2013年 01月 17日 ( 1 )

 

生きている竹は重かった

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 12日(土)は、駿河台三丁目の有志で翌13日の「どんどん焼き」で使う竹を採りに出かけた。

 場所は、私の後援会長である勝亦正人さんの大渕にある親戚のお宅の裏山だ。
f0141310_7252270.jpg

 テープを巻いてある竹は全部切っていいよとのこと。

 私は初めての「竹採り」だが、他の人は慣れたものだ。
 持参したチェーンソーが大活躍だ。
f0141310_72547100.jpg
f0141310_7254966.jpg

 しかし直径10cm以上の生きている竹は、思った以上に重い。
f0141310_7261743.jpg

 周辺の建物にかからないように倒すのに一苦労だ。
f0141310_7262947.jpg

 それをトラックの荷台に入る長さに切って積み込む。

 これは皆が「ぼんぼ竹」と呼ぶダルマをつるす「どんどん焼き」の主役の竹。
f0141310_7271466.jpg

f0141310_7292094.jpg

 葉っぱを残した丸々の1本を、上手にブルーシートにくるんでいく。
f0141310_7275096.jpg
f0141310_727561.jpg
f0141310_728211.jpg
f0141310_728986.jpg
f0141310_7281624.jpg

 くるんだ「ぼんぼ竹」を最後にトラックに積み込む。
f0141310_7283572.jpg

 「これじゃあ、ポンポンいい音がするぜ」。
 翌日は、青空に向かい景気のいい音が響いた。
f0141310_7293811.jpg

 しかしその次の日に、重い竹を運んだ手足の筋肉痛が出たのには「年」を感じざるを得なかった。

by koike473 | 2013-01-17 07:32 | 駿河台三丁目 | Trackback | Comments(0)