体調不良によるサラリーマン一人当たりの年間医療費と生産性損失は71万円  「健康経営セミナー」で

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村


 16
日(金)は、富士商工会議所で開かれた「健康経営セミナー」に参加した。

f0141310_07503137.jpg

 主催は富士商工会議所と静岡県。

 基調講演は、東京大学の古井祐司教授。

f0141310_07500822.jpg
f0141310_07495258.jpg
f0141310_07493966.jpg

 「会社の業績は、社員の健康状態で9割決まる」というのが古井先生の結論。

f0141310_07484348.jpg

 経産省と東大の調査によれば、体調不良による医療と生産性損失のコストは、それぞれ社員一人当たり、年間11万円と60万円、合計71万円になるそうだ。

f0141310_07483413.jpg

 講演の後は、市内で健康経営に取り組む2社から報告。

 社員13名で運送業を営む栗田産業さんの報告が良かった。

f0141310_07485120.jpg

 小さい企業だからこそ、役員が「健康づくり担当者」になり、活動を引っ張っている。

f0141310_07490232.jpg

 「できること」に、「即断即決」で「素早く」取り組む。

f0141310_07491284.jpg
f0141310_07492153.jpg
f0141310_07501913.jpg

 話を聞いていて、健康経営は、ユニバーサル就労と「働き方改革」という意味でダブる部分がかなりあると感じた。

 人手不足の中で、それぞれの人が得意とする仕事を分けながら働くことで、時間を有効に使い、働く人の健康を維持し、生産性を上げていく。

 そんな観点からもユニバーサル就労を拡げていければと思う。


by koike473 | 2018-02-20 07:55 | 保健・福祉・医療 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : https://koike473.exblog.jp/tb/29600234
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< アルティメットの弟分 初開催の... 公道を走る駅伝は、各町内の役員... >>