2009年 01月 14日 ( 1 )

 

がっかりした成人式

 11日(土)は、出初式に続き、午後から成人式があった。
 こちらも私は去年に続いての出席だ。
f0141310_2374859.jpg

ロゼに入ってくる成人達
f0141310_2375771.jpg

入場前のロビーの混雑
f0141310_238840.jpg

式場となった大ホール

 出席して、昨年に続きガッカリだったというのが正直な感想だ。
 式が始まり、国歌斉唱、市長のあいさつが始まっても会場はずっとガヤガヤのしっぱなし。
 その前に行われた、市内高校応援団による成人を祝う応援では、応援団の高校生が舞台上から客席をまっすぐ見ながら精一杯エールを送った。
 しかし、その目は「怒り」に燃えているように見えた。
 「こんなバカな先輩達のために、何故俺達は応援しなければならないんだ!」
 そう訴えているように見えた。
f0141310_2383430.jpg

 来賓のあいさつだけでなく、自分達と同じ成人の代表が「成人の誓い」を発表しているときも一切お構いなしだ。

 来賓は、30分間の式典が終わり退場した。
 昨年は裏口から出たが、今年は正面ロビーから出た。
 するとロビーには、こんなに多くの会場(大ホール)に入らない新成人が。
f0141310_238533.jpg

 そしてロゼの外では、建物にすら入らず、中には酒樽や缶ビールを並べて、相当酔っ払っている若者(バカモノ)もいる。
f0141310_239988.jpg

 「以前と比べればずいぶん良くなった」等の意見も聞くが、私はやり方を希望者のみの選択参加制に変えるか、さもなければ式そのものを廃止すべきだと思う。
 式に参加するのは、しっかり話を聞こうとする成人だけでいい(大半の若者がこうであってほしい)。
 みんなで集まりたければ自分達で集まり、楽しめばいい。
 税金を使い、公共施設を使い、勝手し放題のわがままをさせる必要はない。
 20歳になり、選挙権等の権利を得ることは、同時に、少なくともはずしてはならない社会人としての義務を負うことを、しっかり胸に刻む意味でも、毅然とした成人式にすることが必要だと思う。

by koike473 | 2009-01-14 23:12 | 教育 | Trackback | Comments(5)