鈴木つなパフォーマンス「赤い羽根」inふじ・紙のアートミュージアム

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村


 2
日(日)は、難病患者総合相談会の後、ロゼシアターの「ふじ・紙のアートミュージアム」に向かった。

f0141310_08182741.jpg

 開催中の「志村陽子展 -森の囁き-」の特別講座として、「パフォーマンス『赤い羽根』」が開催されていた。

f0141310_08180446.jpg
f0141310_08185660.jpg

 ダンサーの鈴木つなさんが、志村さんの「森の囁き」と題した作品の中で踊る。

f0141310_08191429.jpg

 白い森の中に、「赤い羽根」に象徴される「生きた身体」が入り込む。

f0141310_08183765.jpg

 鈴木さんは「赤は血の色であり、太陽の色であり、エネルギーの色、欲望の色でもあり、生の象徴」と言う。

f0141310_08190464.jpg
f0141310_08172788.jpg
f0141310_08174457.jpg

 多くの皆さんが見る中で、身体を精一杯使いながら「生」を表現している。

f0141310_08181248.jpg

 鈴木さんの写真を見ながら、こんな文章を書いていると、次の日(3日)に事故で亡くなった同級生の「生と死」を思わずにいられない。

 今夜はお通夜、明日は葬儀だ。

 できる限り、最後まで見送りたいと思う。


by koike473 | 2019-06-06 08:23 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : https://koike473.exblog.jp/tb/30631616
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 木をふんだんに使った東京大学農... 今朝はブログを書く気力がおきま... >>