2010年 10月 21日 ( 2 )

 

おいしいのはもちろん、庭も楽しめるイタリアンレストラン「マーノ・エ・マーノ」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 現在、私の後援会が主催する「駿河台地区 第2回ガーデンコンテスト」の写真審査を行なっている。
 合計11軒のお宅から応募いただき、11日(祝)にそれぞれのお宅を後援会役員が訪問し、いろいろ話をを伺いながら写真を撮らせていただいた。
 その写真を基に、協賛企業や町内会長さん達に、審査(それぞれの評価で順位付け)してもらっている最中だ。
おいしいのはもちろん、庭も楽しめるイタリアンレストラン「マーノ・エ・マーノ」_f0141310_2331911.jpg

 写真は私が撮ったので、それぞれの庭の良さが十分に伝わらないかもしれない。でもそこは素人ということで・・・。

 今日のブログは、その中でもちょっとスタイルが違うお宅、と言うよりイタリアンレストラン「マーノ・エ・マーノさんの紹介。

 「マーノ・エ・マーノ」さんは、私が住む隣りの町内、駿河台2丁目にある。
 正面から改めて見ると、左右対称の建物だ。
おいしいのはもちろん、庭も楽しめるイタリアンレストラン「マーノ・エ・マーノ」_f0141310_23312568.jpg

 庭には大きな鉢やプランターが並ぶが、これらはほとんどが料理に使う野菜やハーブ、香草だ。
おいしいのはもちろん、庭も楽しめるイタリアンレストラン「マーノ・エ・マーノ」_f0141310_23313850.jpg

 バジル。
おいしいのはもちろん、庭も楽しめるイタリアンレストラン「マーノ・エ・マーノ」_f0141310_23315484.jpg

 イタリアンパセリ。
おいしいのはもちろん、庭も楽しめるイタリアンレストラン「マーノ・エ・マーノ」_f0141310_2332968.jpg

 これらの野菜を毎日使うので、建物の裏では、プランターにタネをまき、苗を育てている。
おいしいのはもちろん、庭も楽しめるイタリアンレストラン「マーノ・エ・マーノ」_f0141310_23342199.jpg

 磨きこまれたナベや皿が並ぶ厨房。
 
おいしいのはもちろん、庭も楽しめるイタリアンレストラン「マーノ・エ・マーノ」_f0141310_23345644.jpg
そして料理は、約1ヶ月前に、母、妻、私の3人で行った敬老の日のお祝いランチの写真をどうぞ。
 まずは「トウモロコシのスープ」。「トウモロコシってこんなに甘かった?」と思うほど、自然の甘さが。
おいしいのはもちろん、庭も楽しめるイタリアンレストラン「マーノ・エ・マーノ」_f0141310_23352323.jpg

 自家製のパン。それだけでおいしくて、おかわりをした。
おいしいのはもちろん、庭も楽しめるイタリアンレストラン「マーノ・エ・マーノ」_f0141310_23353511.jpg

 パスタは、3人それぞれ別のものを頼み、他の2人のものも少しずつ分けて食べる。
 私が頼んだ「エビのパスタ」。エビのプリプリ感と塩味がうまく絡んだパスタがおいしい。
おいしいのはもちろん、庭も楽しめるイタリアンレストラン「マーノ・エ・マーノ」_f0141310_23355529.jpg

 母が頼んだ「牛肉とトマトソースのパスタ」。煮込んだ牛肉とトマトの重厚な味がいい。
おいしいのはもちろん、庭も楽しめるイタリアンレストラン「マーノ・エ・マーノ」_f0141310_2336106.jpg

 妻が頼んだ「キンメとミョウガとアンチョビーのパスタ」。想像がつかない味だったが、食べてみるとこれは絶品。
おいしいのはもちろん、庭も楽しめるイタリアンレストラン「マーノ・エ・マーノ」_f0141310_23362449.jpg

 少し食べると、更にもっと欲しくなったが・・・。「こっちにすれば良かった」と。
 そして見た目も味も満足のデザート。
おいしいのはもちろん、庭も楽しめるイタリアンレストラン「マーノ・エ・マーノ」_f0141310_23363740.jpg

 最後はカプチーノで。
おいしいのはもちろん、庭も楽しめるイタリアンレストラン「マーノ・エ・マーノ」_f0141310_23365541.jpg

 あ~、おいしかった。
 皆様も、是非一度どうぞ。
 場所は、吉原高校から県道富士裾野線を北上し、キミサワ駿河台店の北側の筋向いです。

by koike473 | 2010-10-21 23:41 | 食事・食べ物 | Trackback | Comments(0)  

富士東高校の職業講話

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村
 
 19日(火)は、富士東高校の「職業講話」に講師として出かけた。
富士東高校の職業講話_f0141310_513427.jpg
富士東高校の職業講話_f0141310_5131234.jpg

 この職業講話は、高校生の職業観を育み、目標を持った今後の高校生活、進路に向けた取組みを進めるための一環として、PTAが主催する形で行っている。
 私がPTAの副会長だった4年前から、当時の大石会長(中央大学陸上部で活躍している大石港与君のお父さんで、この年の11月にガンで急逝された)の音頭で始めた取組みだ。
 毎年1、2年生を対象に開催していて、今年で5回目だ。

 しくみはこんな形だ。
 1 年度初めに富士東高1、2年生に60種類ほどの職業(予備校等で使っている職業アンケートをもとに)を示し、就きたい職業、関心がある職業をアンケートする
 2 アンケートの上位約30種類位の職業について、PTAや卒業生の協力を得ながら、その職業についている講師を探し依頼する
 3 再度1、2年生に「聞きたい職業」のアンケートをとり、1つの職業に20~25人を割り振り職業講話を実施する

 今年は、23の職業で24人の講師の方に参加いただいた。
富士東高校の職業講話_f0141310_514755.jpg

 最初のあいさつで集合した講師の皆さんと、あいさつする鈴木PTA会長。隣りは塩谷校長。
富士東高校の職業講話_f0141310_5142163.jpg

 私は、建築・土木分野で前職として働いていた「都市計画プランナー」としての参加だ。
 この経験は、現在の市議会議員の活動に非常に役立っている。
富士東高校の職業講話_f0141310_5145477.jpg

 富士市役所からも、毎年何名かが講師として参加しており、「富士市のために働こう!」という生徒が増えることを期待したい。

 そして私の講話。

 パワーポイントの映像を使いながら、25人の生徒に聞いてもらった。
 自分が子どもの頃、「公害のまち・富士市」を何とかきれいなまちにしたいと思ったことから話し始め、自分の身の上話に終始してしまった感が強い。
富士東高校の職業講話_f0141310_5151276.jpg

 後ろの方では、机に突っ伏して寝ている生徒もいたが、それは自分の「講話のへたさ加減」を反省すべきだろう。
富士東高校の職業講話_f0141310_5153080.jpg

 事前に聞いていた質問への回答も含め、結局60分間しゃべり続けて終わった。
 しかし、当日生徒から質問がなかったのは、この「へたさ加減」も含め、いろいろな意味で心配だ。
富士東高校の職業講話_f0141310_5154652.jpg

 講話が終わり、解散し、しばらくするとグラウンドでは運動部の練習が始まった。
富士東高校の職業講話_f0141310_516013.jpg
富士東高校の職業講話_f0141310_5161259.jpg

 娘2人が卒業し、私自身もPTAで何度も通ったこともあり、愛着を感じる学校だ。
 生徒達には、将来の目標を悩み考え見つけ、それに向けて精一杯前向きに取り組んで欲しい。

by koike473 | 2010-10-21 05:19 | 教育 | Trackback | Comments(0)