「これからの社会に必要とされる会社とは?」 鎌倉投信・新井氏の圧倒的な説得力

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村


 23
日(金)は、ふじさんめっせで開催された「富士圏域トップセミナー」に参加した。

「これからの社会に必要とされる会社とは?」 鎌倉投信・新井氏の圧倒的な説得力_f0141310_08225666.jpg

 主催は、静岡県と富士地域の障害を持つ方々の就労を支援する各種機関だ。

 私は、ユニバーサル就労の関係で以前からお世話になり、会社を視察させていただいた㈱アストコの春山社長の講演を聴こうと参加した。

「これからの社会に必要とされる会社とは?」 鎌倉投信・新井氏の圧倒的な説得力_f0141310_08232954.jpg

 春山社長の「障害を持つ皆さんとともに働くことは『最大の社員教育』」は、現場でともに働く方ならではの言葉だった。

「これからの社会に必要とされる会社とは?」 鎌倉投信・新井氏の圧倒的な説得力_f0141310_08231985.jpg
「これからの社会に必要とされる会社とは?」 鎌倉投信・新井氏の圧倒的な説得力_f0141310_08230770.jpg

 さらに驚いたのは、その前に講演された鎌倉投信の新井和宏氏。

「これからの社会に必要とされる会社とは?」 鎌倉投信・新井氏の圧倒的な説得力_f0141310_08240147.jpg

 全国の投資家からお金を集め、優良企業に投資し、その運用で利益を上げるが、「優良企業」の判断基準が「共感・感動を生む会社」。

「これからの社会に必要とされる会社とは?」 鎌倉投信・新井氏の圧倒的な説得力_f0141310_08234102.jpg

 かつて日本や米国の投資会社でモーレツに働いていた頃は、「いかに利益を上げるか」を数字でしか見ていなかったが、それが基で身体を壊したそうだ。

「これからの社会に必要とされる会社とは?」 鎌倉投信・新井氏の圧倒的な説得力_f0141310_08235159.jpg

 その後、日本に戻り2008年に以前の仲間4人で立ち上げたのが「鎌倉投信」。

 いかに「社会に付加価値をもたらすか」、「社会の変化を『自分事』にしているか」等の観点から、

障害者の雇用率が14.6%という発泡トレイのリサイクル大手「エフピコ」等の「優良」企業を紹介された。

 初めて聴いたが、ソフトな語り口だが、その説得力に圧倒された。

 自宅に戻り「鎌倉投信」で検索すると、全く異端の投資会社らしい。

 ちょっと詳しく勉強してみたい。


by koike473 | 2018-02-26 08:29 | ユニバーサル就労 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : https://koike473.exblog.jp/tb/29613840
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< モヤモヤ感が残ったのも事実 「... 同窓会の前に観戦したラグビー「... >>