2008年 06月 05日 ( 1 )

 

「沼川のこれからを考える水辺交流事業」助成決定!

 所属するNPO法人ふじ環境倶楽部で、今年の1月に20年度の助成金申請を提出していた。
 申請事業は、「沼川のこれからを考える水辺交流事業」だ。
「沼川のこれからを考える水辺交流事業」助成決定!_f0141310_23363233.jpg
「沼川のこれからを考える水辺交流事業」助成決定!_f0141310_23364994.jpg
「沼川のこれからを考える水辺交流事業」助成決定!_f0141310_23365697.jpg

 昨年から取り組んでいる、田宿川・滝川・沼川の水辺をいかした交流事業を通じて、市民サイドから今後の沼川のあり方について検討し、提案をとりまとめようという内容だ。
 提出先は(財)河川環境管理財団であり、長い審査期間を経て、5月30日に、「助成採択」の通知が届いた。
「沼川のこれからを考える水辺交流事業」助成決定!_f0141310_23385866.jpg

 ただし助成額は、申請金額の半額に留まった。
 しかし、考えようによっては、近年は大した活動実績がない我が団体にこれだけの額を助成してもらえるのはとてもありがたいことだ。
「沼川のこれからを考える水辺交流事業」助成決定!_f0141310_23391026.jpg

 そして今夜、ふじ環境倶楽部の定例会があった。
 最大の検討テーマは、この助成を受けるかどうかだ。
 みんな「半額かあ~」と落胆した顔も見せたが、「去年は、ほとんど予算もなしに、水辺交流事業をやっただから、今年はこれで予算も組めるなら是非やろう」と、出席者の満場一致で助成を受けることとした。
「沼川のこれからを考える水辺交流事業」助成決定!_f0141310_23393248.jpg

 さあ、これから忙しくなるぞ!
 まずは、去年一緒に事業に取り組んだ団体の皆さんに声をかけ、改めて「今年も事業を一緒にやりましょう」と相談しなければならない。
 そして関係機関への連絡、正式な実行委員会の設立、事業計画の検討、事業の準備、予算の管理などなど、事務局としてやらなければならないことが山ほどある。
「沼川のこれからを考える水辺交流事業」助成決定!_f0141310_23394562.jpg

 しかし、この助成金は、何の色も、紐もついていない「まっさらなお金」だ。目的に沿っていれば、自分たちの判断でよりよい成果を出すために、有効に使うことができる貴重な財源だ。

 市民団体のメンツにかけても、是非「市民の皆さんに成果を公表・提案するとともに、次のステップにつながる有効な取り組み」とするために、大切に使っていかなければと思う。
「沼川のこれからを考える水辺交流事業」助成決定!_f0141310_2340141.jpg
「沼川のこれからを考える水辺交流事業」助成決定!_f0141310_2340866.jpg

ビワの時期になりました。自宅から役所に行く途中に、こんなに大きなビワの木があります。1本で何個のビワがなっているのかな?

by koike473 | 2008-06-05 23:42 | そうだ!沼川プロジェクト | Trackback | Comments(5)