三島馬鈴薯の収穫作業を動画で配信し、福祉事業所との距離を縮める   一歩先を行く三島市の「農福連携」への取り組み

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村


 少し前のことだが、19日(金)は、議会のユニバーサル就労推進議連の役員で、三島市を訪問した。

f0141310_07402740.jpg

 三島市が取り組む「官民協働による農福連携」についてのヒアリングだ。

f0141310_07404358.jpg
f0141310_07423742.jpg

 議連では、昨年から今年にかけて「農福連携」をテーマに研究に取り組んでいるが、新聞報道で三島市では「三島函南南農福連携支援連絡協議会」が本年5月に設立され、いくつかの事業に取り組んでいることを知り、この日の訪問となった。

 三島市の農政課と障がい福祉課の方々から説明を受け、そのための連絡調整には議会事務局の方々にお世話になった。

f0141310_07403441.jpg

 農業サイドからは、箱根西麓の馬鈴薯などを生産する農家=家族経営体における農業経営・規模拡大のカギは「労働力の確保」。

 福祉サイドからは障がいがある人の経済的基盤を補強するカギは「工賃倍増」。

 そんな中、昨年、モデル事業として「三島馬鈴薯」の掘り取り作業などを、福祉事業所の利用者の皆さんに4軒の農家で取り組んでもらったところ、評価が高かったこともあり、本年5月の「連絡協議会」設立につながったそうだ。

f0141310_07400089.jpg
f0141310_07401095.jpg
f0141310_07401579.jpg
f0141310_07424526.jpg
f0141310_07425291.jpg

 本年も6月からモデル事業に取り組んだが、作業の様子を動画で撮影し、それを福祉事業所に配信して、作業内容を把握してもらうとともに、それぞれの利用者の皆さんに対応した「業務分解」を福祉事業所側で考えてもらっている。

f0141310_07412483.jpg
f0141310_07405409.jpg
f0141310_07410550.jpg

 また7月から1年間の予定で「農福農業塾」を開催している。

f0141310_07421609.jpg

 これは、「農業に一歩を踏み出すにあたり、農業の専門知識を持つ職員がいない」という福祉事業所からの声に応え、基本的な農業技術や知識の習得を目的にした塾だ。

f0141310_07422543.jpg

 こうした三島の農福連携事業には、JA三島函南が大きな役割を果たしているのを感じる。

f0141310_07472346.jpg

 連絡協議会の立上げに加え、事業を進める上での相当の負担金も支出している。

 富士市でも、まずは落花生、カリフラワーなどを事例に、三島方式の「モデル事業」に取り組み、多くの福祉作業所の皆さんに、その可能性を知っていただくことから始めては!と感じたヒアリングだった。


by koike473 | 2018-10-30 07:49 | ユニバーサル就労 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : https://koike473.exblog.jp/tb/30134594
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 還暦を迎えましたが、まだまだ元... 「水と安全はタダではない、いつ... >>