今年の最初は「富士高ハンドボール部 創部70周年記念祝賀会」から

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 少し、いや随分遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます。

 私は、暮れから正月にかけて、例年のあいさつ回り等に加え、「吉原高校避難所開設・運営マニュアル」の検証・改訂作業に追いまくられている。

 今年最初のブログは、これも例年通り「ハンドボール」の話。
今年の最初は「富士高ハンドボール部 創部70周年記念祝賀会」から_f0141310_81236.jpg

 3日の午前中は、市立体育館で大学生を中心にした若いOB・OGと高校生の練習試合が続く。
今年の最初は「富士高ハンドボール部 創部70周年記念祝賀会」から_f0141310_814068.jpg

今年の最初は「富士高ハンドボール部 創部70周年記念祝賀会」から_f0141310_815279.jpg

今年の最初は「富士高ハンドボール部 創部70周年記念祝賀会」から_f0141310_82424.jpg

 そして今年は、午後からハンドボール部創部70周年記念祝賀会も開かれた。
今年の最初は「富士高ハンドボール部 創部70周年記念祝賀会」から_f0141310_822638.jpg

 男女合わせて70名のOB・OG、そして35名の現役高校生部員も出席。
今年の最初は「富士高ハンドボール部 創部70周年記念祝賀会」から_f0141310_823968.jpg

 OB会長をおおせつかっている私は「ほとんどのOB・OGがハンドボールに集中したのはわずか2年と少し。その後のOB会での社会人としてのつながりが重要。同じハンドボール部在籍をきっかけに交流を深めるとともに、現役高校生を応援・支援していきましょう」とあいさつした。

 高校生のキャプテンからは「今週末から始める新人戦県大会で優勝を目指します」と力強い宣言。
今年の最初は「富士高ハンドボール部 創部70周年記念祝賀会」から_f0141310_825317.jpg

 祝賀会では、年代別にOB・OGが、高校生当時のエピソードを交えながらあいさつ。
 創部20周年を迎えた女子の1期生。
今年の最初は「富士高ハンドボール部 創部70周年記念祝賀会」から_f0141310_83579.jpg

 この日出席いただいた年配OBの皆様。
今年の最初は「富士高ハンドボール部 創部70周年記念祝賀会」から_f0141310_831832.jpg

 一番年配のこの方は、千葉県議会議員の川名先輩。
今年の最初は「富士高ハンドボール部 創部70周年記念祝賀会」から_f0141310_832723.jpg

 君津市から出席いただき、ありがとうございました。
今年の最初は「富士高ハンドボール部 創部70周年記念祝賀会」から_f0141310_833715.jpg

 記念撮影。
今年の最初は「富士高ハンドボール部 創部70周年記念祝賀会」から_f0141310_834877.jpg

 80周年、そして100周年を目指し、OB・OGの輪が拡がるとともに、富士高ハンドボール部の応援・支援を続けていきたい。

by koike473 | 2016-01-06 08:06 | ハンドボール | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : https://koike473.exblog.jp/tb/24837967
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ふくろう at 2016-01-07 01:08 x
謹賀新年。
明けましておめでとうございます。

私は、1970年2月生まれで、現在、失業中で求職中です。

普段800円の、大阪市営地下鉄と市バスの1日券が、土日祝だけ 600円ですので、土曜日は、うつ病予防に、出掛けます。

兵庫県議の小池啓納さんの、一般の失業者より、刑務所を出た人の仕事を一番に考えるべきとの発言は、納得できず、大反対です。

高校を卒業した18歳から、定年の年齢よりも上のかたまで、求職者の全員が、就職できる日本を、期待しています。

本年も、議会でも、格差是正・雇用拡大を、提案して下さい。

本年もよろしくお願い致します。
Commented by koike473 at 2016-01-14 08:10
ふくろう様

明けましておめでとうございます。
返信が大変遅くなり申し訳ありません。

「規則正しく働ける」ことが、全ての人の生活の基本だと思います。

私もがんばりますので、ふくろうさんも是非前向きに取り組んでください。

<< 16日(土)はラ・ホール富士で... 最後まで富士山は顔を出さず残念... >>