合併

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 4日(金)の晩は、鈴木ひさし富士市長の後援会が主催する市政報告会の一環として行なわれた「環富士山都市シンポジウム」に参加した。
環富士山都市シンポジウムで思った富士市と富士宮市の合併_f0141310_22532793.jpg

環富士山都市シンポジウムで思った富士市と富士宮市の合併_f0141310_2254044.jpg

 富士市、富士宮市、裾野市、御殿場市、小山町の4市1町の首長が一堂に会し、パネルディスカッション形式で討論するものだ。
環富士山都市シンポジウムで思った富士市と富士宮市の合併_f0141310_22541510.jpg

 この4市1町は、富士山を取り巻く県内の自治体で、2年前から「富士山ネットワーク会議」を設立し、首長及び行政事務担当部局の幹事会、研究会を設け、検討を重ねている。

 ポイントは、「観光、環境、防災等の分野で富士山を軸に連携して取り組んでいこう」というものだ。

 この日もこの3つの分野を中心に議論が行われた。
環富士山都市シンポジウムで思った富士市と富士宮市の合併_f0141310_22543950.jpg

 「富士山」を軸に考えれば、確かにこの4市1町は共通点が多い。
 しかし話を聞いていて、4市1町の連携も重要だが、逆に「富士市・富士宮市の2市=富士地域」と「裾野市・御殿場市・小山町の2市1町=北駿地域」の違いも大きく感じた。
 市民の生活感覚からすれば、富士市の市民は「御殿場は少し遠い観光地」のようなイメージが強いのではないだろうか?
 決して日々の仕事や暮らしの中で「同じエリア」と感じることはないだろう。
環富士山都市シンポジウムで思った富士市と富士宮市の合併_f0141310_22545869.jpg

 より積極的な誘客、万全なセーフティネット構築等の面からは、この4市1町が連携した取組みが必要だ。
 しかし一方で、鈴木富士市長が言う「ゆるぎない自治体」を造っていくという観点からは、まずは同じ流域に位置し、生活圏を共にするする富士地域の一体的な都市づくり=富士市・富士宮市の合併を、現実の問題として考えていかなければと強く感じたシンポジウムだった。

by koike473 | 2011-02-06 22:57 | 富士市議会 | Trackback | Comments(2)  

ラ・ホール富士1階に「若者就労支援室」が開設!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 ラ・ホール富士の1階に就活中、あるいは働いている学生・若者をサポートするキャリアデザイン支援室「fきゃる」が、1月25日から開設された。
ラ・ホール富士1階に「若者就労支援室」が開設!_f0141310_8155041.jpg

 これは、富士市が国の緊急雇用対策事業を活用した「若者のためのキャリアサポート促進事業」として取組むものだ。
 実際は、私も応援している一般社団法人「まちの遊民社」が事務局を受託し、緊急雇用で人を雇い、取り組む。
ラ・ホール富士1階に「若者就労支援室」が開設!_f0141310_8161358.jpg

 話を聞くと、
  ①支援室を窓口にした「働くこと」に関する情報収集・発信
  ②「仕事」、「就職」に関する講座やイベントの実施
  ③市内の学校と連携した「職業講話」等の実施
などを予定している。
ラ・ホール富士1階に「若者就労支援室」が開設!_f0141310_8162747.jpg

 またこの取組みは、キャリア教育の重要性を早くから意識し、様々な提案を行っている「富士商工会議所青年部」の皆さんなどと連携して取り組んでいくとのことだ。

 私の一番下の娘が、大学3年生で、現在「就活」に懸命だ。
 3年生のかなり早い時期から「就活に振り回されている」と言った方がいいような状況にある。
 周りのニュース等から様々な話を聞き、個々の企業の情報はインターネットでいくらでも入手が可能だ。
 こうした「情報の洪水」に押し流されないか心配だ。
 そんな部分の懸念対策も、是非この取組みの中で考えてもらえればと個人的には思うのだが。

 「fきゃる」は、本年度試験的に実施し、4月から本格的に稼動するとのことだ。
 皆さんも、是非一度覗いてみてください。
ラ・ホール富士1階に「若者就労支援室」が開設!_f0141310_8164623.jpg

 かわいい?かぐや姫がお待ちしています。

by koike473 | 2011-02-04 08:20 | NPO・市民活動 | Trackback | Comments(0)  

選挙用の後援会事務所が決まりました

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 今日、正式に私の選挙用後援会事務所が決まった。
選挙用の後援会事務所が決まりました_f0141310_22492544.jpg

 キミサワ駿河台店のすぐ北側で、以前店舗として「クレープ屋さん」と「クリーニング取次店さん」が入っていた建物の1階だ。
選挙用の後援会事務所が決まりました_f0141310_22494386.jpg

 前回(4年前)の選挙では、もう少し自宅に近い旧スーパーマーケットの建物をお借りしたが、この建物はその後解体され、アパートが新築された。
 「困ったな、どこかいい場所がないか?」と探してしたが、本当にいい場所を借りることができたと思う。

吉原高校東側の交差点を北上し、右側にキミサワが見えたら、そのすぐ北側
選挙用の後援会事務所が決まりました_f0141310_2249572.jpg

富士見台方面から下ってくると、交差点の左側に見えます。
選挙用の後援会事務所が決まりました_f0141310_22502342.jpg

 2月末までは、現在借りている方がいるので、私は3月、4月の2ヶ月間お借りする。

 2部屋で、炊事施設やトイレもバッチリだ。

 3月頭から準備を整え、3月13日(日)が事務所開きの予定だ。

 ここを拠点にバリバリやっていこう!

by koike473 | 2011-02-02 22:52 | 選挙・小池としあき後援会 | Trackback | Comments(0)  

後援会員の皆さんのお宅への訪問

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 今日から2月。年が明けあっという間に1ヶ月が過ぎた。
 今月から2月議会も始まる。選挙準備もいよいよ最後の追い込みだ。

 今日は、1月30日(日)に私の後援会で行なった「後援会員宅の戸別訪問ローラー作戦」の話。

 昨年11月から、私は時間を見つけては自分の後援会に加入いただいている皆さんのお宅を訪問し、いろいろなご意見を伺ってきた。
 4月に行なわれる次回選挙に向けてのごあいさつと、一人ひとりの皆さんの要望を聞いたり、私の考え方をお伝えするためだ。

 そして30日は、この後援会員の皆さんのお宅を、改めて後援会スタッフの皆さんに、2人1組になり訪問していただいた。
 今回の戸別訪問は、2月11日(金・祝)に行なう「小池としあき後援会総決起大会」のご案内を行うためだ。
 エリア的には、今泉地区とその周辺地区だけだったが、後援会の各支部の皆さんの協力で、10時頃からスタートし、15時頃には大半のグループが戻ってきた。

 そしてこのローラー作戦の目的のもう一つが、「後援会スタッフの交流」だ。
 各支部のスタッフの皆さんは、日頃は支部や組織の中で活動いただいており、全員が一堂に会する機会は今回の選挙準備の中ではこれまでなかった。
 そこで、これからの追い込みに向けスタッフが交流しようと、夕方から会費制の「交流会」を、私が住んでいる駿河台3丁目の公会堂をお借りして行った。
後援会員の皆さんのお宅への訪問_f0141310_23442026.jpg

後援会員の皆さんのお宅への訪問_f0141310_23451752.jpg

 日曜日の夕方なので、全員というわけにはいかなかったが、多くの皆さんに参加いただけた。
後援会員の皆さんのお宅への訪問_f0141310_23444978.jpg

 料理は、町内の女性団体の皆さんが前日から準備をしていただき、本当にありがたい。

 これで後援会の結束が更に高まったことを実感する。

 あと2ヶ月半、皆さんにはお手数をおかけするが、邁進するのみだ。

by koike473 | 2011-02-01 23:48 | 選挙・小池としあき後援会 | Trackback | Comments(0)