2つの驚き! 船村興産倉庫㈱創業50周年記念事業「原田泰治が描く日本の童謡唱歌・キルトの世界」展

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村


 15
日(祝)は、ロゼシアターに「原田泰治が描く日本の童謡唱歌・キルトの世界」展を見学に出かけた。

f0141310_07152993.jpg

 実行委員会形式の開催だが、「船村興産倉庫㈱創業50周年記念事業」としての取組みだ。

f0141310_07150886.jpg

 会場入り口には、創業50周年と企画展をお祝いするたくさんの花が。

f0141310_07152277.jpg

 作品の写真は撮れないが、2つの驚きがあった。

 1つは原田さんの大きな絵を模写した10点ほどのキルトの作品。

 丹念に、そっくりに造られ、原田さんの画から受けるほっこりした感覚が、キルトによって更に大きく感じる。

 もう一つは、原田さんの画と童謡唱歌との組み合わせ。

 原田さんが描く日本の風景と、解説文に併せて書かれた童謡唱歌のイメージがぴったりだ。

 船村興産倉庫㈱社長の舩村氏は、私と高校の同級生だ。

f0141310_07151454.jpg

 昨年大渕にある横井照子富士美術館で開催された「原田泰治が描く美しい日本の四季展」も、彼がずいぶん頑張って開催にこぎつけたと聞いた。

 原田さんと約束したという「原田泰治が描く『田子の浦港からの富士山』」を是非期待したい。


by koike473 | 2019-07-17 07:20 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : https://koike473.exblog.jp/tb/30697499
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 景色が何か変わった 「しずおか... 雨がパラパラする中、今年も体力... >>