カテゴリ:環境( 72 )

 

今年のテーマは「みんなでなくそう 食品ロス」? 第12回 富士市環境フェア・クールチョイスフェア

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村


 1
日(土)は、まず「第12回 富士市環境フェア・クールチョイスフェア」に参加した。

f0141310_07394136.jpg
f0141310_07400726.jpg

 最初は、地球温暖化防止、ポイ捨て禁止・ごみ減量ポスターの表彰式。

f0141310_07395322.jpg

 廊下には、子ども達が工夫して描いたたくさんのポスターが。

f0141310_07394743.jpg

 今年のクールチョイスの一番の目玉は、「みんなでなくそう 食品ロス」か?

f0141310_07405220.jpg

 先日回ってきた回覧板の「ゴミへらしタイムス」にも載っていた写真。

f0141310_07405930.jpg

 手つかずの食品が、ごみとしてこんなに出されている。

f0141310_07404481.jpg

 驚いた。我が家でも反省しなければ…。

 会場内ではいろいろなブースが。

f0141310_07412038.jpg

 ラジオfも中継放送。

f0141310_07395933.jpg

 恒例の?食育弁当コンテスト。

f0141310_07403275.jpg

 なぜだかヘビが。

f0141310_07402193.jpg

 私は本当は大嫌いだが、嫌いなものほど目が吸い付けられる?

f0141310_07401371.jpg

 写真を撮ってしまった。

f0141310_07402666.jpg

 一番のプレゼントは、富士ヒノキのチップと来年の干支・イノシシの置物。

f0141310_07411346.jpg
f0141310_07410775.jpg

 森林組合の皆さんはじめ、出展された団体の皆様、お疲れさまでした!


by koike473 | 2018-12-03 07:47 | 環境 | Trackback | Comments(0)  

庭の草抑え、土づくりにお薦め! 環境クリーンセンターで無料配布の「剪定枝チップ」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村


 これから暖かくなると、我が家の小さな庭も、一気に雑草が芽を出し伸びてくる。

 何とかしようと、先週、時間がとれた夕方、環境クリーンセンター(市のごみ焼却施設)で分けてくれる「剪定枝チップ」をいただきに出かけた。

f0141310_07551517.jpg

 剪定枝の破砕機がある場所で受付をする。

f0141310_07555819.jpg

 チップの置き場は、センターの東側、と言うか、総合運動公園・温水プール南側の駐車場のすぐ下段だ。

f0141310_07552532.jpg

 10数年前に、一度来て以来だ。

 駿河湾まできれいに見えるが、霞がかかって?写真ではきれいに写らない。

f0141310_07570130.jpg

 チップは、数センチの大振りのものと細かなものの2タイプ。

f0141310_07561728.jpg

 こっちは大振り。

f0141310_07562815.jpg
f0141310_07560723.jpg

 こっちは細かなタイプ。

f0141310_07564895.jpg

 ビニール袋に詰め込みむ。

f0141310_07563896.jpg
f0141310_07571232.jpg

 早速庭に敷き始めたが、まだまだ足りない。

 時間が取れたら、またもらいに行こうと思う。

 受付をするだけで、どなたでももらえます。

f0141310_07553840.jpg

 草抑え、土づくりにお薦めです!


by koike473 | 2018-03-08 08:03 | 環境 | Trackback | Comments(0)  

地球のために賢い選択「クールチョイス22」を発表 「第11回 富士市環境フェア」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村


 2
日(土)は、ふじさんめっせで開催された「第11回 富士市環境フェア」に出かけた。

f0141310_08202719.jpg

 写真集でどうぞ。

 「クールチョイス22」、日常でできるさまざまな「賢い選択」生活を、4分野、22紹介。

f0141310_08180932.jpg
f0141310_08175832.jpg
f0141310_08181993.jpg

 地球温暖化防止ポスターや優良ごみステーションの表彰。

f0141310_08201778.jpg

 会場はさまざまな環境関連団体のブースが開設。

f0141310_08200605.jpg

 「スマートな移動」を支える岳南電車。

f0141310_08203908.jpg

 富士市STOP温暖化地域協議会。

f0141310_08183016.jpg

 「この暮らし」には、エコではないところが5カ所。わかりますか?

f0141310_08184078.jpg

 小長井市長と地域協議会の代表を務める鈴木すみよし県議で「市と県のパイプ」はバッチリ!

f0141310_08211353.jpg

 富士自然観察の会の「自然クラフトづくり」。

f0141310_08212564.jpg

 親子連れがたくさん。

f0141310_08185918.jpg

 山田会長が「こんなあるだよ、富士市には」と見せてくれたコケ。

f0141310_08190918.jpg
f0141310_08192804.jpg

 全部で150種類。

f0141310_08191989.jpg

 コケマニア?の小学生の知識と意欲がすごい。

f0141310_08194075.jpg

 「すま~と交換会」。

f0141310_08195316.jpg

 使わなくなった子供の衣類、本などを必要な人に譲る無料交換会だそうだ。

f0141310_08205952.jpg

 他にも紹介したいブースがたくさんあったが、このくらいで。


by koike473 | 2017-12-04 08:33 | 環境 | Trackback | Comments(0)  

「富士市の公害克服史コーナー」も  第9回 富士市環境フェア

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 先週の土日は、さまざまなイベント・行事が行われた。
 28日(土)は、「環境フェア」(ふじさんめっせ)に参加した。
f0141310_752548.jpg

 写真集でどうぞ。

 会場内には、環境関連機器メーカーの様々なブース。
f0141310_753584.jpg

 そして環境課題に貢献した団体の表彰。
f0141310_754515.jpg

 特別展示として「富士市の公害克服史」のコーナーが。
f0141310_75584.jpg

 9月議会で提案した「公害克服のアーカイブス(映像記録)」制作に向けて、着々と準備が進んでいるとのこと。
f0141310_76810.jpg

f0141310_762095.jpg

 ゴミの分別ゲーム。
f0141310_762861.jpg

 1分間にどれだけ分別できるか、私も挑戦したが、間違いが多い。

 富士山麓で、個体数が増えすぎて食害問題を引き起こしているシカとカモシカ。
f0141310_763928.jpg

 シカ(シカ科)の角は毎年生え変わるが、カモシカ(ウシ科)の角は生涯生え変わらないそうだ。
f0141310_764624.jpg

 市の河川課は、雨水貯留槽や浸透マスのPR。
f0141310_77266.jpg

 我が家には、自家製の浸透マスを新築時に造ったが、貯留槽の導入を検討しようと考えている。
f0141310_773964.jpg

 明日(12月1日)の建設水道委員会で「水道料金改定」の審査を行う担当部署の上下水道部もブースを出して、富士市の安く良質な水道をPR。
f0141310_77524.jpg

 食育弁当コンテスト。
f0141310_7861.jpg

 毎年、おいしそうな弁当がズラリ。
f0141310_78235.jpg

 こんなおかずをつまみに一杯やりたい!  違うか?
f0141310_783947.jpg

 外にもいろいろなブースが。
f0141310_785517.jpg

 間伐材で焼く「焼き芋」コーナー。
f0141310_791182.jpg

f0141310_792726.jpg

 トロリと甘く、食べるのに夢中で写真を撮り忘れた。

 電動アシスト自転車のコーナー。
f0141310_793883.jpg

 これは下り坂等で自ら発電し、バッテリーに蓄電するタイプ。
f0141310_79481.jpg

 他にも、いろいろなコーナーがあった。
 ゆっくり回って1日楽しみながら「環境学習」ができるよう工夫されている。
 まだ出かけたことがない皆さん、来年は是非「環境フェア」へ!

by koike473 | 2015-11-30 07:12 | 環境 | Trackback | Comments(0)  

勝亦正人氏から引き継ぎ常葉大富士キャンパスで「富士市の公害」について講義

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 先週22日(水)は、常葉大富士キャンパスで、「富士山の自然と文化」という授業の講師を務めた。
f0141310_722543.jpg

f0141310_722384.jpg

f0141310_7224761.jpg

 私に与えられたテーマは「富士山と産業 ~工場の集まる富士~」だ。
f0141310_72219100.jpg

 昨年までは、私の後援会長で元富士市役所公害課係長・元富士市議会議員・前富士市環境審議会副会長である勝亦正人氏が講師を務めていた。

 しかし「やー、俺も歳をとったから、われんやれま」と言われ、そのまま引き継ぐこととなった。

 同じパワーポイントを使いながら、昭和40~50年代の富士市の公害の状況とその対策への取組みについて話した。
f0141310_723358.jpg

 しかし、勝亦さんの社会人(市職員、議員)としての実体験と、私の子供の頃の体験と本や資料で知った耳学問は全然違う。

 まして親の世代(40代)が「公害」を直接知らないその子供たち=今の学生にしてみれば、「???」かもしれない。
f0141310_7231492.jpg

 勝亦さんがお元気なうちに、もう少し体系立った形で資料や写真をしっかり整理し、次の世代に残していく重要性を感じた。

by koike473 | 2015-07-28 07:26 | 環境 | Trackback | Comments(0)  

冬の野鳥観察会in浮島ヶ原自然公園&沼川

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 17日(土)は、富士自然観察の会の「野鳥観察会」に少し参加。
 N先生から「来て、みんなにあいさつしたら」と言っていただき、伺った次第だ。
 開会式の会場は、浮島ヶ原自然公園。
f0141310_7482219.jpg

 冬の風景だ。
f0141310_7484054.jpg

 この日は、会の皆さんとエコクラブ、一般参加の皆さんなど。
f0141310_7485014.jpg

 まずは、双眼鏡の使い方の訓練。
f0141310_7491554.jpg

 片方ずつピントを合わせていく。
f0141310_749272.jpg

 そして沼川に移動。
f0141310_7494078.jpg

 途中で、鉄塔の上に停まっている鳥を観察。
f0141310_7495872.jpg

 沼川の土手。
f0141310_750991.jpg

 「オオバン」とのこと。
f0141310_7503854.jpg

f0141310_7501964.jpg

f0141310_7505279.jpg

 皆さんは、ここから下流(西)に移動して更に観察。
f0141310_751138.jpg

 土手の草は、きれいに刈られているが、こんな状態。
f0141310_7511243.jpg

 「なんでだろうな~」。悲しくなる。

by koike473 | 2015-01-19 07:53 | 環境 | Trackback | Comments(1)  

新米1kgをゲット! 第8回富士市環境フェア

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 先週末もさまざまな行事・イベントがあった。
 今日は、29日(土)の「環境フェア」を写真集でどうぞ。
f0141310_7475093.jpg

 開会式で市長のあいさつ。
f0141310_748597.jpg

 会場入口近くの食育弁当コンテストコーナー。
f0141310_7481850.jpg

 いろいろな年代別弁当の写真の中から気に入った弁当を選ぶ。
f0141310_7483573.jpg

 アンケート提出と交換に行う抽選会で、私は見事?富士市内でとれた新米1kgをゲット!
f0141310_7484798.jpg

 消防団の皆さんは、昭和31年当時の三輪消防車を展示。
f0141310_7485791.jpg

 常葉大学のコーナー。
f0141310_749812.jpg

 コケを土台に使い、モミジやドングリの苗床を作る。
f0141310_7492139.jpg

f0141310_7493047.jpg

 STOP温暖化地域協議会。
f0141310_7494167.jpg

 メンバーになっている我がふじ環境倶楽部の親方がわかりやすい解説?
f0141310_7494937.jpg

 自然観察の会の部屋は、すっかりクリスマスバージョン。
f0141310_7523457.jpg

f0141310_750382.jpg

 ドングリ等を選び、リースづくり。
f0141310_7504844.jpg

f0141310_7505830.jpg

 午前中いっぱいいて、最後に期間限定販売の「富士山おむすび食育弁当」を購入。
f0141310_7524473.jpg

 自宅に帰り、開けるとこんな内容。
f0141310_753088.jpg

 おむすびのボリュームが結構あり、満足、満足!

 関係者の皆様、おつかれさまでした。

by koike473 | 2014-12-01 07:54 | 環境 | Trackback | Comments(0)  

公害対策の「生き証人」 勝亦正人氏の常葉大富士キャンパスでの講義

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 昨日は、常葉大富士キャンパスで、私の後援会長である勝亦正人氏が講義を行った。
f0141310_743518.jpg

f0141310_744673.jpg

 富士山の自然と文化」という公開講座で、今年で3回目だ。
f0141310_744136.jpg

 勝亦さんは、市役所の行政マンとして30年、市議会議員として20年、計50年以上にわたり公害・環境行政に関わってきた立場から「富士山と産業 ~工場の集まる富士~」と題して話をされた。
f0141310_7442433.jpg

 私はパワーポイントの操作役。
f0141310_7443164.jpg

 勝亦さんは「俺はもう歳だから、いいよ」と言うが、稲葉副学長や担当の山田辰美教授から「公害対策に直接携わってきた『生き証人』は、勝亦さんしかいないのですから元気なうちはずっとお願いします」と言われていた。
f0141310_7444132.jpg

 昨日の調子では、まだまだ大丈夫そうだ。

by koike473 | 2014-07-17 07:47 | 環境 | Trackback | Comments(0)  

下水道と浄化槽の役割分担が重要! 「浄化槽フォーラム」その2

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 今日は、昨日書いた「浄化槽フォーラム」の後半の話。
 後半は、「これからの生活排水処理に向けて」と題した座談会だった。

 コーディネーターは常葉大学の小川教授。
 パネラーは3人いて、その一人が漫画家の赤星たみこさん。
f0141310_7474379.jpg

 合併浄化槽使用者の赤星さんからは、わかりやすい浄化槽の利点とその普及に向けた「明日のジョー(浄)」の提案が良かった。
f0141310_748073.jpg

 日本下水道事業団の加藤氏(写真左)からは、下水道の専門家としての立場からの報告・見解が興味深かった。
f0141310_7481826.jpg

 人口が増加し、スケールメリットが働く都市部では下水道は効果的だが、そうでない地域では戸別に整備し機能する浄化槽を導入すべきという「下水道と浄化槽の適切な役割分担」の重要性の指摘があった。

 そしてもう一人が、常葉大学の安達教授。
f0141310_7484237.jpg

 昨年開催された富士市下水道使用料金審議会に委員として参加した際の分析を基に提案された。
f0141310_748518.jpg

 まず現在の富士市の下水道の現状を見ると、他の同規模都市と比較すると、相対的にコストは低く、潤沢な市の財政状況から補助金も手厚く、利用料金もかなり低い水準とのことだ。
f0141310_749021.jpg

 しかし現在進めている「生活排水処理長期計画」では、再検討が必要では?との提案があった。
 それは、単純に言えば「これから下水道を整備していこうとしているエリアの中には、下水道より浄化槽の方がはるかに安いエリアが多い」ということだ。
f0141310_7492534.jpg

 これまでは、下水道使用者一人当たりの事業費は70万円/人だったが、これから整備を予定しているエリアでは247万円/人に跳ね上がる。

 一般的に下水道が優位になる平均人口密度は40人/haだそうだ。
f0141310_749362.jpg

 富士市の現在の下水道普及エリアは49人/haだが、整備予定エリア全体を含めると34人/人まで低下する。

 加藤氏と同様、「下水道と浄化槽を適切に組み合わせた計画の見直しが必要では?」との提案だと理解した。

 「浄化槽はしっかり浄化できないのでは?」、「浄化槽は遅れた地域で使うもの」という意識がまだあるが、機能は高く、優れものだ。
f0141310_7495358.jpg

 会場(参加者)からの質問も多様で、とても勉強になるフォーラムだった。
 これからの議員活動に活かしていきたい。

by koike473 | 2014-02-28 07:52 | 環境 | Trackback | Comments(0)  

浄化槽がしっかり働くには検査が絶対必要! 「浄化槽フォーラム」その1

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 23日(日)の午後は、ホワイトパレス(農協会館)で開催された「浄化槽フォーラム」に出席した。
f0141310_87495.jpg

 最初は、宮城大学の岩堀教授による「富士山・トイレ・世界遺産 -富士山からの恵みの水を守る-」と題した基調講演。
f0141310_875991.jpg

 岩堀先生は、昨年度まで静岡県立大学にいらっしゃり、私も議員になる前には、浄化槽や下水道のことをいろいろ教えていただいた。
 県が設置した「富士山トイレ研究会」委員長として取組んできたトイレ整備の改善成果をわかりやすく報告していただいた。
f0141310_881197.jpg

f0141310_883743.jpg

 最後に話された「世界遺産登録は、目的でなく富士山を守っていく手段です」は、大いに納得。
f0141310_884746.jpg

 次は、静岡県や富士市からの「浄化槽設置・適正管理」に関する報告。
 ここで言う浄化槽とは、トイレだけでなく、台所や風呂等の雑排水も浄化する「合併浄化槽」のことだ。

 特に富士市では、平成22年度から公共下水道計画区域を見直し・縮小し、浄化槽で生活排水処理を行う区域を拡げた。
 またそれに伴い、浄化槽設置と適正な維持管理を促進するための補助制度もかなり充実した。

 その結果、この3年間の「みなし浄化槽」(トイレのみの浄化槽)から、合併浄化槽への設置替えがかなり進んだ。
f0141310_892919.jpg

 また浄化槽の機能を維持するためには、適切な維持管理と機能しているかどうかの検査が欠かせない。
 その検査実施率(11条検査)も大幅に伸びている。
f0141310_895654.jpg

 市で設置を促進している合併浄化槽に限れば、24年で63%、25年は70%になるとのことだ。

 資料は少し古いが、全国の11条検査実施率(合併)は、平成20年で40数%だ。
f0141310_8101384.jpg

 また県別の実施率(合併、みなし合せて)は、23年度で静岡県は5.5%で全国最低だ。
f0141310_8102443.jpg

 それを考えると、富士市はずいぶん頑張っているし、補助制度がうまく機能していると言える。
 しかし、みなし浄化槽も含んだ全体の実施率は16.0%とまだまだだ。
f0141310_8104257.jpg

 振り返ってみれば、私自身が20年前まで住んでいた古い実家でも検査(みなし浄化槽)をしていた記憶はない。
 これからは、「検査が必要」という意識がほとんどないみなし浄化槽のお宅への合併浄化槽への切り替えと検査実施の啓発の重要性を改めて感じた。

by koike473 | 2014-02-27 08:12 | 環境 | Trackback | Comments(0)