慶応大学ラグビー部夏合宿

 11日の山梨行きの最大の目的は、慶応大学ラグビー部の夏合宿を見学することだった。
f0141310_0172216.jpg

 私は学生時代、「ラグビー観戦」にのめり込み、学生ラグビーを中心に秋から冬にかけては、毎週と言ってもいいほど、秩父宮ラグビー場や国立競技場に通った。

 その頃、関東では本城(早稲田)、関西では平尾(同志社)というスター選手が現われ(その上、この2人はルックスも良かった)、現在のサッカーとまでは言わないが、当時のサッカーなど足元にも及ばないほどラグビーの人気は高かった。
 特に関東では、その戦法の違いから「横の早稲田、縦の明治」と言われる早明戦は、毎年国立競技場が満員となる6万人以上の観客を集め、チケットは抽選でなければ買えなかった。
 私はそんな中で、慶応大学のファンだった。早稲田や明治は、高校時代に全国大会で活躍した選手をスカウトし、早稲田は快速の「黄金のバックス」、明治は力づくで押し込む「前へ!のフォワード」が特徴で、有力な選手がゴロゴロいた。
 それに引き換え慶応は、全国大会に出場した選手はほとんどおらず、素人目にも早明に劣っているのは明らかだった。特に、華麗なハンドリングや走力が求められるバックスは素質がものを言うようで、慶応はどの試合を見に行っても、ボールをポロポロ落としてばかりいた。
 しかし、タックルやスクラムは、練習を積み、相手に負けない気迫で臨めば何とか勝負になるとの考えで、フォワード中心のしつこいディフェンスのラグビーが特徴だった。
 バックスには球はほとんど回さず、フォワードが相手ディフェンスにねじ込むように当たっていくスタイルは「片肺飛行」と揶揄されもしたが、気迫を前面にしたラグビーは「魂のラグビー」と呼ばれていた。
 私が学生の間は、全国でも関東でも優勝できなかったが、ロースコアで、最後まで目が離せないナイスファイトのゲームを見せるチームだった。
f0141310_01533100.jpg

昭和59年の早慶戦のチケット。社会人になっており、チケットは買えたものの、仕事で観戦に行けなかったが、この年、関東大学対抗戦グループで慶応は全勝優勝した。しかし全国大学選手権では準決勝で、同志社に「幻のスローフォワード」と語り継がれる2点差(?)で負けた。しかし、翌年、大学選手権を制し、更に社会人NO1のトヨタ自工を破り、日本一に上り詰めた。

 話が長くなったが、そんな素人集団を徹底的に鍛えるのが、「地獄の山中湖」と呼ばれる夏の合宿だ。
 ラグビー部のHPには、「今年の合宿は、『地獄』が復活し、怒鳴り声と泣き声が夜も聞こえてくる」というファンの書き込みもあった。
 しかし、私が行った時間には、「地獄」など無縁の(と言っても甘い訳ではない)、素人の私が見ても極めて効率的で、集中力を切らさないよう工夫されたプログラムの練習をしていた。
f0141310_062193.jpg
f0141310_063019.jpg
f0141310_063873.jpg

 今年の慶応のバックスは、「大学一」と評判が高い。カラダが大きく、能力が高い選手が多い。9月から始まる公式戦が楽しみだ。

# by koike473 | 2007-08-18 00:18 | ラグビー他スポーツ | Trackback | Comments(0)  

わきみず寺 灯籠流し

 今日(16日)は夕方から、妻の実家である法雲寺(まちの駅「わきみず寺」)に出かけた。お盆の最後の行事である「灯籠流し」が行われた。
f0141310_0152822.jpg
f0141310_0154279.jpg

 日中は、多治見と熊谷で日本新記録の40.9℃にもなる猛暑だったが、今泉では陽が落ちる頃には雨がパラパラと降り、幾分涼んだような気もした。
 藤田住職(まちの駅の駅長)の読経の中、境内から湧き出す「わきみず」が流れる水路に、檀家の皆さんがそれぞれ灯籠を流す。境内の中だけなので延長70~80m程度だが、先祖の霊に祈りつつ灯籠を流す風景は、日本の夏そのものだ。
f0141310_016839.jpg
f0141310_0161563.jpg

 ところでこの灯籠、ロウソク以外は全て紙でできており、富士市内(の紙加工会社)で生産されているそうだ。こんな風情いっぱいの紙製品を、それこそ「富士ブランド」としてPRしていきたいものだ。
f0141310_0162842.jpg

 また今後は、すぐ近くを流れる田宿川でも、こんな灯籠流しができれば、水辺が一層引き立ち、先祖の供養をしながら、清流を改めて感じることにつながると思う。

 清流と言えば、その水源は富士山の湧き水だが、灯籠流しが始まる前、一口水を飲もうと「湧き水コーナー」に行くと、ペットボトルに水を詰めている家族がいた。
f0141310_0164426.jpg

 話している言葉がなんとなく関西弁なので「どちらからおいでですか?」と聞くと、「奈良から来ました」と言う。「去年の夏休みにたまたま御殿場のホテルに泊まったら、ホテルでこの『わきみず寺』を教えてもらい寄ってもらって帰ったところ、とてもおいしかったので、今年も帰りにこちらに寄らせてもらいました」とのこと。静岡に親戚や知人がいるわけでもなく、たまたまホテルで紹介されたそうだ。
 じわじわと富士山の湧き水と「わきみず寺」が売れていくことはうれしいが、肝心の「まちの駅」について説明することを忘れた!失敗した!

# by koike473 | 2007-08-17 00:23 | 季節・四季・日常 | Trackback | Comments(0)  

戦没者追悼式

 今日は終戦記念日。ロゼシアターの中ホールで開催された「富士市戦没者追悼式」に出席した。
f0141310_23272553.jpg

 11:50に開会し、東京・武道館で開かれている「全国戦没者追悼式」の実況放送で安倍首相の式辞などを聴きながら式は進んだ。
f0141310_23275766.jpg

 行政、議員以外の出席者は、遺族会の皆さんが大半だ。
 戦争を体験していない私は、「遺族会」と聞くと、戦争より、昭和46年に岩手県雫石で起きた全日空機の墜落事故を思い出す。やはり夏の暑い日、富士市の遺族会の皆さんが100人以上飛行機に乗っていて死亡した。私は叔父や叔母など、親戚5人が亡くなった。中学1年生の出来事だったが、市営野球場(現在のJA本店)で行われた合同慰霊祭で、並んでいたたくさんの遺影と、多くの人が泣いていた姿は忘れられない。
 こんなことを考えながら、自分を含め、「戦争の悲惨さと平和の大事さ」を「体感」している人がどんどん少なくなっていることを改めて感じた。
 私は昭和33年生まれだが、子供の頃戦争中だった父や母、あるいは軍隊に行った祖父や義父(妻の父)など、直接戦争を経験した人たちから話を聞いているので、おぼろげながらでもイメージできる。
 しかし、これからは私達の子供、孫の世代となるとどこまで伝えられるか?遺族会の皆さんも高齢化するばかりだ。

 そんなことを思いながら追悼式を終え、帰りに1階で開かれていた「2007 平和のための富士戦争展」に入った。
f0141310_232896.jpg

 沖縄戦や長崎・広島の原爆、宮下地区(富士市)に造られた飛行場の資料や写真、証言記録などが展示されていた。読むとあまりのむごさに息が止まる。
 会場では、かつて戦争に行ったお年寄りらしき方々が入場者に、その悲惨さを語り説明されていた。また、多くの高校生がボランティアで受付や会場説明などを行っていた。
 追悼式で感じた懸念は少しやわらいだが、重い気持ちと、自分はどうしたらいいのだろう?という解決策が見つからない不安いっぱいでロゼを出た。

# by koike473 | 2007-08-15 23:33 | 市内外のイベント・行事 | Trackback | Comments(0)  

まちの駅「文化の始発駅」

 12日の午後は、まちの駅「洋菓子の駅」の後、まちの駅「文化の始発駅」(ロゼシアター)に向かった。
 ロゼシアターが「まちの駅」になっているのを知らない人も多いが、「文化・芸術との出逢いの空間」をコンセプトにした、建物だけでなく、その役割も立派に果たそうとする富士市の「文化の始発駅」を目指している。
f0141310_2051755.jpg

 10日から12日まで、1階のロビーで「トレイン・フェスタ/鉄道模型」が開かれていた。その最終日、そろそろ片付けが始まる時間にあわてて飛び込んだが、会場は、まだまだ大盛況だった。
 
f0141310_20512770.jpg

 ロゼも「まちの駅」だが、このトレイン・フェスタの運営メンバーとして、鉄道マニアでもあるまちの駅「憩いの茶の間」(お茶の山大園)の駅長・渡辺さんが関わっている。
 「Nゲージ」などの鉄道模型には、子供たちがかぶりつきで群がっている。どの模型も精巧にできていて、子供たちは、列車の中の客席まで見ようと目を凝らしている。
f0141310_2051396.jpg

 会場には、富士市が導入を目指しているDMV(デュアル・モード・ヴィーグル)の説明ボードも展示されていた。
 この子供たちが成人する頃には、街中をDMVが走り、ロゼシアターには市内どこからでも、バスやDMVなどの公共交通機関か、自転車で安全に来れるようにしなければ。

# by koike473 | 2007-08-14 20:54 | まちの駅 | Trackback | Comments(0)  

まちの駅「洋菓子の駅」

 12日は、午前中ジュニアゲートボール大会に出かけ、午後は2つの「まちの駅」に出かけた。
最初は「洋菓子の駅」(洋菓子の家MIMI‐本店)だ。
f0141310_23395845.jpg

 この日は、「極上手もみ茶&洋菓子のコラボレーション」と題し、店内のまちの駅コーナーでお茶の手もみ実演会が開かれた。
f0141310_23401596.jpg

 市内中里で茶園「山平園」を営む平柳さんが極上の茶葉をもみ、「まちの駅」の駅長であり、日本茶インストラクターでもある牧田さんが、お茶を入れ、MIMI‐さんの本日限りのおいしいお菓子とともにいただくという豪華なコラボレーションだ。
 10:00から手もみを始め、私が伺った13:00頃は、まだ途中段階で、見た目にはお茶は「海草」のようだ。しかし、コーナー一杯にお茶のいい香りが漂っており、ワクワクする。
f0141310_23403834.jpg
f0141310_23404730.jpg

 牧田さんのご配慮で、事前にそろえていただいた「極上茶」(100gで数万円)3煎とケーキをいただいた。
 1煎目は、甘くお茶の濃いうま味が口中に広がる。家では決して飲めないお茶だ。2煎目、3煎目は、苦味、渋味も楽しめる。その後は、出がらしの茶葉と塩コンブを混ぜ合わせた「お茶うけ」を食べる。これがまたうまい。あったかいご飯に乗せて食べたらいくらでも、という感じだ。
f0141310_2341559.jpg

極上茶の1煎目

 そして、この極上のお茶を飲みながら、牧田さんのお父さんが、前の晩遅くまで考え抜いてつくったケーキをいただいた。クリーム状のケーキを薄くスライスしたモモで覆い、更にムースソースにからめていただく。ソースをからめるので、持ち帰りはできない作品だそうだ。

 私は、次の予定もあったのでバタバタといただいたが、極上のお茶とケーキで、極上の時間を過ごした。
 牧田さんの広いネットワークあってのことだが、「まちの駅」ならではの、業種を越えた楽しく新しい可能性を見せてくれる取り組みだ。

# by koike473 | 2007-08-13 23:42 | まちの駅 | Trackback | Comments(0)