CNF強化樹脂で創り上げるコンセプトカーが見えてきた!? ふじのくにCNFフォーラム

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村


 7
日(水)は、ラ・ホール富士で開かれた「ふじのくにCNFフォーラム」に参加した。

f0141310_07331993.jpg

 一番注目したのは、昨年富士市に研究開発拠点を設けた日本製紙の発表。

f0141310_07353148.jpg
f0141310_07343970.jpg

 CNFは、木材由来の新素材であり、「再生可能な木材資源」を使いこなすことにかけては一番たけているのが製紙業だ。

f0141310_07342799.jpg

f0141310_07341452.jpg

f0141310_07325837.jpg


 日本製紙以外にも、大手の製紙会社がサプライヤーとしてしのぎを削っている。


f0141310_07355692.jpg


 日本製紙は、全国にある工場の中で3ヶ所をCNF開発の拠点としているそうだ。


f0141310_07354525.jpg


 CNFは、透明材料や化粧品等の「高付加価値品」と、自動車部材や建材等の「汎用材料」に2極化していくとのこと。


f0141310_07340319.jpg


 そうした中で、富士工場(吉永)は、汎用材料の「強化樹脂」の開発拠点と位置付けている。


f0141310_07345157.jpg


 自動車関連部材としてのプラスチックや家電、建築資材等への利用が見込まれる。


f0141310_07350489.jpg


 特に自動車の部材には、さまざまな強化樹脂の活用が想定され、それにより軽量化→燃費向上→温暖化対策等に直結することから、環境省も力を入れて取組みを進めている。


f0141310_07333000.jpg

f0141310_07334151.jpg


 数年後?には、可能な部材をCNF強化樹脂で置き換えた「コンセプトカー」を創り上げることを目標にしているとのこと。


f0141310_07330850.jpg


 だが、まだまだ課題が多く、特に樹脂に均一にCNFを塗り込む方法等の確立に時間がかかるようだ。


f0141310_07324889.jpg


 一方、こうした汎用用途に道が拓かれれば、一気に市場規模が広がる。


f0141310_07351985.jpg

f0141310_07335266.jpg


 昨日は、市の30年度予算案が提示され、「(仮称)CNF関連産業推進構想」の策定を含め、CNF関連の予算が目立っている。


 富士市としても、CNFの活用に向けた市内産業の取り組みを牽引・後押ししていかなくては!


by koike473 | 2018-02-09 07:45 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : https://koike473.exblog.jp/tb/29539489
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 将来のUターン期待の星のVR(... 「PDCAに小さなdを入れてみ... >>