知らないことばかりだった「里親制度」 三島で開催の「自治体議員勉強会」で

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村


 21日(土)は、「里親について」の勉強会で三島に出かけた。


 「自治体議員勉強会」で衆議院議員の細野豪志事務所が主催する勉強会だ。

知らないことばかりだった「里親制度」 三島で開催の「自治体議員勉強会」で_f0141310_08165212.jpg

 講師の岡田氏は、長く静岡県職員として児童福祉の分野で活動された方だ。


 この日は、写真を撮るのをすっかり忘れた。


 と言うのも、私は「里親制度」のことを全く知らず、初めて聞くことばかりで驚きの連続だった。


 全く体系的ではないが、印象に残ったことを以下羅列。

  ・児童虐待は、市町・地域によって大きく異なるが、都市部ほど多く、県東部では富士市が多い

  ・しかし富士市は児童保護の専門職員が育っていて他市町に比べ機能している

  ・里親には「養育里親」と「養子縁組里親」の2種類がある

  ・「養育里親」には、里親手当として児童一人月額90,000円(虐待等を受けた児童の場合は141,000円)が国から支給される

  ・一方、不妊の夫婦を中心に、幼児の段階で子どもを預かり養子縁組する「養子縁組里親」を希望・登録する方が増えている。

  ・しかしこうした「里親制度」そのものを知っている方は少ない

  ・法律では22歳(大学卒業)まで里子として保護されるので、その段階で里親・里子双方が大人として「普通養子縁組」を結ぶ方法もある 等々。


 改めて富士市の状況を確認してみなければと思う。


by koike473 | 2022-05-23 08:18 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : https://koike473.exblog.jp/tb/32679769
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 今年も草刈りを始めなくては! ... 「旧制富士中第1回卒業記念アル... >>