福祉・産業両部門連携した取り組みが重要!  富士市ユニバーサル就労協力企業会

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村


 17
日(金)は、ユニバーサル就労協力企業会を聴講した。

福祉・産業両部門連携した取り組みが重要!  富士市ユニバーサル就労協力企業会_f0141310_08023525.jpg

 様々な働きづらさを抱えた方が、イキイキと働けるようになるには、受け入れていただく協力企業の存在が不可欠だ。

 こうしたユニバーサル就労を推進する上で、これまでに市内さまざまな業種の130社が認定協力企業として登録されている。

福祉・産業両部門連携した取り組みが重要!  富士市ユニバーサル就労協力企業会_f0141310_08021588.jpg

 内64社で、就労体験やコミューター(就労試行)、それらを経ての雇用に至っている。

 この日は、約60社の企業の方が参加し、実際に受け入れ・雇用に至った3社の方の発表を聞いた。

福祉・産業両部門連携した取り組みが重要!  富士市ユニバーサル就労協力企業会_f0141310_08020151.jpg
福祉・産業両部門連携した取り組みが重要!  富士市ユニバーサル就労協力企業会_f0141310_08011616.jpg
福祉・産業両部門連携した取り組みが重要!  富士市ユニバーサル就労協力企業会_f0141310_08010855.jpg
福祉・産業両部門連携した取り組みが重要!  富士市ユニバーサル就労協力企業会_f0141310_08010267.jpg
福祉・産業両部門連携した取り組みが重要!  富士市ユニバーサル就労協力企業会_f0141310_08014115.jpg
福祉・産業両部門連携した取り組みが重要!  富士市ユニバーサル就労協力企業会_f0141310_08014774.jpg

 3社に共通した意見は、

 ・人手不足(採用が大変)の中で、ユニバーサル就労を進めることで、本人も企業もWIN・WINになれる

  ・どのような仕事が相性がいいかを判断するには、現場をユニバーサル就労支援センターの担当者、そして本人にしっかり確認することから始める

  ・(ユニバーサル就労を施策として進める)市のバックアップがあるので、企業としてもじっくり、安心して取り組むことができる

等のことだった。

福祉・産業両部門連携した取り組みが重要!  富士市ユニバーサル就労協力企業会_f0141310_08022549.jpg

 一方で、仕事の切り出し(業務分解)が、どこまで行われているのか気になった。

 昨年末に、「超短時間雇用」に関し視察した神戸市でも、ポイントは「業務の切り出し」と言っていた。

 富士市ユニバーサル就労支援センターでは、そこにしっかりフォーカスし、取り組んでいく重要性を改めて感じた。

 現在、市役所の2階ロビーでは、協力企業のパネル展示が行われている。

福祉・産業両部門連携した取り組みが重要!  富士市ユニバーサル就労協力企業会_f0141310_08024448.jpg

 「業務の切り出し」は、中小企業、小規模事業者の経営の効率化・見直し=産業振興サイドからも、より重要と考える。

福祉・産業両部門連携した取り組みが重要!  富士市ユニバーサル就労協力企業会_f0141310_08025736.jpg
福祉・産業両部門連携した取り組みが重要!  富士市ユニバーサル就労協力企業会_f0141310_08025150.jpg

 そのためには、福祉・産業両部門の財源・予算を組み合わせて取り組むことが重要であり、進めていくべきだと思う。


by koike473 | 2020-01-21 08:08 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : https://koike473.exblog.jp/tb/31018605
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 老朽化が進む共同ビルのこれから... 混戦の4校決勝リーグ戦を制し、... >>