2019年 10月 28日 ( 1 )

 

目標の1000人を既に達成し、「障がい者千五百人雇用」に取り組む総社市(岡山県)

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村


 25
日(金)は、岡山県総社市に出かけた。

f0141310_07413904.jpg

 「総社市の片岡市長の取組みはすごいから是非会いに行こう!」と、富士高ハンドボール部の先輩である小室前富士宮市長から誘っていただいた。

 ユニバーサル就労議連で、条例制定等に共に苦労した同僚の一条議員(現議長)も一緒に出かけ、片岡市長にお会いした。

f0141310_07402855.jpg

 実は、片岡市長は昨年12月に、富士市障害者週間記念事業として開催されたシンポジウムで、富士市にお越しいただき、「障がい者千人雇用」をテーマに講演をされている。

f0141310_07405034.jpg

 しかしその当日、私は法事があり聴講できなかった。

f0141310_07404439.jpg

 今回、片岡市長にお会いし、また具体的な取り組みを担当部署や社会福祉協議会の方から伺い、その先駆性に驚くばかりだった。

 平成23年から取り組んでいる「障がい者千人雇用」は、既に295月に達成し、現在は「千五百人雇用」に目標を切り替えている。

f0141310_07413309.jpg

 また、「千五百人雇用」以外にも「引きこもり支援」、「60歳からの人生設計」等に取り組み、富士市がイメージする「ユニバーサル就労」をより具現化し、既に大きな成果を上げている。

f0141310_07415338.jpg

 こうした取組みの多くを、行政から受託し、実際に現場で取り組むのが総社市社会福祉協議会で、市役所に隣接するその入り口には片岡市長が自ら書いた、さまざまな機関の看板がかかる。

f0141310_07405511.jpg
f0141310_07403651.jpg

 社協の事務室。

f0141310_07410578.jpg

 現在の障がい者の就労数が大きく表示。

f0141310_07411268.jpg

 こうした障がい者の皆さんの通勤の足などを確保し、下支えするのが、「雪舟くん」という超先端型のデマンドタクシー。

f0141310_07412492.jpg

 「総社市新生活交通」と名付けられ、市内どこからでも市の中心部(共通エリア)には200円(健常な大人は300円)で移動できる。

f0141310_07411805.jpg

 これからも総社市の取組みに注目していきたいと思う。


by koike473 | 2019-10-28 07:46 | Trackback | Comments(0)