2019年 08月 28日 ( 1 )

 

三島・桜川の川床(かわどこ) 田宿川でもやってみたい!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村


 今日のブログは、田宿川に「川床」(かわどこ、かわゆか)の提案の話。

 先日書いた「金魚絵師 深堀隆介展」を三島市の佐野美術館に観に行った際に、駅前の白滝公園に寄った。

f0141310_07470417.jpg

 白滝公園は、大きなケヤキの木立の中を、園内から湧く湧水が流れ、三島の街中を代表する公園だ。

f0141310_07465723.jpg

 夏は、池がプールにもなり、親子連れで賑わっている。

f0141310_07465168.jpg

 すぐ隣に、この湧水等が流れる桜川があり、ここに「川床」が登場した。

f0141310_07482880.jpg

 「川床」と書くと、有名な京都を思い出すが、読み方は「かわどこ」、「かわゆか」どちらもあるそうだ。

f0141310_07472564.jpg
f0141310_07473364.jpg

 足場は、金属の単管で組んでいるが、表面を竹で覆い、風情がある。

f0141310_07485360.jpg

 三島商工会議所が「放置竹林活用プロジェクト」として取り組んでいるとのこと。

f0141310_07490103.jpg

 水源部であり、常時水量も少なく、洪水時にも被害がないよう床を高くする等して、許可を得たのだろうか。

f0141310_07481921.jpg
f0141310_07474220.jpg

 7月から8月末までの仮設の川床だが、夜は予約で満席のようだ。

f0141310_07471970.jpg

 涼しいせせらぎの中での食事や一杯は最高だろう。

 富士市でもできないだろうか?

 まずは、田宿川沿いのこんな場所で、実験的に取り組んだらどうだろうか?

f0141310_07475129.jpg

 地元の町内会の皆さんに相談してみたい。

f0141310_07480783.jpg

 最終的には、田宿川の本流で、少しでも張り出すような形でできればいいのだが?

f0141310_07464468.jpg


by koike473 | 2019-08-28 07:57 | Trackback | Comments(0)