知らなかった!四国三大祭りの「新居浜太鼓祭り」と、山車を展示する「太鼓台ミュージアム」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 今日は、先日視察で出かけた新居浜市(愛媛県)の「あかがねミュージアム」の話。

 新居浜市は「別子銅山」のまちでもある。
 JR新居浜駅前では区画整理が進み、駅を降りて右手には昨年オープンした新居浜市総合文化施設・美術館の「あかがねミュージアム」が建っている。
f0141310_813277.jpg

 「あかがね」とは市の発展の原点となった別子銅山の「銅」にちなみ、外壁を銅板で葺いた独創的な建物だ。
 本来、視察予定はなかったが、早めに駅に着いたので見学した。
f0141310_813138.jpg

 銅板の外壁は、10年ほどすると「緑青色」に変わるそうだ。

 中に入ると驚いた。
f0141310_8133045.jpg

 多目的ホール等に加え、山車を展示する「太鼓台ミュージアム」が中にある。
f0141310_813496.jpg

 説明を伺うと、この山車=太鼓台は、市内52地区がそれぞれ所有し、3カ月ごとに各地区入替えで展示しているそうだ。
f0141310_814102.jpg

f0141310_8154797.jpg

f0141310_816533.jpg

 更に毎年10月に、この太鼓台を繰出す「新居浜太鼓祭り」が開かれる。
f0141310_8151426.jpg

 全く知らなかったが、この太鼓祭りは、有名な「阿波踊り」(徳島市)、「よさこい祭り」(高知市)と並ぶ「四国三大祭り」の一つだそうだ。
f0141310_8152655.jpg

 スクリーンで紹介される祭り(動画)は、ダイナミックかつ絢爛豪華で、別名「男祭り」と呼ばれるそうだ。
f0141310_8161232.jpg

f0141310_816264.jpg

f0141310_8163646.jpg

 奥の四角い扉から3カ月交替で入替え展示を行う。
f0141310_8182852.jpg

 外からの出入り口。
f0141310_8183711.jpg


 吉原地区でも、祇園祭の山車等を展示する会館整備の提案を伺う。

 全国各地の「山車会館」について調べてみようと思う。

by koike473 | 2016-02-05 08:22 | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : https://koike473.exblog.jp/tb/24929114
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 通りすがりの者 at 2016-02-08 14:53 x
「吉原地区でも、祇園祭の山車等を展示する会館整備の提案」

山車を維持してお祭りを開催するだけでも大変だと思います。
「山車等を展示する会館整備の提案」とは、吉原の人はずいぶん経済的余裕があるんですね?
Commented by koike473 at 2016-02-13 07:55
通りすがりの者様

いろいろな考え方・提案があってもいいと思います。
ただ、それが吉原にとって、富士市全体にとって「費用対効果」の視点から妥当なのかどうか、しっかりした裏付けを持った判断をしていくことが必要だと思います。

<< インフルエンザに罹りました 吉原市民ひろばに民活で「マンシ... >>