2019年 11月 22日 ( 1 )

 

「木からつくる自然なクルマ」が来年には街を走る? 「ふじのくにCNF総合展示会」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村


 19
日(火)は、「ふじのくにCNF総合展示会」に出かけた。

f0141310_07385878.jpg

 最初は、東京大学の磯貝教授の基調講演「CNFで拓く静岡県の産業と未来社会」。

f0141310_07384985.jpg

 CNFは、まだまだ単価が高い。

 安価で生産するには、富士山麓の森林資源と市内に蓄積された紙パルプの生産技術・設備をうまく使うことの重要性を指摘された。

f0141310_07390610.jpg

 また、日本製紙さんが提供したCNFを使った新しいタイヤが製品化されたそうだ。

f0141310_07374833.jpg
f0141310_07374026.jpg

 ブース展示。

f0141310_07380241.jpg

 目を引いたのは環境省が進める「木からつくる自然なクルマ」NCVプロジェクトのコーナー。

f0141310_07370700.jpg
f0141310_07371034.jpg

 現段階で、CNFを使った自動車部品をそれぞれに配置した実物大模型。

f0141310_07372454.jpg
f0141310_07373435.jpg

 これをさらに進め、2020年、来年には、現在より重量が10%軽いクルマを作ろうというプロジェクトだ。

f0141310_07371839.jpg

 今年の東京モーターショーでも大きく注目されたようだ。

 先日の富士市CNFプラットフォーム設立記念セミナー」で、内村教授から刺激的な紹介があった愛媛大学もブース出展。

f0141310_07383212.jpg
f0141310_07383734.jpg
f0141310_07381296.jpg

 地元の日本製紙さん、大昭和紙工産業さん等も。

f0141310_07391830.jpg
f0141310_07391417.jpg

 来年のオリンピックでは、どこかの場面で「木からつくった自然なクルマ」が活躍しているかもしれない。


by koike473 | 2019-11-22 07:46 | Trackback | Comments(0)