2008年 02月 14日 ( 2 )

 

撤去された第二東名「NEXCO」の看板

 先日、新聞各紙で報道された第二東名法面の「NEXCO」の巨大看板が、先週中に撤去された。
 市役所からも見えていたものが、今では、どこにあったのか、その場所さえもわからないほどだ。
撤去された第二東名「NEXCO」の看板_f0141310_2248146.jpg
撤去された第二東名「NEXCO」の看板_f0141310_22483436.jpg

 新聞では、「3月末までに撤去」、「8月頃まで」等と出ていたが、あっと言う間の対応で、富士市民としてはとりあえず良かった。
 私は、景観面と富士山の世界遺産登録への動きの面から疑問を呈したが、特に景観の面では残念に思うことがあった。
撤去された第二東名「NEXCO」の看板_f0141310_22491073.jpg
撤去された第二東名「NEXCO」の看板_f0141310_22493368.jpg

 学生時代、私は造園学科の「風景計画研究室」に所属していた。「風景」、「景観」という言葉のかっこよさに引かれて選んだゼミだが、30年近く前のその頃は、学問分野としてもまだ確立されておらず、また世間一般でも今ほど重要視されていなかったように思う。
 そんな中で、「景観」に関する本を読んだり、シンポジウムに参加したりすると、必ずと言っていいほど出てくるのが、「日本道路公団」の職員や、公団を経て大学に戻った若手研究者の方々の名前だった。
 道路を運転していて見える景観(道路内景観)、道路を建設した場合、市街地などから見える道路の橋梁や法面などの景観(道路外景観)等の観点から、「良い景観」を追求していた。
 つまり、「景観のあり方」に関する研究では、日本のトップを日本道路公団(=現在のNEXC0中日本など)が走っていた。
 当時の若手研究者の方々は、今では景観学の重鎮となっている方も多い。
 そんなことで、「道路公団=景観のエキスパート」というイメージが強かったので、今回のことは、なおさら残念に思っていた。
撤去された第二東名「NEXCO」の看板_f0141310_2250958.jpg
撤去された第二東名「NEXCO」の看板_f0141310_22502529.jpg

 一方、第二東名(正式には新東名高速道路)そのものの役割は、とても重要だ。
 他の高速道路を走ると、現東名の異常な車の多さに驚く。現東名はパンク寸前だ。
 それと災害時の交通確保。私は、前職で12年間、富士⇔清水を車で行き来したが、興津の薩捶峠(さったとうげ)付近の事故や台風で、何度か自宅に戻れなくなるような危険な目に会った。
 現東名、国道1号、JRなどの国土幹線が、地形や地質的に脆弱な1箇所に集中し、一度事故が起きれば、県民生活ばかりでなく、日本全体の社会活動に大きな影響を及ぼす。
そんな時にも、確実に県内、東海道の交通を確保できるのが第二東名のはずだ。

 それともう一つ。第二東名のICなどを中心とした「まちづくり」の推進だ。
 富士市でもICを拠点に考え、市内だけでなく富士地域の道路交通体系を再構築しようとしている。また、そうしたアクセス道路などの整備に併せ、区画整理などを進め、新たな企業立地や住宅地の整備も、時間はかかるが進んでいる。
撤去された第二東名「NEXCO」の看板_f0141310_2251656.jpg

 平成24年度中には、静岡県内のほとんどの区間は使えるようになる予定だ。

 今回の看板の件をきっかけに、改めて「新東名」の重要性を思った。

by koike473 | 2008-02-14 22:57 | 富士市内各地の風景 | Trackback | Comments(0)  

新人議員自主研修 障害者自立支援法と福祉キャンパス

 昨日は、午後から新人議員の自主研修会「チャレンジ改革7」の第4回研修会があった。
 今回は、私が幹事だ。
 研修テーマは毎回の幹事に任されている。
 いろいろ迷ったが、自分が最もわからない「障害者福祉」をテーマとした。
 特に、平成18年から施行された「障害者自立支援法」の勉強と、障害者福祉の現場の一つである「福祉キャンパス」(大渕)の視察研修を行った。

 まずは、「障害者自立支援法」の勉強から。
新人議員自主研修 障害者自立支援法と福祉キャンパス_f0141310_013367.jpg

 平成18年から、障害を持つ方々が安心して暮らせ、また自立と社会参加ができるよう、
  ・障害に応じた支援サービスをきめ細かく提供
  ・市町村が一元的に窓口となり提供
  ・国、県がサービスの義務的経費を負担(それまでは市町村の原則負担)
  ・サービス受給者にも1割負担をいただく
  ・自立のための就労支援を強化
などを基本方針とする障害者自立支援法が施行された。
新人議員自主研修 障害者自立支援法と福祉キャンパス_f0141310_015565.jpg

 市内には、この法律に該当する方は、身体障害、知的障害、精神障害あわせ、約9,000名いる。人口の約3.6%だ。しかし、うつ病など、特に精神障害を後発的に持っており、法に該当していない方を含めるとこの数は、もっと多いようだ。
 法律のイメージは、「介護保険」と同じような仕組みだが、施行後の2年弱で、何回か変更があり、今後も変わる予定だと言う。
 反対意見が多い「利用者の1割負担」については、市の補助等もあり、実際は4~5%位だそうだ。
 私を含め、新人議員の多くが、福祉の分野は不勉強で、まだまだ繰り返し勉強が必要だ。

 続いて、バスで大渕の福祉キャンパスへ。
新人議員自主研修 障害者自立支援法と福祉キャンパス_f0141310_157550.jpg

福祉キャンパス全景(富士市HPより)


 知的障害を持つ子ども達が入所している「ふじやま学園」と、知的障害をもつ大人が、通いながら就労訓練などを行う「くすのき学園」が一連の建物として、平成16~17年にかけてリニューアルされた。
 以下の大きな3つの方針のもとで、「福祉文化の情報の受発信拠点」を目指し、運営されている
  ・自立支援の場・・・入園、通所者が家庭や地域に戻り、就労・生活ができるよう支援する
  ・集い(交流)の場・・・建物や施設を地域やさまざまな団体に利用していただき、交流の拠点とする
  ・学びの場・・・実習生やボランティアを受入れ、福祉に関し学んでいただく
 ロビーや廊下で入園生が遊んでいるが、いろいろなところから職員が目を配っているのがわかる。また、一人ひとりの個性や段階に配慮し、長期入所や短期入所、通所、相談など、きめ細やかな対応にも気を配っている。
新人議員自主研修 障害者自立支援法と福祉キャンパス_f0141310_1575527.jpg

くすのき学園の就業訓練


 しかし一方で、行財政改革の流れの中で、出先機関である福祉キャンパスも、指定管理者制度(運営管理の民営委託)の導入が目前に迫っている。
新人議員自主研修 障害者自立支援法と福祉キャンパス_f0141310_1582067.jpg

 所長さんが言っていた「しっかりした個別指導」と、その目標として取り組んできた「就業率の高さ」が維持・確保されなければならない。

by koike473 | 2008-02-14 02:01 | 保健・福祉・医療 | Trackback | Comments(1)