雨に濡れて重くなった草は「腰」に響く 今年最初の小潤井川の草刈り

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 16日(土)は、午後から今年最初の小潤井川の草刈りを行った。
雨に濡れて重くなった草は「腰」に響く 今年最初の小潤井川の草刈り_f0141310_735157.jpg

 昨年、私が生まれ育った津田・荒田島地区(吉原)の有志の皆さんが「小潤井川 友の会」を立ち上げ、4回の草刈り作業を行った。
 最後が12月11日だったので、ちょうど半年ぶりの作業だ。
 半年で1m以上に伸びている。
雨に濡れて重くなった草は「腰」に響く 今年最初の小潤井川の草刈り_f0141310_735165.jpg

 雨で参加者も予定の半数だ。
 それでも「やってしまおう!」と作業開始。
雨に濡れて重くなった草は「腰」に響く 今年最初の小潤井川の草刈り_f0141310_7354125.jpg

 カッパを着て「サウナ状態」の中、2時間半、しっかり作業した。
雨に濡れて重くなった草は「腰」に響く 今年最初の小潤井川の草刈り_f0141310_736334.jpg

 雨に濡れて倒れた草は、思った以上に重く「腰に響く」。

 目標だったエリアの最後の一山。
雨に濡れて重くなった草は「腰」に響く 今年最初の小潤井川の草刈り_f0141310_7362067.jpg

 3人で攻める。
雨に濡れて重くなった草は「腰」に響く 今年最初の小潤井川の草刈り_f0141310_7363265.jpg

 きれいに刈り取った。
雨に濡れて重くなった草は「腰」に響く 今年最初の小潤井川の草刈り_f0141310_7364413.jpg

 水辺もこの通り。
雨に濡れて重くなった草は「腰」に響く 今年最初の小潤井川の草刈り_f0141310_7365826.jpg

 市から借用した刈り払い機は、「名誉の故障?」。作業の振動で?燃料タンクのネジが取れ、はずれてしまった。
雨に濡れて重くなった草は「腰」に響く 今年最初の小潤井川の草刈り_f0141310_7371011.jpg

 ビフォー・アフター。
雨に濡れて重くなった草は「腰」に響く 今年最初の小潤井川の草刈り_f0141310_737271.jpg
雨に濡れて重くなった草は「腰」に響く 今年最初の小潤井川の草刈り_f0141310_7373961.jpg

 こっちは下流側。
雨に濡れて重くなった草は「腰」に響く 今年最初の小潤井川の草刈り_f0141310_7375899.jpg
雨に濡れて重くなった草は「腰」に響く 今年最初の小潤井川の草刈り_f0141310_7384100.jpg

 本当は、刈った草を川の上(道路)まで上げて処理したいが、人数も足りないが、そのための斜路もない。
 今年は「友の会」2年目だ。
 河川を管理する県と「リバーフレンドシップ協定」を結び、水辺に親しむとともに、周辺の方々が安全に清掃作業ができるような環境整備に向けた提案もしていきたい。

 参加された皆さん、本当におつかれさまでした!
雨に濡れて重くなった草は「腰」に響く 今年最初の小潤井川の草刈り_f0141310_7382659.jpg

by koike473 | 2012-06-19 07:42 | 津田・荒田島 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : https://koike473.exblog.jp/tb/17670888
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 暑さ、寒さを自然のチカラで少し... 期待が大きい「マイクロ水力発電... >>