美しい桜並木と一橋大学がシンボル 学園都市・国立

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 台風の接近に伴い、これから雨、風が強くなりそうだ。
 各種警報も出ている。

 被害がないことを願うばかりだ。

 今日は、先日参加した東京での研修会場・一橋大学(国立市)の紹介。

 国立は、国分寺と立川の間に、新たに駅を設け、西武鉄道の創始者・堤康次郎が開発した学園都市だ。
f0141310_825345.jpg

 南口から「大学通り」と呼ばれる広い道路が伸びる。
f0141310_831334.jpg

 桜並木が続く。

 大学の敷地も一部活用した形?の自転車駐輪場。
f0141310_83259.jpg

 そして一橋大学正門。
f0141310_833476.jpg

 と言っても、大学通りを挟み、東西に敷地が分かれており、研修会場は東地区のマーキュリータワー。
f0141310_834931.jpg

f0141310_84632.jpg

 関東大震災で壊滅した千代田区一ツ橋にあった旧大学が、ここに移転したそうだ。
f0141310_841496.jpg

 研修の開会。
f0141310_844637.jpg

 上原君子・元国立市長が「景観」をテーマに裁判が今も続く明和マンション。
f0141310_85293.jpg

f0141310_851670.jpg

 研修の内容は、また後日ということで。

by koike473 | 2016-08-22 08:05 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : https://koike473.exblog.jp/tb/25663860
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 田宿川の井出緑地がサッパリしました! 9月議会、そして今後の富士市の... >>