平成30年代中頃の完成を目指し工事が進む「新々富士川橋」 議会の建設水道委員会で現場視察

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村


 昨日は、本年度所属する議会の建設水道委員会で、市内の建設工事現場等を視察した。

 今朝の富士ニュースでも紹介されている。

f0141310_08241237.jpg

 しかし午後からあいにくの雨で、新々富士川の現場は、なかなか全景が把握できない。

f0141310_08235296.jpg
f0141310_08231988.jpg
f0141310_08234201.jpg

 橋が架かる場所はここで、その延長は1,400m。

f0141310_08233041.jpg

 昨日の視察場所は、右岸の富士川地区木島に建設中のA2橋台工。

f0141310_08231050.jpg

 橋そのものの工事は、静岡県が施工しており、完成・開通は平成30年代中頃の予定だが、何とか前倒しで進むよう富士市として要望している。

f0141310_08225854.jpg

 また、橋ができても、その受け皿となるアクセス道路の整備は富士市の仕事だ。

f0141310_08240212.jpg

 いろいろ考える視察だったが、その考えはまた後日ということで。


by koike473 | 2018-01-23 08:27 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : https://koike473.exblog.jp/tb/29346587
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 3年連続でインフルに 「同じ石... 働きづらい人に農業を通じて就農... >>