目からウロコ 「超短時間雇用という新しい働き方」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村


 先週の17日(水)は、塩尻市(長野県)に出かけた。

 「超短時間雇用という新しい働き方」というユニバーサル就労につながる講演会への参加だ。

目からウロコ 「超短時間雇用という新しい働き方」_f0141310_07164589.jpg

 昨年夏に会派で視察した㈱しんえこ(松本市)さんからの紹介だ。

 会場は、長野県総合教育センター。

目からウロコ 「超短時間雇用という新しい働き方」_f0141310_07162169.jpg

 100名以上の方が参加した。

目からウロコ 「超短時間雇用という新しい働き方」_f0141310_07162985.jpg

 司会は㈱しんえこの春山社長。

目からウロコ 「超短時間雇用という新しい働き方」_f0141310_07183340.jpg

 講師は、東京大学先端科学技術研究センター准教授の近藤武夫氏。

目からウロコ 「超短時間雇用という新しい働き方」_f0141310_07161245.jpg

 わかりやすい話とともに、「目からウロコ」だった。

目からウロコ 「超短時間雇用という新しい働き方」_f0141310_07165672.jpg

 障害がある方の就労を考えた場合、企業の側からすると法定雇用率2.0%をクリアするためには、障害者手帳を持つ方を週30時間以上雇用すると1名(2030時間では0.5名)とカウントされる。

目からウロコ 「超短時間雇用という新しい働き方」_f0141310_07175127.jpg

 しかし、企業にとっては、いきなり週30時間では負担感を強く感じる場合が多い。

 また障害を持つ方も、初めての就労で週30時間はきつい。

 まして、法定雇用率が適用されない従業員50人未満の企業では、障害を持つ方が働けるケースは非常に少ないのが現状だ。

 そこで近藤先生が提案し、取り組んでいるのが「超短時間雇用」(IDEAモデル)という雇用、就労だ。

目からウロコ 「超短時間雇用という新しい働き方」_f0141310_07154093.jpg

 まずは、企業の一つの係や担当に「これまでやろうと思っていてできなかった仕事を1時間分考えてください」と投げかける。

 名刺の整理(PDF化)、不要になった書類のシュレッター処理等々。

目からウロコ 「超短時間雇用という新しい働き方」_f0141310_07171940.jpg

 そういう仕事なら、初めて働く障害を持つ方も、週1時間でハードルが低く比較的スムースに働き始められる。

 それが徐々に週2時間、4時間、6時間・・・。

 障害を持つ方にとっては自信になるとともに、企業にとっても大きなメリットが生まれるケースが多いという。

 日本の企業では、社員が専門的な仕事から、いわゆる雑務まで様々な仕事をこなさなくてはならない。

目からウロコ 「超短時間雇用という新しい働き方」_f0141310_07192831.jpg

 しかも中小企業ではそれが当然であり、意識されることは少ない。

 だが、この「障害を持つ方の超短時間雇用」…「仕事の切出し」を進めていくと、自社の業務を「構造化」、いわゆる「棚卸」、「分解」することになる。

目からウロコ 「超短時間雇用という新しい働き方」_f0141310_07173265.jpg

 専門職には、より専門の仕事に時間を確保できるようになり、業務の効率化が進み、残業も減る。

 近藤先生の研究室、そしてソフトバンク、川崎市、神戸市で、この取組みが始まり、効果が上がっているそうだ。

目からウロコ 「超短時間雇用という新しい働き方」_f0141310_07252863.jpg
目からウロコ 「超短時間雇用という新しい働き方」_f0141310_07191653.jpg

 ユニバーサル就労推進条例を全国に先駆けて制定した富士市でも、ぜひ取り組んでいければと思う。


by koike473 | 2017-05-24 07:30 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : https://koike473.exblog.jp/tb/27835139
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 来週は、富士市の重要施策「都市... 地元・今泉地区の「いまいづみ幼... >>