ユニバーサル就労推進に向けた選択肢の拡大 「エコミットふじのみや」開設への期待

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村


 今日は、少し前になるが、7日(金)に聴講した「発達障がいと障がい者就労を考える」講演会の話。

f0141310_08080586.jpg
f0141310_08083472.jpg

 主催は「エコミットふじのみや開設準備室」。

f0141310_08081112.jpg

 「エコミットふじのみや」は富士宮市に本社がある㈱エンビプロホールディングスのグループ会社である㈱アストコが運営する就労継続支援B型事業所だ。

f0141310_08081721.jpg

 富士市が推進するユニバーサル就労の関連で、私はこれまでアストコさんの松本(長野県)、東京の事務所に視察させていただいた。

 そんなご縁での聴講だった。

f0141310_08093235.jpg

 最初は長野県松本圏域発達障がいサポートマネージャーの新保氏による「発達障害を取り巻く環境と今後の方向性」。

f0141310_08091872.jpg

発達障害にはいろいろなタイプがある。

f0141310_08092596.jpg

 今後は特に「学校卒業後」の対応が重要。

f0141310_08084014.jpg

 サポート者・支援者の「やさしい顔・表情」が、当事者に対する基本対応。

f0141310_08075937.jpg
f0141310_08082314.jpg

 後半は、「企業における障がい者雇用について」をアストコのアドバイザーである轡田氏から講演。

f0141310_08091184.jpg

 就労支援に当たっては、いかに企業側と障がい者側両方を理解し、その「架け橋役」ができるかが課題。

f0141310_08090482.jpg
f0141310_08082988.jpg

 エコミットは、その架け橋となり、「高い就労継続率」、「高い工賃」、「高い就職率」を目標にするとのこと。

f0141310_08075293.jpg

 現在は準備段階で、8月からJR西富士宮駅のすぐ近くに開設する。

 富士地域で就労支援機関が増えることは、ユニバーサル就労の選択肢が拡がるということだ。

 期待したい!


by koike473 | 2019-06-19 08:14 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : https://koike473.exblog.jp/tb/30653257
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< かつての支配者だった東泉院の力... オープンから1年半後の初訪問 ... >>