2018年 01月 28日 ( 1 )

 

下水汚泥のさらなるエネルギー化率向上に向け検討を進める富士市西部浄化センター

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村


 インフルエンザの熱も下がり、と言っても今回は38.3℃が最高で、その後の腰をはじめとする節々の痛みと咳が長引いた。

 しかしそれも何とか全快!

 明日から取り戻すぞ!挽回だ!

 今夜は、22日(月)に建設水道委員会で視察した後半の西部浄化センターの話。

 昨年10月に、建設水道委員会で黒部市(富山県)を視察した。

 下水汚泥やし尿、食品残渣等のバイオマスをエネルギーとして有効活用していた。

 地元・富士市ではどうなのかと西部浄化センターに伺った次第だ。

f0141310_23070337.jpg

 まずは室内で説明。

f0141310_23050930.jpg
f0141310_23054911.jpg

 流入してきた下水が、何度かの浄化施設を経て、きれいになっていく。

f0141310_23035105.jpg

 実際の現場。

 最初沈殿池。

f0141310_23060020.jpg

 エアレーションタンク。

f0141310_23041230.jpg
f0141310_23040238.jpg
f0141310_23044931.jpg

 最終沈殿池。

f0141310_23121439.jpg

 浄化した後、放流する前の水質の確認。

f0141310_23082656.jpg

 一方、こちらは浄化の際に発生する汚泥の流れ。

f0141310_23083887.jpg

 汚泥消化槽。

f0141310_23064971.jpg

 濃縮された汚泥を温め、嫌気性の状態の中でメタン発酵により有機物を分解し、メタンガス(消化ガス)を発生させる。

 その消化ガスを燃料にボイラーで燃焼させ、その蒸気で汚泥消化槽を5558℃まで温める。

f0141310_23075955.jpg
f0141310_23061199.jpg

 しかし、ボイラーで使われない余剰のガスは、この燃焼装置で燃やすだけ。

f0141310_23081632.jpg

 汚泥脱水機。

f0141310_23071684.jpg
f0141310_23074541.jpg

 水分80%の汚泥。

f0141310_23073073.jpg

 汚泥は、セメント原料、コンポスト、路盤材等に再利用されているが、そのまま焼却の割合も高い。

f0141310_23042180.jpg

f0141310_23170194.jpg


 市では、まずは西部浄化センターの改修にあたり、複合化、広域化等、さまざまな工夫により、下水汚泥エネルギー化率を上げていく方針だ。


f0141310_23052308.jpg


 方法は、いろいろあるようだ。


 大いに期待したい。


by koike473 | 2018-01-28 23:22 | Trackback | Comments(0)