2011年 09月 09日 ( 1 )

 

今日から「2つの山場」が予想される9月議会が始まります

 今日から9月議会が始まる。
 今回の議会は、いろいろな意味で注目いただきたい議会だ。

 一つは、決算審査で「議会による事業評価」に、富士市議会が初めて取り組むことだ。
 22年度に富士市が実施した1,000近い事業の中から、現段階でその必要性などについて検討すべき9つの事業を選んだ。
 これらについて様々な観点から検討を行い、「もっと拡充すべき」、「現状の取組みでよい」、「○○について改善すべき」、「廃止すべき」などの評価を行なう。
 わかりやすく言えば、「議会版の事業仕分け」だ。

 もう一つは、先日、市長定例記者会見で発表された「都市活力再生への取組み」に関する議論、質問だ。
 日本製紙の富士市関連の工場が、来年9月までに多くの部門で操業を停止することが発表された。
 これまで富士市は、製紙産業を中心に産業都市として発展し、財政的にも豊かな自治体だった。
 しかし、今回の「停止」によって、日本製紙本体ばかりでなく、関連産業、雇用、税収、市民生活の面で大きなマイナスの影響が予想される。
 こうした影響に対し、市が産業・経済の活力を維持・向上させるために「都市活力再生本部」を組織すると発表した。
 この本部を中心に、「(仮称)都市活力再生ビジョン」を策定し、それに基づき、「産業戦略」、「都市経営・人口戦略」、「都市基盤・交通戦略」に取り組んでいこうというものだ。
 しかし、「これまで胡坐(あぐら)をかき、何も手を打ってこなかったツケが回ってきた」感が否めない。

 私は、こうした取組みに関連し、富士市としての電力・エネルギー政策について質問するつもりだ。
 他の議員も様々な切り口から論戦を臨むはずだ。

 10月8日まで、前半(決算審査)、後半(一般質問)で2つの山場があります。
 是非注目いただき、皆様にも「これからの富士市が進む道」について考えていただければと思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

by koike473 | 2011-09-09 06:36 | 富士市議会 | Trackback | Comments(4)