和の不思議な空間 イタリアで「和紙」を漉き作品を創る「秋山信茂展」in「ふじ・紙のアートミュージアム」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村


 ロゼシアターの「ふじ・紙のアートミュージアム」では、6日(土)から「秋山信茂展」が開かれている。

f0141310_07041469.jpg

 7日(日)の成人式の前に観覧した。

f0141310_07034542.jpg

 作品は、全て和紙で創られている。

f0141310_07053573.jpg

 秋山氏(上写真中央)は、東京造形大学卒業後、イタリアに渡り、粘土塑造から始まり、ブロンズ鋳造、石を削る石彫、そして和紙を漉いた彫刻、と多彩な作品を創り出している。

f0141310_07052555.jpg

 和紙は、日本から楮(こうぞ)を取り寄せ、イタリアで自ら漉いているそうだ。

 こちらは部屋すべてを和紙で覆ったインスタレーション。

f0141310_07033616.jpg

 中にいると、和紙が照明を薄く遮り、柔らかな和の感覚だが、イタリアの人はどう感じるだろうか?

f0141310_07035607.jpg

 こちらは、樹脂の中に和紙を埋め込んだ作品。

f0141310_07051309.jpg

 えーっ!と思う組合せと発想?

f0141310_07045474.jpg

 何百年か前に実際に書かれた和紙を埋め込んだ作品。

f0141310_07050433.jpg
f0141310_07043159.jpg

 壁に掛けられた作品。

f0141310_07055734.jpg

 飛び出してくる力強い和紙も。

f0141310_07054783.jpg

 鈴木すみよし県議と3人で記念撮影。

f0141310_07042364.jpg

 48日(日)まで開催しています。

f0141310_07040603.jpg

 是非お出かけを!


by koike473 | 2018-01-11 07:11 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : https://koike473.exblog.jp/tb/29217146
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< ユニバーサル就労議員連盟(議連... 年の初めから情けないが、腰を含... >>