厳粛な雰囲気の中で看護師を目指す新たな決意 富士市立看護専門学校の「戴帽式」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村


 久しぶりのブログだ。

 パソコンの動きが極端に遅くなり、仕事にならなくなったので週末に買い替えた。

 データの移行に加え、自宅に持ち帰ってからもさまざまな設定に手間取り、ようやく使えるようになった。

 でもこの「サクサク感」は最高だ。

 ところで昨日は、富士市立看護専門学校の「戴帽式」を観覧した。

f0141310_08020313.jpg

 初めての観覧だったが感動した。

f0141310_08023248.jpg

 1年間、校内で基礎教育を受けた2年生が看護師の象徴である「ナースキャップ」を受ける。

f0141310_08024087.jpg
f0141310_08025392.jpg
f0141310_08030050.jpg

 全員で39名だが、4名の男子学生もいる。

f0141310_08030699.jpg

 これからは、中央病院等で臨床実習に参加し、専門教育を受け、3年生で看護師の国家試験を受けるそうだ。

f0141310_08015773.jpg

 ナースキャップを授与された後は、「病める人に寄り添い、道しるべとなるような灯となる」を表す「ろうそく」の灯が授けられる。

f0141310_08014412.jpg
f0141310_08015077.jpg

 元の灯は、近代看護の基礎を築いたナイチンゲールの像から分けられたものだ。

f0141310_08013620.jpg

 同席させていただいた我々議員も、厳粛な雰囲気の中で、改めて看護師の重い使命を実感するとともに、それに向けて決意を新たにした学生諸君に感激した。

f0141310_08031145.jpg

f0141310_08013009.jpg

 あと2年、精一杯勉強して、全員が国家試験に合格し、晴れて正式な看護師となって巣立っていくことを期待したい。


by koike473 | 2018-05-17 08:07 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : https://koike473.exblog.jp/tb/29792803
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 大雨の直前 中央公園で「ばら祭... 自作のスパイスに漬け込んだ豚バ... >>