2019年 07月 05日 ( 1 )

 

夏のテーマ展「まぼろしの宿場町 中吉原宿」in富士山かぐや姫ミュージアム(市立博物館)

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村


 先週の土曜日・29日は、午後から「富士山かぐや姫ミュージアム」(市立博物館)に出かけた。

f0141310_07555623.jpg

 夏のテーマ展として始まったばかりの「まぼろしの宿場町 中吉原宿」の見学だ。

f0141310_07542842.jpg
f0141310_07541666.jpg

 中吉原宿とは、最初の宿場である元吉原宿が高潮や砂の害を受け北側に移転し、さらに高潮で現在の吉原宿(吉原本町通り)に移転するまでの間、約40年間存在した2代目の吉原宿だ。

f0141310_07552907.jpg

 場所は、左富士の手前、現在の左富士神社から和田川を渡り、現在の富士警察署の北東を通り津田に抜けるあたりだ。

f0141310_07554898.jpg

 学芸員の方の解説では、何ヶ所かの発掘調査により、350年前の人々の暮らしが徐々に見えてきたとのことだ。

f0141310_07543557.jpg

 詳しい街並みは不明だが、和田川を行き来して良い魚が入り、富士山もきれいに見えたことから「魚がたくさん獲れて、宿泊施設は最高だ」と古い書物には紹介されている。

f0141310_07554088.jpg

 また、昔の「旅のガイドブック」的な書物には、以下2枚の図には中吉原宿が紹介されている。

f0141310_07535800.jpg

 いずれも宿場の西端に「つた町」(津田町)が示されている。

f0141310_07540467.jpg

 このことから、中吉原宿は、私が生まれ育った「津田・荒田島」(旧・島田村)を通っていたことがわかる。

 それが少し経つと、現在(3代目)の吉原宿に変わり、「中よし原」の地名?言葉?は残るものの、かつての「中吉原」の宿場は図上からきれいに消えている。

f0141310_07541007.jpg

 しかし、発掘調査等から推定されるかつての中吉原宿は、現在もそのルートが道路としてしっかり残っている。

 是非一度、博物館から講師を招き、津田・荒田島で「中吉原宿」について講演会を開催できればと思う。

 また、向かいの部屋では、富士市内の東海道沿線までを描いた古い地図の拡大版が、部屋の壁、3面を使い展示されている。

f0141310_07560514.jpg

 こちらも興味深い。

f0141310_07544509.jpg
f0141310_07545661.jpg
f0141310_07550656.jpg

 この「夏のテーマ展」はお勧めです!


by koike473 | 2019-07-05 08:00 | Trackback | Comments(0)