2019年 10月 22日 ( 1 )

 

「北斎×富士市」で、市民みんなで「妄想」し実行しよう! 刺激的だった「北斎サミットin富士」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村


 19
日(土)は、「北斎サミットin富士」に参加した。

f0141310_21215745.jpg

 会場はロゼシアター。

 午前~午後の丸1日だったが、とても刺激的なサミットだった。

 葛飾北斎の代表的な作品「冨嶽三十六景」のうち、以下の3枚が富士市の風景を描いたものだと言われている。

f0141310_21224743.jpg

 「駿州片倉茶園ノ不二」。

f0141310_21234922.jpg

 これを描いたと想定される大渕・法蔵寺裏からの風景。

f0141310_21223801.jpg

 「駿州大野新田」。

f0141310_21232423.jpg

 「東海道江尻田子の浦略図」。

f0141310_21233354.jpg

 そんな縁で、北斎没後170周年の今年、全国初となる「北斎サミット」を富士市で開催することになった。

 午前中は分科会で、私は「『まちおこし』北斎による賑わい創出」に参加。

f0141310_21245568.jpg
f0141310_21243440.jpg

 北斎の生誕地・東京の墨田区観光協会理事を務める久米信行氏のアイデア抜群の提案が素晴らしかった。

f0141310_21222310.jpg
f0141310_21250027.jpg
f0141310_21244864.jpg

 「北斎に描かせたい今の富士市」の写真展を開いたら?に納得!

f0141310_21244043.jpg

 「北斎×地元」で妄想しよう!

f0141310_21250890.jpg

 午後は小ホールで、ノンフィクション作家で北斎サミットジャパン委員会委員長の神山典士氏による基調講演「知られざる北斎」。

f0141310_21190764.jpg
f0141310_21191348.jpg

 日本より世界で評価されている北斎と、その作品を画像で再現する最新技術には驚くばかりだった。

f0141310_21194503.jpg
f0141310_21193894.jpg
f0141310_21185264.jpg

 和紙に表現されている版画の凹凸までをリアルに表現した「神奈川沖浪裏」の20億画像の印刷物。

f0141310_21184211.jpg

f0141310_21192619.jpg
f0141310_21193394.jpg
f0141310_21192072.jpg

 北斎親子が登場する落語「抜け雀」を演じる金原亭世之介師匠。

f0141310_21231610.jpg
f0141310_21230433.jpg

 そしてパネルディスカッション。

f0141310_21221304.jpg

 小布施の北斎館・安村敏信館長からは、墨田区と小布施の間で、北斎の作品の交換展示の紹介。

f0141310_21220542.jpg

 浦上満・浦上蒼穹堂代表による「北斎漫画」の紹介。

f0141310_21235877.jpg
f0141310_21241951.jpg
f0141310_21240865.jpg

 小長井市長は、市としての今後の取組みを紹介。

f0141310_21225738.jpg
f0141310_21234230.jpg

 そして最後は、サミットの共同宣言(という呼び方だったと思うが?)。

f0141310_21223068.jpg

 私は、これをきっかけに、もっともっと墨田区、小布施町とベタベタお付き合いをさせてもらうべきだと思う。

 私も小布施に2度行き、町の美しさ、まちづくりに感動した。

 久米氏のようなキーパーソンとの縁は、上手に太くしていかなければもったいない。

 県内外の他の市町に先んじて「北斎」を、まちづくりの一つのキーワードにしよう!

 「北斎×富士市」で、市民みんなで「妄想」し、それをいくつかに束ね、実行していきましょう!


by koike473 | 2019-10-22 21:40 | Trackback | Comments(0)