富士市の新たな立ち寄り拠点とランドマーク 富士川SAの大観覧車

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 2日(水)は、議会の有志で東名高速の富士川SAに建設中の観覧車を視察した。
富士市の新たな立ち寄り拠点とランドマーク 富士川SAの大観覧車_f0141310_7392948.jpg

 サービスエリアを所有するNEXCO中日本と、観覧車を建設・運営する泉陽興業㈱さんから説明を受けた。
富士市の新たな立ち寄り拠点とランドマーク 富士川SAの大観覧車_f0141310_813248.jpg

富士市の新たな立ち寄り拠点とランドマーク 富士川SAの大観覧車_f0141310_7402416.jpg

 高さ60mの観覧車は近くで見ると巨大だ。
富士市の新たな立ち寄り拠点とランドマーク 富士川SAの大観覧車_f0141310_7404183.jpg

富士市の新たな立ち寄り拠点とランドマーク 富士川SAの大観覧車_f0141310_741272.jpg

 このタイヤが観覧車を回す。
富士市の新たな立ち寄り拠点とランドマーク 富士川SAの大観覧車_f0141310_740506.jpg

 観覧車の魅力として、以下の5点を挙げている。
富士市の新たな立ち寄り拠点とランドマーク 富士川SAの大観覧車_f0141310_741818.jpg

 何と言っても「富士山を間近に感じながらの空中散歩」が一番だ。
 この日は曇っていて残念ながら富士山が見えなかったが。
富士市の新たな立ち寄り拠点とランドマーク 富士川SAの大観覧車_f0141310_7425488.jpg

 1回(1周)12分で、料金は700~800円を考えているとのこと。
富士市の新たな立ち寄り拠点とランドマーク 富士川SAの大観覧車_f0141310_7415250.jpg

 富士市としては、民間企業(NEXCOと泉陽興業)の事業であり、全く予算支出していないが、ゴンドラ内で楽しめるようタブレットへの富士山や市内の画像、さまざまな情報提供で協力している。
富士市の新たな立ち寄り拠点とランドマーク 富士川SAの大観覧車_f0141310_742863.jpg

 この観覧車の開業は来年春だが、より多くの人が隣接する富士川楽座に立ち寄り、さらに市内を回遊していただくことを期待したい。
富士市の新たな立ち寄り拠点とランドマーク 富士川SAの大観覧車_f0141310_832018.jpg

 また建設工事の下請け企業として、しっかり市内の企業さんが参加しているのもうれしかった。
富士市の新たな立ち寄り拠点とランドマーク 富士川SAの大観覧車_f0141310_7431378.jpg

富士市の新たな立ち寄り拠点とランドマーク 富士川SAの大観覧車_f0141310_7432378.jpg

 市外からの投資が、市内にどんどん循環することも併せて期待したい。

by koike473 | 2016-11-04 07:45 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : https://koike473.exblog.jp/tb/26720273
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 市内初の「太閤検地帖」が発見!... 富士市制50周年記念日にオープ... >>