2009年 01月 04日 ( 1 )

 

今年は箱根駅伝から!

 皆様、新年明けましておめでとうございます。
 今年の正月は、昨日までずっと良い天気が続き、おだやかに過ごされた方が多かったのではないでしょうか?
f0141310_23364117.jpg

駿河台3丁目からの元旦の富士山

 私は、暮れは、資料の片付けと最後のいくつかの忘年会に追われていました。
 正月は、1日はお世話になっている方のお宅に年始回り、2日は久しぶりに箱根駅伝を最初から最後まで見続けました。
 今日は、その駅伝の話。

 今年の箱根駅伝は、特別な思いで見た。
 私が昨年までPTA会長を務めた富士東高校の卒業生が走るからだ。
 彼の名前は「大石港与(おおいし みなと)」君。
 旧富士川町出身で中央大学の2年生だ。
 彼は中学校時代から全国大会で鳴らし、富士東高在学中も毎年インターハイに出場し、3年時には1,500mで7位に入賞している。
f0141310_23384882.jpg

大石君の活躍を伝える「富士東高校新聞」(平成18年10月)

 彼のお父さんは、私の一代前のPTA会長だった。
 しかし、PTA会長に就任して間もなく、ガンに侵されていることが判り、彼が高校3年の11月に急逝された。
 実は私は彼と直接話をしたことはない。
 しかし、お父さんが語っていた彼の練習や試合でのこと、そして病魔が進行する中、最後の力をふりしぼって出かけたという亡くなる3ヶ月前のインターハイの応援のことなどを聞き、大学進学後も、ずっと気になっていた。

 昨年は補欠で出場できなかったが、今年は最初から往路の最終区間、「山登りの5区」にエントリーされていた。
 テレビには、タスキを受ける直前と、芦ノ湖のゴールに飛び込む最後の少ししか写らなかったが、頑張った。
 順位を1つ上げ、この区間でも堂々の12位の記録で走った。
 まだ2年生だ。来年は、PTAの会合のたびにお父さん達と話した「走る姿と、その下にテロップで『富士東高出身 大石港与』を見たいね」の実現を期待したい。
f0141310_233214.jpg

 そしてテレビを見ながら、気になったことが一つ。
 沿道の応援の人が振る小旗だ。
 関係する新聞社などが配るらしいが、やめた方が良い。
 以前は、応援に興奮し、走路まで乗り出して旗を振るので、選手に当たりそうで危ないと思っていた。
 でも今はそれに加え、自分がテレビに映ろうと、走路に身を乗り出し、カメラの方に体と顔を向けて旗を振る人があまりに多い。
 彼らは、自分が映ろうとするのに無我夢中で、選手のことなど気にしない。
 これでは選手があまりに危険だ。
 この小旗は、レース後の付近への「投げ捨て」も問題になっているようだ。
 旗はなくても、あれだけ人がいて、声援を送れば、選手達には十分応援が伝わるだろう。
f0141310_23322116.jpg

 新聞社には、是非再考を求めたい。

by koike473 | 2009-01-04 23:44 | ラグビー他スポーツ | Trackback | Comments(10)