時間軸を盛り込んだ『式年遷宮』の考え方の都市計画を! 「都市計画法50年・100年記念シンポジウム第3弾」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村


 9
日(土)は、ジヤトコさんとの協働プロジェクトを11時過ぎに失礼し、途中「湯らぎの里」(スーパー銭湯)で汗を流し、新幹線で横浜に向かった。

 都市計画学会全国大会に合わせ開催された「都市計画法50年・100年記念シンポジウム第3弾」の聴講だ。

f0141310_07301523.jpg

 会場は、横浜市開港記念館

f0141310_07305622.jpg
f0141310_07300867.jpg

 大正6年(1917年)に横浜港開港50周年を記念し、建てられた由緒ある会館だ。

f0141310_07352374.jpg

 ステンドグラス。

f0141310_07295284.jpg

 シンポのテーマは「都市計画法を展望する ~なにを引き継ぎ、新たに創り出していくか~」。

f0141310_07294587.jpg

 前半は、5人の専門家から問題提起と提案が行われた。

f0141310_07300544.jpg

 その中では、横張真東大教授の「ヒトに引く線・土地に引く線」と題した提案が新鮮だった。

f0141310_07311177.jpg
f0141310_07313858.jpg
f0141310_07314635.jpg

 農地法は人(農家と非農家)に、都市計画法は土地(市街化区域と調整区域)に線を引き区分してきた「矛盾と可能性」を基に、「ファジーな空間の動的制御に基づく新たな都市計画」を提案された。

f0141310_07315272.jpg
f0141310_07302114.jpg
f0141310_07304462.jpg

 その後パネルディスカッションとなったが、ここからは館内全体を見渡せる2階席に移動した。

f0141310_07292753.jpg
f0141310_07293822.jpg

 まとめ的には、これからの都市計画は

 ・時間軸を盛り込んだ『式年遷宮』の考え方が必要

 ・「恒久」でなく「暫定」を肯定的に位置付ける

 ・計画には「先読みの根拠」を明示し、年数が経過し根拠が変わった場合には、計画を変える

 ・ただし、法体系そのものは大きく変えるべきではない

等だった。

f0141310_07295601.jpg

 テーマに掲げられた「都市計画法を展望する」の法律そのものには至らなかったが、とても刺激的なシンポだった。

f0141310_07320527.jpg

 ライトアップされた開港記念館。

f0141310_07321656.jpg

 毎回思うが、一度はゆっくり横浜の街を歩いてみたい。


by koike473 | 2019-11-12 07:41 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : https://koike473.exblog.jp/tb/30899700
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 水草を食べるオオバン君、早く来... 今年はジヤトコさんとヒガンバナ... >>