2017年 02月 23日 ( 1 )

 

2月議会の質問は「常葉大学富士キャンパスの撤退に伴い考える高等教育機関の市内立地の意義等について」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村



 開会中の2月議会では、私は一般質問を行うこととなった。



 質問テーマは「常葉大学富士キャンパスの撤退に伴い考える高等教育機関の市内立地の意義等について」だ。

f0141310_07560969.jpg

 当初、所属する会派の代表を務めているので、先日紹介した市長の29年度「施政方針」に対する会派代表質問を行うつもりでいた。



 しかし、会派の勉強会の中で、「こんなことも考えているが?」と相談したところ、「このテーマなら今しかないから、小池はそっちをやって、代表質問は別のメンバーがやろう」ということになった。


 昨日、通告書を提出した。


 質問の前段は、こんな具合だ。


「常葉大学が「富士キャンパスを閉鎖・撤退し、新設される草薙キャンパスに移転する」ことを発表し1年が経過した。


この間、市当局は大学側と交渉を重ねるとともに、議会においては昨年9月定例議会で「常葉大学富士キャンパスの撤退に伴う跡地利用に係る決議」を行い、「…当該地は本市の第四次国土利用計画(富士市計画)の土地利用構想で、スポーツウェルネス交流ゾーンとして重要な位置づけにあり、検討に当たっては本市と十分な協議を進め、このゾーニングに即した、市民に納得がいくようなものになることを強く求める」と申し入れしてきたところである。


平成303月の富士キャンパス閉鎖まで1年となり、「跡地利用」に目が行きがちであるが、ここで今一度、高等教育機関設置を求める多くの市民の声が後押しする形で開設された「富士キャンパスが存在した意義・効果」をしっかり把握、評価しておくことが重要と考える。


またその上で、今後、富士市において新たに高等教育機関を立地誘導することの意義、可能性についても検討していくことが必要ではないかと考える。


そんな観点から以下質問する。」


 38日(木)の午後あたりになりそうだ。


by koike473 | 2017-02-23 07:58 | Trackback | Comments(0)