2016年 05月 17日 ( 1 )

 

昨年9月の鬼怒川水害を思い出す中での28年度富士市水防訓練

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 15日(日)は、28年度の「富士市水防訓練」が行われた。
f0141310_7573738.jpg

 会場は富士川沿いの雁(かりがね)公園。
f0141310_75801.jpg

 昨年9月の鬼怒川決壊水害を誰もが思い出す中での、重要な訓練だ。

 市内10地区の水防団員と、有事の際に重機等を使い駆け付ける建設業組合員の皆さんが実働メンバーとして参加した。
f0141310_7581573.jpg

 そして国、県、市、関係団体の職員、さらには伊豆の国市の職員も見学参加。
f0141310_7583050.jpg

f0141310_7585362.jpg

f0141310_759416.jpg

f0141310_7591439.jpg

 今年の訓練は、「訓練の指揮命令・報告系統の確認」に重点を置いて行われた。

 それぞれの水防工法を担当する団で事前確認。
f0141310_804598.jpg

 そして団で取り掛かる前の点呼・確認、その後訓練。
f0141310_81468.jpg

f0141310_815665.jpg

f0141310_821499.jpg

f0141310_822584.jpg

f0141310_824879.jpg

f0141310_825795.jpg

 終了後の点呼・確認。
f0141310_8389.jpg

 この日は、JR東海の「ふれあいウォーク」が雁堤遊歩道をルートの一部に行われたため、ウォーカーの皆さんも興味深げに見ながら歩いて行った。
f0141310_832449.jpg

 今朝も雨が降っているが、これから梅雨、台風等の出水期を迎える。

 鬼怒川水害のように、下流部の降雨量はそれほどでなくても、上流部で大雨が降れば下流部の水嵩は一気に増す。
 富士川を始め、市内の河川は上流=急流、下流=緩やかな流れが大半であり、下流部の負担は大きい。
f0141310_835414.jpg

f0141310_841682.jpg

 河川改修や堤防強化等のハード対策とともに、水防団等によるその監視、避難誘導等のソフト対策・訓練の重要性を改めて感じる。

by koike473 | 2016-05-17 08:06 | Trackback | Comments(0)