自宅の前に置いた「見守りベンチ」に30分座ることで子どもたちを犯罪から守りましょう! 「富士市防犯まちづくり講演会」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村


 9
29日(土)は、「富士市防犯まちづくり講演会」に参加した。

f0141310_07061027.jpg

 主催は富士市と富士市生活安全推進協議会だ。

 「通学路の子どもの安全対策」というテーマの講演を聴いた。

f0141310_07062240.jpg

 NPO法人日本こどもの安全教育総合研究所の宮田理事長の話は、大変興味深いものだった。

 2001年に発生した大阪の池田小事件以来、地域の「見守り活動」は拡大し、現在全国で約48,000団体、270万人以上の皆さんが活動に参加しているそうだ。

 しかしここ数年は横ばい、減少傾向で、活動する皆さんの高齢化が進み、体力が続かない、引き継ぐ次世代がいない、活動の成果が見えにくい等の課題が顕著になっているとのこと。

 だが、昨年3月の松戸市、今年5月の新潟女児殺害事件等、凶悪な事件が後を絶たない状況だ。

 宮田理事長は、事件が発生する割合が高い「一人区間」、つまり登下校で子ども達が一人で歩く「子どもの自宅周辺の区間」に、いかに「複数の違う目」があることが重要だと言う。

そうした中、

 1 現在の見守り活動の再配置

 ・「定番」となっている複数の人数で行う見守りポイントを、もっと分散することも 考えるべきでは?

 2 地域の皆さんの自宅の前に「見守りベンチ」の設置

・地域の様々な人の、その「目」が犯罪者を遠ざけることになる。自宅の前にベンチを置き、そこに下校時刻の30分座ってもらうだけでも効果が大きい

f0141310_07061626.jpg

 私自身が見守り活動を行っているわけではないので、偉そうには言えないが、こうした活動ならやりやすいのではと感じた講演だった。


by koike473 | 2018-10-03 07:09 | 防犯・安全 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : https://koike473.exblog.jp/tb/30083010
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 今週末の三連休のイベントと、富... 台風一過で晴れているが、市内で... >>