2016年 10月 28日 ( 1 )

 

スカスカな富士市をどう維持・集約していくか 「立地適正化計画」の勉強会

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 少し前の話になるが、13日(木)は、立地適正化計画の勉強会に参加した。
スカスカな富士市をどう維持・集約していくか 「立地適正化計画」の勉強会_f0141310_895618.jpg

 富士市は、29年度から具体的な策定作業を進めるが、この日は市の関係部署のワーキングメンバー?を集めての最初の勉強会だった。
スカスカな富士市をどう維持・集約していくか 「立地適正化計画」の勉強会_f0141310_8102037.jpg

 都市計画課の主催で、議員にも案内があり、10名ほどの議員も参加した。

 勉強会では後半だったが、富士市都市計画課から「富士市が進める『集約・連携型の都市づくり』について」と題し、富士市の現状を紹介。
スカスカな富士市をどう維持・集約していくか 「立地適正化計画」の勉強会_f0141310_8103236.jpg

 改めて富士市はスカスカな都市だと認識させられた。

 まちなかの人口は減り続け、周辺部の開発が進んできた。
スカスカな富士市をどう維持・集約していくか 「立地適正化計画」の勉強会_f0141310_8104572.jpg

スカスカな富士市をどう維持・集約していくか 「立地適正化計画」の勉強会_f0141310_8105686.jpg

 人口が比較的集中しているDIDは拡大しているが。
スカスカな富士市をどう維持・集約していくか 「立地適正化計画」の勉強会_f0141310_8155781.jpg

 DID内の集積は薄く、その人口密度は18位。
スカスカな富士市をどう維持・集約していくか 「立地適正化計画」の勉強会_f0141310_8161079.jpg

 その結果、人口は県内3番目の規模なのに、地価は10位。
スカスカな富士市をどう維持・集約していくか 「立地適正化計画」の勉強会_f0141310_8112173.jpg

 このままでは「都市」が持たない!

 前半の国土交通省中部地方整備局(名古屋)の担当者からの「立地適正化計画制度によるコンパクトなまちづくり」と題した制度や事例の紹介に戻ると。
スカスカな富士市をどう維持・集約していくか 「立地適正化計画」の勉強会_f0141310_8163527.jpg

 人口が減少していく中で、コンパクトな都市づくりの必要性、その取組み方について説明。
スカスカな富士市をどう維持・集約していくか 「立地適正化計画」の勉強会_f0141310_8164567.jpg

 「時間軸を持ったアクションプラン」に納得。
スカスカな富士市をどう維持・集約していくか 「立地適正化計画」の勉強会_f0141310_8165844.jpg

 計画を策定した熊本市や札幌市の事例を見て驚いた。
スカスカな富士市をどう維持・集約していくか 「立地適正化計画」の勉強会_f0141310_817868.jpg

 住宅立地を誘導する「居住誘導区域」の市街化区域に対する面積比率の低さだ。
スカスカな富士市をどう維持・集約していくか 「立地適正化計画」の勉強会_f0141310_8171998.jpg

 熊本市が54.7%
スカスカな富士市をどう維持・集約していくか 「立地適正化計画」の勉強会_f0141310_8172959.jpg

 札幌市に至っては23.3%だ。
スカスカな富士市をどう維持・集約していくか 「立地適正化計画」の勉強会_f0141310_8173797.jpg

 真っ先に思ったのは、「どうやって合意を取ったのだろう?」

 背景や客観的なデータをわかりやすく「見える化」した中で、ていねいな説明と真摯な議論を積み重ねていく重要性を感じる。
スカスカな富士市をどう維持・集約していくか 「立地適正化計画」の勉強会_f0141310_8204353.jpg

 今後の2年がヤマ場だ!

by koike473 | 2016-10-28 08:22 | Trackback | Comments(0)