2016年 02月 16日 ( 1 )

 

最先端技術が盛り込まれた富士市・富士宮市消防司令センター

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 先週の初め、議員有志で富士市消防本部の見学会に参加した。

 デジタル無線システムへの切り替えに伴い、統合され昨年9月から運用が始まった富士市・富士宮市消防司令センターの見学会だ。
 まずは、後藤消防長から消防全体の取組みについて説明。
f0141310_7575818.jpg

 その後、グループに分かれ見学。
 私は井出議員(公明党)と2人。
f0141310_7581383.jpg

 はしご車だけは「絶対ダメ!」とお断りした。
f0141310_7582266.jpg

 次のグループは平気で上がっていったが、どういう神経か?
f0141310_7583295.jpg

 救急隊員から救急車内のコンパクトで実用的な備品の説明。
f0141310_7584767.jpg

 1秒たりとも無駄にできないという覚悟が伝わる。
f0141310_7585449.jpg

 (呼び名がはっきりしないが)高規格消防車?
f0141310_7591041.jpg

 とにかく消防だけでなく、災害現場で活動できるよう、さまざまな器材を積んでいる。
f0141310_7592143.jpg

 重たいが、何でも引きちぎりそうな油圧カッター。
f0141310_7593988.jpg

f0141310_7595042.jpg

 そして「富士市・富士宮市消防司令センター」へ。
f0141310_80993.jpg

 消防棟の5階だ。
 富士市内と富士宮市内からの全ての119番が、ここに入ってくる。
f0141310_802163.jpg

 その時に、その場所に最も近くで組める消防チームをコンピュータが組んで、消防車等に指示を出す。
f0141310_804064.jpg

 それがこの画面上で全て行われる。
f0141310_805753.jpg

 最多で同時に15件までの指令が可能。
f0141310_811062.jpg

 ゼンリンの住宅地図上で、該当するお宅が特定され、同じ画面を見ながら消防隊が駆け付ける。

 また、金丸山山頂の高感度カメラでも、富士・富士宮市内の様子がこんなにアップでモニター可能だ。
f0141310_812329.jpg

 この統合により、司令業務メンバーを両市で数名ずつ減らすことができ、その分現場(予防、救急、消火等)に人数を配分することが可能になった。

 更なる消防力の向上に期待したい。

by koike473 | 2016-02-16 08:03 | Trackback | Comments(0)