2008年 02月 20日 ( 2 )

 

消防第5分団「新消防ポンプ車入魂式」 

 17日の日曜日は、今泉の西側を担当エリアとする消防団第5分団の「新消防ポンプ自動車入魂式」があった。
 会場は、ホワイトパレス(富士市農協会館)だ。
消防第5分団「新消防ポンプ車入魂式」 _f0141310_2301196.jpg

 最初に、駐車場で新ポンプ車を使った大型ポンプ操法が披露された。
消防第5分団「新消防ポンプ車入魂式」 _f0141310_2303972.jpg
消防第5分団「新消防ポンプ車入魂式」 _f0141310_2305031.jpg

 来賓の町内会長さん等や市消防団幹部が見守る前で、きびきびした動作で、日頃の訓練の成果が披露された。見ていて、大変気持ちがいい。
消防第5分団「新消防ポンプ車入魂式」 _f0141310_231468.jpg

 19年間働いた旧のポンプ車に替わり、新しいポンプ車は、既に昨年11月から稼動している。エンジン駆動後、8秒で水を汲み上げ始めることができる最新式のタイプだ。

 その後、会場を移し、式典が行われた。
消防第5分団「新消防ポンプ車入魂式」 _f0141310_2313517.jpg

 来賓の方々から祝辞が述べられたが、現消防団員の皆さんへのねぎらいと激励とともに、どなたも共通しておっしゃっていた課題が、「消防団員の確保」だ。
 5分団の担当エリアは、和田町などを中心とする南側の旧の市街地と、私が住んでいる駿河台などの北側の新興住宅地に大別される。
 旧市街地ではそこそこの人数のメンバーがいるが、住宅が増えている北側は極端に少ない。
消防第5分団「新消防ポンプ車入魂式」 _f0141310_2315325.jpg

 昨年から、何度か5分団の皆さんと話をしたり、一杯やる機会があった。
 そのたびに思ったのは、消防団は、消防はもちろんだが、地域のコミュニティの核となる人材育成や、コミュニティの維持そのものに大きく貢献しているということだ。
 一般の市民は、「集まっては、酒ばかり飲んでいる」、「慰安旅行で騒いでばかりいる」等と陰口を言う方もいる。
 確かに酒を飲むこともある。しかし、若手から年配者までの方が、消防団を通じて知り合い、日々の訓練や一杯やる中で、地域の細かな情報がお互いに伝えられていく。
 訓練をはじめ、ほとんどの活動が無償ボランティアである一方、もちろん、一杯やるのも、通常は皆さん自腹だ。
 そして、団員の多くが、町内会等でも要の役目を果たしている。
消防第5分団「新消防ポンプ車入魂式」 _f0141310_232831.jpg
消防第5分団「新消防ポンプ車入魂式」 _f0141310_2321726.jpg

 そうした面からも、改めて消防団の役割と評価を考える必要があると思う。

by koike473 | 2008-02-20 23:03 | 防災 | Trackback | Comments(2)  

「沖田の土手」とサクラの名所づくり?

 16日(土)は、午前中、田宿川から沼川のカヌーの川下りを行い、午後は、今泉で「沖田の土手」と呼ばれる滝川の堤防を歩いた。
「沖田の土手」とサクラの名所づくり?_f0141310_016546.jpg

 滝川から沼川にかけて川の中で楽しむのなら、並行して続く堤防の上をゆっくり散歩したり、カヌーレースを見物できるような堤防の使い方ができないだろうかと、以前から思っていた。
 こんな話を何人かの人に話したら、「昔は、ジャトコのあたりは一面のたんぼで、今泉から田子の浦港方面に行くには、滝川の土手(=沖田の土手)しかなかっただよ」、「今泉小のマラソンや、遠足で出かけると、よく沖田の土手を行ったもんだよ」とのことだった。
 そんな歴史ある「沖田の土手遊歩道」を何とか確認し、復活の第一歩にできればと思い、井出さん(わき水田宿川委員会)、高村さん(ボーイスカウト)と3人で歩いた。
「沖田の土手」とサクラの名所づくり?_f0141310_0162752.jpg

 土手は、夏は、ツルや草が「これでもか」と生い茂っていたようで、それらは枯れてもなお、高いものでは人間の身長ほどのものが残っており、掻き分けながら進まなくてはならない。
「沖田の土手」とサクラの名所づくり?_f0141310_016404.jpg

 途中、堤防の中をバギー車のコースに造成し、使っているようなところもある。結構、知っている人がいるようだ。
「沖田の土手」とサクラの名所づくり?_f0141310_01705.jpg

 都市計画で「吉原東公園」として計画されている予定地まで来ると、堤防は一面みどりのじゅうたんだ。
この真冬に、気味が悪いくらいだ。
 しかし、このあたりは、緩やかな斜面を水際まで降りることができ、結構いい雰囲気だ。そして、西が自動車工場(ジヤトコ)、川向こうの東側が製紙工場(日本製紙)と、まさしく「富士市の川」と言う感じだ。
「沖田の土手」とサクラの名所づくり?_f0141310_0171928.jpg

 一部、竹やぶが土手の上を一面に茂り、歩いて通れない部分もある。遠回りをしながらも更に進む。
「沖田の土手」とサクラの名所づくり?_f0141310_0173639.jpg

 新幹線、そして国1バイパスのガードをくぐると、急に視界が開ける。「1ヶ月前に来た時には、ここはボサだったのに?」と思いながら進むと、土手にはサクラの並木が続いている。
「沖田の土手」とサクラの名所づくり?_f0141310_0174996.jpg

 更に、旧国1の白妙橋の上に出ると、道路南側の土手もきれいに下草が刈られ、サクラの並木が見えている。

 ズボンから上着まで、枯れた草の種がビッシリ付いて参ったが、田宿川から沼川まで続く「沖田の土手ウォーキングコース」をどうにか走破し、将来像もイメージできた。
 これからが楽しみだ。

 それと、県が管理する旧国道から見えるサクラ並木(これも県が管理する河川の土手)の下草がきれいに刈られていた。
 これって、県が先週あたりから急に動き出した(?)「富士山の眺望に配慮した『サクラの名所』づくり」の一環だろうか?
「沖田の土手」とサクラの名所づくり?_f0141310_0182022.jpg

 試走した沼川沿いにも、立派なサクラの並木があった。
 これらの下草も刈ってやれば、それだけで沼川は「サクラの名所」になる。沼川に関係する地域や団体の力で、名所づくりを進められないだろうか?

by koike473 | 2008-02-20 00:23 | そうだ!沼川プロジェクト | Trackback | Comments(0)