<   2009年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧

 

ちょっと?ずいぶん? 変わりつつある富士市庁舎

 このあたりも梅雨が明けた(?)ようで、昨日から急に暑くなった。
 久しぶりに自転車で市役所に行くと、庁舎の姿が変わっていた。
ちょっと?ずいぶん? 変わりつつある富士市庁舎_f0141310_23405737.jpg

 昨年から始まった耐震及び設備等の改修工事がずいぶん進んだ。
 特に目立つのが、耐震のために、各階の窓の外側(実際には柱の間)に入れられた「筋交い」(?)だ。
ちょっと?ずいぶん? 変わりつつある富士市庁舎_f0141310_23411755.jpg

 建物の中から見ると、地震の際には滑車(?)部分が動き揺れる力を吸収するようになっているようだ。
ちょっと?ずいぶん? 変わりつつある富士市庁舎_f0141310_234217100.jpg

 それにしても、全ての枠に設置するでもなく、形もそれぞれ不揃いで、デザイン的には「それはないでしょ」だ。
 まあ、既存建物の耐震工事だから仕方がないが。
ちょっと?ずいぶん? 変わりつつある富士市庁舎_f0141310_23415376.jpg

 北側は、まだ「筋交い」工事が続いている。

 しかし今回の工事は、耐震工事に加え、東側入口部へのエスカレーター設置やエレベーターの改修、更には2階フロアの配置換え(窓口サービスは、2階に集中し、市民の皆さんが庁内をウロウロしなくて済むようにする)など多岐に及び、予算も23億円以上かかっている。
ちょっと?ずいぶん? 変わりつつある富士市庁舎_f0141310_23424733.jpg

 庁舎の東隣にあった石畳の広場から2階に渡る「橋」が撤去された。
ちょっと?ずいぶん? 変わりつつある富士市庁舎_f0141310_2343129.jpg

 庁舎東側には、外部通路から2階に上がるエスカレーターが設置される。

 ということは、建築後40年以上たつ現在の庁舎を、ここで本格的に手入れし、今後ともできるだけ長くこの建物を庁舎として使っていこうという富士市としての意思が現れているということだ。
 もちろんこの改修工事は議会にも議案として提案され、議会でも認め進めている。

 私は、6月議会で、「公共施設の長寿命化」について質問した。
 昭和40年代から50年代にかけて建設した公共建築物が多く、築30年以上のものが30%を占めていて、庁舎のように大規模改修が必要な建物がどんどん増えてくる。
 しかし、その改修費用の全体額はわかっていない。
 庁舎は、これからも絶対必要な建物だから、これだけの投資をして長持ちさせることが当たり前のように決まり、工事を進めている。
 だが、他の施設を、同じように改修できるだろうか?
 富士市の財布は大丈夫だろうか?

 改めて、今ある公共施設の維持管理・改修費用の試算・見通しを持った中で「公共施設保全計画」を策定し、計画的な保全管理に取り組む必要性を感じた。

by koike473 | 2009-07-14 23:44 | 公共施設マネジメント | Trackback | Comments(0)  

東海道の宿場&港町の由比で「アジのたたきづくり」

 昨日(12日)は、由比(静岡市)で「静岡県まちの駅ネットワーク」の設立総会があった。
 私は、いろんな経緯の中でこのネットワークの事務局を担当することとなり、この何日間は、資料や備品の準備、確認等に追われた。
 当日は、8時40分に会場の「由比生涯学習交流館」に到着。
 9時半から始まる「由比のまち・体験視察会」に備えた。

 今日は、この中の「アジのたたきづくり体験会」の報告。
 由比漁港は、サクラエビだけでなく、倉沢沖で獲れる「アジ」も有名だ。

 先生は、由比の「大正ロマンBANKの前の駅」(井筒屋)駅長の朝日さん、「味と眺めの駅」(くらさわや)駅長の渡辺さん等の「魚のプロ」の方々だ。
東海道の宿場&港町の由比で「アジのたたきづくり」_f0141310_22591656.jpg
東海道の宿場&港町の由比で「アジのたたきづくり」_f0141310_22592335.jpg
東海道の宿場&港町の由比で「アジのたたきづくり」_f0141310_22593470.jpg

 朝日さんが、参加者の前で一通り「実演」して見せてくれた。
 この時は、参加者が使う「ぺティナイフ」でさばいたので、いつもと様子が違う感じ。
東海道の宿場&港町の由比で「アジのたたきづくり」_f0141310_22594712.jpg

 この写真は、体験終了後に、普段使っている大きめの包丁で、「芸術品」のようにアジをおろしていく様子。
東海道の宿場&港町の由比で「アジのたたきづくり」_f0141310_230984.jpg

 そして体験スタート。こちらは、隣のテーブルの方々。
東海道の宿場&港町の由比で「アジのたたきづくり」_f0141310_2302270.jpg

 いよいよ私も体験。実は、魚をおろすのは初めて。
 右側の「ぺティナイフ」でさばくが、この包丁はなんと参加者にお持ち帰りプレゼント!
東海道の宿場&港町の由比で「アジのたたきづくり」_f0141310_2303593.jpg

 何とか、3枚におろしたが、骨に身がたっぷり残ってしまい、もったいない。
東海道の宿場&港町の由比で「アジのたたきづくり」_f0141310_2304863.jpg

 中骨を取る。
東海道の宿場&港町の由比で「アジのたたきづくり」_f0141310_23154.jpg

 盛り付け!シソの大葉を下に敷くのを忘れた。
東海道の宿場&港町の由比で「アジのたたきづくり」_f0141310_2311743.jpg

 昼食は、参加者全員が和室に集まって。
東海道の宿場&港町の由比で「アジのたたきづくり」_f0141310_2313198.jpg

 サクラエビのおにぎり、ゆでたサクラエビとシラス、そして自分で造った「アジのたたき」!
東海道の宿場&港町の由比で「アジのたたきづくり」_f0141310_2314657.jpg

 食事の後は、皆さんの自己紹介。これは焼津の「魚河岸シャツ」を着た「まちの駅サポーター」(?)の市の職員のお二人。
 焼津市役所では、夏はなるべくこの「魚河岸シャツ」を着て日常業務に取り組むべし!とお触れが出ているそうだ。さすが「港町・焼津」!
東海道の宿場&港町の由比で「アジのたたきづくり」_f0141310_232021.jpg

 全国に広がるまちの駅の総元締め、「まちの駅連絡協議会」事務局(東京)の遠藤さん。2匹のアジをおろし、ご満悦の様子!

ということで、総会の様子はまた明日。

by koike473 | 2009-07-13 23:03 | 食事・食べ物 | Trackback | Comments(0)  

今日はダウンです。

 昨日(11日)は、今泉や吉原で、「てんのさん」(天王祭)が行われた町内が多かった。
 私が住む駿河台3丁目は来週(18日)なので、近隣のいくつかの町内の「てんのさん」を回り、いろいろ話をさせていただいた。
 話をしながら「まあ、一杯」が何回か続いた。
 結局帰ってきたら日付が変わっていた。

 そして今日は「静岡県まちの駅ネットワーク」の設立総会。
 眠い目をこすり準備を確認し、由比へと出かけた。
 会場設営、資料や進め方の確認、設立総会の司会進行、そして片付けと、丸1日、気が休まることがなかった。
 帰ってきて、また一杯やったらどっとだるくなり、ブログを書く気力が失せてしまった。

ということで、今日の報告はまた明日書きます。

by koike473 | 2009-07-12 22:54 | 季節・四季・日常 | Trackback | Comments(0)  

ニドナリ、二度成り、三度目は? 我が家の畑

 今日は、午後からだったが、久しぶりに太陽が出た。
 夕方、我が家の庭の小さな畑に4、5日ぶりに出てみた。
ニドナリ、二度成り、三度目は? 我が家の畑_f0141310_23422777.jpg
ニドナリ、二度成り、三度目は? 我が家の畑_f0141310_23423579.jpg

 「なってる、なってる」
 インゲンがまた育っている。
 6月末から採れ始め、今日が4回目の収穫だ。
 このあたりでは「ニドナリ」と言うが、1度収穫した後、また2度目にも実をつけるからこう呼ぶようだ。
 確かに、1回目の収穫の時に獲った、地面に近い方では、また花が咲いて、小さな実がついている枝もある。
ニドナリ、二度成り、三度目は? 我が家の畑_f0141310_23425085.jpg

 キュウリも4、5日おくと、あっと言う間に大きくなりすぎている。
ニドナリ、二度成り、三度目は? 我が家の畑_f0141310_2343248.jpg

 今日の収穫は、インゲン83本、キュウリ3本、トマト4つだった。

 雨が続き、トマトの葉が変色し、何か病気になっているようだ。
 インゲンにもアブラムシが付き始めた。

 無農薬で通すつもりだが、いつまで負けずに収穫できるだろうか?

by koike473 | 2009-07-09 23:44 | 季節・四季・日常 | Trackback | Comments(0)  

吉原再開発のあり方 大手ゼネコンの厳しい評価?

 6日(月)の晩は、TMO吉原の本年度2回目の「再開発研究会」があった。
 昨年度、再開発事業の基本的なしくみを勉強し、モデル街区を設定した中で、再開発ビルをイメージした。
吉原再開発のあり方 大手ゼネコンの厳しい評価?_f0141310_1261238.jpg

 沼津駅前の再開発ビル「イーラde」のフロア構成

 本年度は、その「再開発ビル」の実現性、可能性はどうか、外部の専門家の「眼」を入れながら検討していこうというものだ。

 この日は、ファシリテーターをお願いしている川口建築都市設計事務所さんの「ご縁」で、再開発事業等に実績がある大手建設会社(=大手ゼネコン)3社の専門家にお越しいただき勉強会を行った。
 特に、2社は全国展開している大手で、東京、名古屋などから担当者に来ていただいた。
吉原再開発のあり方 大手ゼネコンの厳しい評価?_f0141310_1235715.jpg
吉原再開発のあり方 大手ゼネコンの厳しい評価?_f0141310_124818.jpg

 結論から言うと、この日の話では、昨年描いたような「街区全体、キーテナント誘致」型の従来の再開発は非常に事業成立が難しい、という感じだ。
吉原再開発のあり方 大手ゼネコンの厳しい評価?_f0141310_124418.jpg

 いずれも、富士市、あるいは吉原の立地条件や可能性を全否定はされなかった。
 しかし、
  ・何とか事業が成立しそうなK市でも、使えるだけの補助金制度を全て使ってトントン(この補助金制度を使うためには、富士市ではかなりハードルが高い)
  ・保留床(事業費を生み出すために新しく作る商業や居住のための複数階の床)が売れない。賃貸で賃料をかなりダウンせざるを得ない
  ・キーテナントだけでは集客は無理。地域の生活を支える他業種店舗が必要
・そうした中では、従来の再開発事業以外の方法も考える必要がある
などの意見だ。

 ただ、共通していたのは、居住機能の集積に関してだ(と思った)。
  ・「街なか」にいかに人に住んでもらうか
  ・若年層、ファミリー層、高齢者層のどこをターゲットと考えるか
  ・そのために再開発でどんな商業をはじめ生活サポート機能を取り込めるか
吉原再開発のあり方 大手ゼネコンの厳しい評価?_f0141310_12562.jpg

 いずれにしても、そう簡単に「再開発」が成立しないということを強く感じた。
 しかし、老朽化による耐震面から考えれば、吉原の商店街は「待ったなし」の状態だ。
 全国各地に、同じ時期(昭和30年~40年代)に建設された「防災建築街区」が多数あると聞く。
 そうした地方都市では、どのように改築に取り組んでいるのだろうか?
吉原再開発のあり方 大手ゼネコンの厳しい評価?_f0141310_1252572.jpg

 今月中に次回研究会を開催する予定だ。
 地権者の皆さんは、この日の勉強会でどう思っただろうか?
 忘れない内にしっかりと意見交換しておかなければ!

by koike473 | 2009-07-09 01:27 | まちづくり・都市計画 | Trackback | Comments(0)  

「チャレンジ改革セブン」で介護保険制度の研修会

 2日(木)は、新人議員の自主研修組織「チャレンジ改革7」の研修会があった。
 今回の研修の幹事は遠藤議員で、テーマは「介護保険」だ。
「チャレンジ改革セブン」で介護保険制度の研修会_f0141310_23283988.jpg

 遠藤議員は、昨年奥様のご両親が相次いで体調を崩し、介護保険を利用するようになった経験も含め、もっとこのしくみについて勉強しなければと考え、テーマ設定したとのこと。

 私もこの介護保険について何度か相談を受けたことがあるが、実際はしっかりと勉強してないので、いつもあいまいな対応しかできないでいた。
「チャレンジ改革セブン」で介護保険制度の研修会_f0141310_2329198.jpg
「チャレンジ改革セブン」で介護保険制度の研修会_f0141310_2329738.jpg

 研修は、介護保険課の職員の皆さんが、パワーポイントを使い、制度についてとてもわかりやすく解説していただいた。
「チャレンジ改革セブン」で介護保険制度の研修会_f0141310_23292816.jpg

 議員メンバーの中からは、「ケアマネージャー」の位置付けについて突っ込んだ質問も出るなど、専門的な話もあった。
「チャレンジ改革セブン」で介護保険制度の研修会_f0141310_23295337.jpg

 しかし私にとっては、「地域包括支援センター」の位置付けがはっきりわかったことが最大の収穫だった。
地域包括支援センターは、「地域で暮らす高齢者を、介護・福祉・医療など、さまざまな面から総合的に支えるしくみ」として平成18年度から設けられている。
 保健師・社会福祉士・主任ケアマネージャー等が協力し、介護予防(介護対象にならないような予防事業)、総合相談窓口、高齢者の権利擁護などを行いう。
 対象は、元気な高齢者から支援が必要な高齢者までと幅が広い。
「チャレンジ改革セブン」で介護保険制度の研修会_f0141310_2330956.jpg

 富士市では、現在この包括支援を「4つのセンターと11のブランチ」で行っている。
 ちなみに私が住んでいる今泉地区は、センターは「フィランセ」だが、ブランチは「在宅介護支援センターみぎわ園」だ。
 高齢者の皆さんの生活に関し、何か困ったことがあったり、相談する場合には、まずは近くのブランチに相談すれば何とかなりそうだ。
 そのためには、一度「センターとブランチ」の状況をしっかり勉強する必要を感じた研修だった。
 

by koike473 | 2009-07-07 23:31 | 保健・福祉・医療 | Trackback | Comments(0)  

地球温暖化と「自転車生活のススメ」

 4日(土)は、「富士市STOP温暖化地域協議会」の年次総会がフィランセであった。
地球温暖化と「自転車生活のススメ」_f0141310_23481677.jpg

 この協議会は昨年設立され、私は個人会員として参加している。
 「温暖化防止」がテーマだから、当然、自転車(電動アシスト自転車 PAS)で出かけた。

 今年から、所属するNPO法人ふじ環境倶楽部の渡井代表が、この協議会の理事として参画することもあり、興味を持って出かけた。
地球温暖化と「自転車生活のススメ」_f0141310_23483520.jpg

 また、ふじ環境倶楽部のメンバーでもある元・富士市議会議員の鈴木澄美さんが、従来からの副会長に加え、事務局長を兼任することになった。
地球温暖化と「自転車生活のススメ」_f0141310_2348559.jpg

 本年度の事業計画の中では「簡易ごみ計り」の製作が目を引いた。
 「環境家計簿」普及にあたり、家庭で出るゴミの重さを計るための「天秤計り」だ。
 アルミの棒とペットボトル(水を入れて重りにする)を組み合わせて、50本製作するとのことだ。
 私も、7~8年前に「スマートファミリー」の試行(?)だかに登録し、半年間ほど、自宅から燃えるゴミの重さを計ったことがあった。
 毎回、体重計に乗せて計ったが、あまり気持ちがいいものではない。
 この「簡易ごみ計り」は、つくりは簡易だが、かなりの精度が出るようで楽しみだ。

 そして総会終了後は、記念講演。
地球温暖化と「自転車生活のススメ」_f0141310_23492823.jpg

 「目からうろこのエコライフQ&A ~今日から実践できるエコとマネーにやさしいお得な話」というタイトルで、兼高里佳さん(静岡県地球温暖化防止活動推進センター)が講演した。
地球温暖化と「自転車生活のススメ」_f0141310_23493976.jpg

 日本は、世界で、CO2排出量がアメリカ、中国、ロシア、インドに次いで5番目に多い。
 2006年にインドに抜かれて4位から5位になったそうだが、国民一人当たりに直すと、今でもかなり上位にランクされるのだろう。
地球温暖化と「自転車生活のススメ」_f0141310_2350736.jpg

 富士市の平均気温も、この30年間で確実に上がってきている。
地球温暖化と「自転車生活のススメ」_f0141310_23503452.jpg

 家庭からのCO2排出量の用途別の割合は「自動車」と「照明・家電製品」がそれぞれ30%以上を占める。
 講演の中では、省エネ型の家電製品やエコドライブを推奨する話が多かった。

 しかし自動車じゃなく「自転車」の話はなかった。
 自宅に帰って調べたら、走行1km当たりのCO2排出量は、ガソリン車約230g、原付バイク77gに対し、電動アシスト自転車はわずか約1gだ(もちろん普通の自転車なら0(ゼロ)だ)。
 改めて「自転車生活」を普及するための啓発と通行環境整備の重要性を感じた。

 ちなみに、現在配られている「広報ふじ」7月5日号は、「自転車生活のススメ」を特集しています。
 電動アシスト自転車のことには触れていないけど、皆さんじっくり読んで、次の週末は自転車でまちに出かけましょう!
 きっと、帰ってきてうまいビールが飲めるはずです!

by koike473 | 2009-07-06 23:51 | 公共交通・自転車 | Trackback | Comments(0)  

知事選とシラス ともに無念!

 知事選の開票を追っていたら、あっという間にこんな時間になってしまった。
 それにしても接戦だった。
 私は、坂本候補を応援していたが、残念!
 明日から、県政、そして県庁はどう変わるのだろう?

 話は全く変わるが、昨日(4日(土))の朝、田子の浦漁港に出かけた。
 前日、急に生ジラスを食べたくなり、漁協に電話したところ「このところ安定して揚がっています」とのことだった。
 2パック電話予約し、朝7:00に着くように家を出た。
知事選とシラス ともに無念!_f0141310_23505759.jpg

 漁港に着くと、港の関係者や売店に買いに来たらしき人たちが集まっている。

 まだ、戻ってきているシラス漁船は無いようだった。
知事選とシラス ともに無念!_f0141310_23512415.jpg
知事選とシラス ともに無念!_f0141310_23513283.jpg

 埠頭を歩いていくと、1隻漁船がいて、網を引き上げている。

 「今日はたくさん揚がりました?」と聞くと「全くダメだね」と素っ気ない。

 「あれれ」と思い、漁協関係者らしき人に聞くと、「大漁なら、この時間にはもうほとんどの船が帰ってきていますが、この分だと難しそうですね。売店で売れたとしても8時過ぎになると思います」とのこと。
知事選とシラス ともに無念!_f0141310_23521341.jpg

 「少し待とう」とブラブラしていると、少ずつ船が戻ってくる。
知事選とシラス ともに無念!_f0141310_23523591.jpg
知事選とシラス ともに無念!_f0141310_23524213.jpg

 しかし、以前来たときは1隻からいくつも揚がるシラスのカゴが、1つか2つしか揚がらない。

 漁師さんに聞くと、「今日は西(富士川沖)は全くダメだ。東(柏原)の方が少しは良かったようだけど」とのこと。

 結局この日は、漁協の売店で売るだけの水揚げがなさそうとのことで、あきらめた。
 「時にはこういうこともなきゃ、シラスの価値も上がらないもんな!」と自分に変な言い訳をしながら帰ってきた。

by koike473 | 2009-07-05 23:54 | 選挙・小池としあき後援会 | Trackback | Comments(0)  

「静岡県まちの駅ネットワーク」が誕生します

 6月28日(日)は、由比(合併して現在は静岡市)の生涯学習交流館に出かけた。
「静岡県まちの駅ネットワーク」が誕生します_f0141310_23321030.jpg

 7月12日(日)に、県内に約140ヶ所ある「まちの駅」が情報交換・交流を深めるための「横のつながり組織」として「静岡県まちの駅ネットワーク」が設立される。
 県内のまちの駅は、富士市、焼津市、藤枝市(旧岡部町)、静岡市(旧清水市、旧由比町)、富士宮市、芝川町に広がる。
 そして各エリアの駅長さん達が1年ほど前から連携のあり方を模索し、いよいよネットワークの設立となったわけだ。
「静岡県まちの駅ネットワーク」が誕生します_f0141310_23322561.jpg

 その設立総会の会場が、この生涯学習交流館であり、この日はその事前打合せがあった。

 そして私は、この「静岡県まちの駅ネットワーク」の事務局を担当することになった。
 私は駅長ではないが、富士市のまちの駅の立ち上げに前職で関わったこと、これからの富士市の観光交流振興を考えれば県内他地域との連携抜きでは話にならないことなどから、お引き受けした。

 この日は車で出かけたが、あいにく雨となった。
「静岡県まちの駅ネットワーク」が誕生します_f0141310_23325767.jpg
「静岡県まちの駅ネットワーク」が誕生します_f0141310_2333543.jpg

 12日当日のプログラムや、それらの準備、会場等を確認した。

 中でも楽しみなのは、当日の午前中に行われる「由比のみどころ体験視察会」だ。
 由比の「まちの駅」に加え、東海道の宿場町(由比宿)らしい景観の本陣公園、浮世絵の広重美術館などのまちの見学。
 そしてもう一つは、由比漁港に上がった新鮮な鯵(アジ)を使った「鯵のたたきづくり」体験。
「静岡県まちの駅ネットワーク」が誕生します_f0141310_23333250.jpg

 打合せ結果を踏まえ作成した広報チラシ

 県内各地から60名ほどが参加する予定だ。

 当日まであと10日。
 漏れのないように準備を進めたい。

by koike473 | 2009-07-02 23:42 | まちの駅 | Trackback | Comments(2)  

6月定例議会最終日は議長選挙がありました!

 日付が変わってしまったが、昨日は6月定例議会の最終日。
 私が議員になってから3回目の議長選挙があった。
 現在、39名の議員がいるが、その中で選挙が行われた。
 その結果、私が所属する会派「市民クラブ」の小長井義正氏が議長に当選した。
 得票数は20票で、相手の候補を1票上回るぎりぎりだったが当選した。
 昨年までの2回の選挙は、結果的には紳士協定的にスムースに後任議長が決まっていた。
 しかし今年はかなりの接戦の選挙となった。

 私にしてみれば、新議長のもとで、これまで以上に議会の透明化、情報発信、政策提言が進むのではと大きな期待を感じている。

 1日は、会派のメンバーで6月定例議会終了に伴う「おつかれさま」の乾杯を行った。

 平成21年7月1日、この日を、後々忘れられない富士市議会の記念の日にしなければと思った。

by koike473 | 2009-07-02 01:11 | 富士市議会 | Trackback | Comments(0)