富士市議会として何を目的とするタブレット導入か? 県内導入先進市である袋井・藤枝両市議会の取組みを視察

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村


 昨日は、所属する議会改革検討委員会で袋井市、藤枝市両市議会の取組みを視察に伺った。

富士市議会として何を目的とするタブレット導入か? 県内導入先進市である袋井・藤枝両市議会の取組みを視察_f0141310_08242489.jpg
富士市議会として何を目的とするタブレット導入か? 県内導入先進市である袋井・藤枝両市議会の取組みを視察_f0141310_08243730.jpg
富士市議会として何を目的とするタブレット導入か? 県内導入先進市である袋井・藤枝両市議会の取組みを視察_f0141310_08240233.jpg

 テーマは「議会におけるタブレット端末の導入・活用について」だ。

富士市議会として何を目的とするタブレット導入か? 県内導入先進市である袋井・藤枝両市議会の取組みを視察_f0141310_08250098.jpg
富士市議会として何を目的とするタブレット導入か? 県内導入先進市である袋井・藤枝両市議会の取組みを視察_f0141310_08250889.jpg
富士市議会として何を目的とするタブレット導入か? 県内導入先進市である袋井・藤枝両市議会の取組みを視察_f0141310_08245389.jpg

 私は、以前にタブレットの研修に出かけたり、また富士市議会として開催したタブレット研修会を通じて、その利便性とさまざまな案件に関する「議論の深化」に大きな期待感を持っていた。

富士市議会として何を目的とするタブレット導入か? 県内導入先進市である袋井・藤枝両市議会の取組みを視察_f0141310_08241047.jpg

 藤枝市議会は、県内では最も早く平成27年から、袋井市議会では平成30年から導入している。

富士市議会として何を目的とするタブレット導入か? 県内導入先進市である袋井・藤枝両市議会の取組みを視察_f0141310_08241759.jpg

 ともにさまざまな検討を行い、試行錯誤を繰り返し、導入・活用されている。

富士市議会として何を目的とするタブレット導入か? 県内導入先進市である袋井・藤枝両市議会の取組みを視察_f0141310_08244426.jpg

 ただ、多くの資料や情報が整理された形で、即座に入手できるという「利便性」が高まる一方、予算・決算審査時には、

 ・両面ページのデータはタブレットでは見にくい

 ・複数の資料を並行しながら見ることができない

 ・ページを飛んでの質問・説明等には、そもそも操作が追い付かない

等で、「木を見て、森を観ず」状態になりかねない」こともあり、両市議会とも予算・決算資料は紙ベースの資料と併用する形をとっている。

富士市議会として何を目的とするタブレット導入か? 県内導入先進市である袋井・藤枝両市議会の取組みを視察_f0141310_08243194.jpg

 また、導入してからの期間がまだ短いこともあり、導入したことによる「議論の深化」にまでは至っていないようだ。

 改めて、富士市議会として何を目的とするタブレット導入と、その目的を達成する上での「費用対効果」について、更に検討する必要性を感じた両市議会の視察だった。


by koike473 | 2019-12-25 08:29 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : https://koike473.exblog.jp/tb/30980723
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 雨マークの30日だが、何とか富... 障害を持つ方が一般就労に結びつ... >>