技能五輪国際大会

 先週の土曜日(17日)は、午後から沼津で開かれている「技能五輪」に出かけた。
f0141310_23204019.jpg

 自分としては、2つの見所に注目した。
f0141310_2316467.jpg

沼津市HPより

 一つは会場全体だ。沼津市の北東端の門池という農業用のため池の北側に位置している「三明寺」という場所だ。三明寺は、門池の北側にある禅宗のお寺の名前からついた地名だと思う。
 平成になったばかりの頃、私は最初勤務した会社で、この三明寺エリアの工業団地としての開発可能性調査に携わったことがあった。
 回りには、県沼津工業技術センターや沼津高専がある。東名のICや国道246号もすぐ近くだ。隣接して市街地と連絡する都市計画道路も計画がある。
 門池周辺の林を背景に、ひな壇型の造成をすれば、とても環境の良い工業団地、と言うより周辺施設と連携した「頭脳公園」をイメージして調査を行った。
 しかし大きな課題があった。縄文時代の遺跡がとてもたくさん埋まっている場所だった。そのため、発掘調査に何年かかるのか予想もつかず、その後、工業団地の話は立ち消えになってしまった。
 そんな「三明寺」がどうなったのかを見るのが楽しみだった。
f0141310_2326182.jpg



 それともう一つは、「造園競技」を見ることだった。
 与えられた図面とイメージスケッチを基に、参加15カ国が同じ材料を使い、4日間で庭を造り上げる競技だ。
f0141310_23173077.jpg

造園競技の会場
f0141310_2318178.jpg

課題として出された庭園のイメージスケッチ

 私は、この「造園競技」会場に3時間ほどいた。石を割って積んだり、敷き並べたりするのは、国によって感性が異なり、とても興味深かった。
f0141310_23181957.jpg

大小の石をうまく散りばめたフランスの石積み
f0141310_23184755.jpg

精密機械のように緻密に積み上げたスイス。ドイツも同じような感じだった
f0141310_23191116.jpg

表情(こぶの出方)が違う石を組み合わせた日本の石積み

 自分にも、それなりの土地とお金と時間があれば、改めて造園の勉強をして、自分の庭を造りたいな~。

f0141310_23193428.jpg
f0141310_23194729.jpg

 それにしても、選手はもちろん、多くの外国の人たちが訪れているのには驚いた。そして選手の動きを真剣な眼差しで見つめる専門学校生や工業高校生などの若者の姿にも驚いた。
 ものづくりを担う若者が世界中に大勢いることに何だかホットした。

 昨日(18日)でこの技能五輪も終了した。会場の建物は全て仮設だったので、間もなく撤去されるだろう。
 今後、この跡地と、この技能五輪で結集したさまざまなボランティアなどの市民の盛り上がりを、沼津市がどう活かしていくか注目だ。

# by koike473 | 2007-11-19 23:35 | 視察・研修・勉強会 | Trackback | Comments(0)  

田子の浦港のしゅんせつ土のセメント固化試験

 昨日(17日)の午前中、元吉原の鈴川海岸で、田子の浦港のしゅんせつ土をセメント固化する公開の試験工事が行われた。主催は、港を管理する県田子の浦港管理事務所だ。
f0141310_227662.jpg
f0141310_2271515.jpg

試験工事会場に集まった地元等の皆さん


 少し背景的な話をすると以下の通りだ。

 田子の浦港には、潤井川、沼川という大きな2本の川が流れ込んでいる。
 潤井川は富士山の大沢崩れ、沼川は富士山より古い時代にできた愛鷹山から崩れたり、流れ出る土砂を運び出している。そしてそれがもともと2本の川の河口部を内陸側に掘り込む形で造った田子の浦港に込んでいる。
 このため田子の浦港は、永久に常に土砂をしゅんせつしなければならない港である。
 また近年は、工業都市として各種産業を支える上では、より大型の貨物船が接岸できるように-12mの水深が確保された岸壁が求められている。そのためにも港内土砂のしゅんせつが急務となっている。

 一方、港の東側の鈴川海岸は、
  ・田子の浦港ができたこと等により、富士川からの砂の供給が少なくなり、砂浜が削られほとんどない
  ・現在、砂を埋立ててできた砂山公園があるが、大地震の際には液状化が予想され、堤防を含めた安全対策が懸念されている
ことから、田子の浦港のしゅんせつ土を
  ・砂利や砂は、鈴川海岸の養浜に使う
  ・シルト(粒子が細かな粘土分)は、砂山公園の下に埋められた砂と入れ替え、更に海側にまで埋立て幅を広げ、セメントで固化し、コンクリート堤防と一体となった土の堤防を築き、防災対策に寄与する
  ・更に、広い堤防の上は、公園として整備する
ということを県、市は考えている。
 また、地元である元吉原地区連合町内会も、この埋立て、堤防補強、公園整備を要望してきた。
f0141310_227401.jpg

現在の砂山公園

 だが一つ、大きな課題がある。田子の浦港内の土砂にダイオキシンが含まれていることだ。これは、これまでの富士市の作業活動の結果溜まったものと推察されている。

 これに対し、ダイオキシンによる地域への影響を心配する地元の方々7名が発起人となり、地元の一部の方々1,800名以上の署名を添えて、「しゅんせつ土の埋立て工事反対」の要望書を、11月2日に市、市議会に提出した。

 こんな流れの中での昨日のセメント固化試験だった。
 ・ダイオキシンは、シルト分に吸着されており、水に溶けない性質のため、シルト分をセメントで固化することにより、永久に埋立地内に封じ込める。
 ・埋立てに使用する土砂は、ダイオキシンの濃度が、環境基準以下の土砂のみをしゅんせつし埋立てる。
等の説明の後、試験工事が行われた。
f0141310_228186.jpg
f0141310_2282525.jpg

右が水分を含んだシルト。左が水分を絞ったシルト

f0141310_2283153.jpg

シルトとセメントを混ぜたものの撒き出し作業

f0141310_2284320.jpg

締め固め作業

f0141310_2285222.jpg

締め固めたシルト。セメントが固まるには1~4週間かかるので、すぐに工事の結果はわからない

 私は、
  ・ダイオキシンの濃度が低い上、セメント固化により、周囲に飛んだり、漏れ出す危険性はとても低い
  ・埋立て予定地は海岸沿いであり、水源地帯の上ではない
 ・埋立てにより、高波等の災害に対する安全性が高まる
などの理由から、できればしゅんせつ土は入れたくないが、このようなしっかりした処理のもとでの埋立てには賛成だ。

 しかし私も、説明を聞いている限りでは、「なぜシルトだけに吸着するのか」、「水の中に溶けなくとも、漂うことはないのか」よくわからなかった。
 ダイオキシンの性質と、それに対応した一連の固化作業工程(上記下線部)について、もう少し、わかりやすく、ていねいな説明が必要だと思った。
f0141310_229919.jpg

同じような工法で造成された、港の西側の田子浦地区に位置する「富士緑地」(写真中央のコンクリートブロックで囲まれた高台部分)

# by koike473 | 2007-11-18 22:19 | 環境 | Trackback | Comments(0)  

津田・荒田島地区まちづくり井戸端会議

 昨日の晩は、私の後援会が主催する「津田・荒田島地区 第1回まちづくり井戸端会議」があった。
 津田・荒田島地区は、吉原地区の南側にあり、私が生まれ、36歳まで住んでいた地区だ。
 市議会議員になる前から、「津田・荒田島地区のこれからを皆さんといっしょに考え、取り組んでいきたい」と話してきた。
 子供の頃からいっしょに遊び、育った地区の同級生が中心になり、近所の皆さんに声をかけたり、当日もいろいろな役をやってくれた。
f0141310_0461162.jpg

f0141310_0483912.jpg

 井戸端会議の進め方は、いわゆる「ワークショップ」だ。
 津田、荒田島1丁目、2丁目の町内別に10名位ずつまとまってもらい意見交換を行う。司会者は、それぞれの町内に住んでいる同級生だ。
 意見交換は、
  ・町内の大きな地図を見ながら、一人ひとりが困っていること、改善してほしいことなどを順番に発言してもらう。
  ・司会者は、その場所を地図に書き込んだり、大きな付箋にメモ書きしていく
  ・最終的に、町内として課題や改善したいことの優先順位をつけてまとめる
という順序で進めた。
f0141310_0532723.jpg

f0141310_0562620.jpg
f0141310_0563430.jpg

 私は、3つの町内の意見交換の様子を少しずつ聞いて回った。

 各町内別に1時間ほど検討してもらった後、再び広間に集まっていただき、全員の前で町内別の意見を発表した。
f0141310_0572222.jpg

f0141310_0473438.jpg
f0141310_0474260.jpg

  ・町名と住居表示の整理が必要(似通った表示、飛び地(伝法、依田原地番)の表示が多く、郵便物、商品配達に支障がある)
  ・水路の改修と溝ふた整備(泥が大量にたまり、草が茂る)
  ・街路樹の適正な管理(木に付いた害虫が農作物に被害、信号が見にくいなど)
  ・小潤井川の安全確保(川の中の洲に大きな木が茂り危険、ゴミが多いなど)
などが、複数の町内から上がった意見だった。

 昨晩は第1回目だったが、地区としての課題は大づかみで把握できたと思う。
f0141310_04872.jpg

 これらは、行政がやらなければできないこともあるし、地元の皆さんで工夫して改善できることもあるだろう。
 市や県に要望すること、地元の皆さんに再度投げかけること等、私の方で一旦整理したら第2回目だ!

 それにしても、夕べの終わった後のみんなで飲んだビールはうまかった。同級生のみんな、お疲れさんでした。

# by koike473 | 2007-11-17 00:57 | 津田・荒田島 | Trackback | Comments(2)  

11月議会が始まりました!

 昨日から11月議会が始まった。会期は12月7日までだ。
 この議会の特徴は、一般会計・特別会計の「決算審査」があることだ。
f0141310_275817.jpg

岳南朝日 11月15日

f0141310_282026.jpg

 9月議会では、企業会計(=水道、中央病院)の決算審査があったが、一般会計・特別会計の方が、対象となる項目や金額が多い。
 議員は、「企業会計」(9月)か「一般会計・特別会計」(11月)のどちらかを審査する決算特別委員会に所属することになる。私の所属は、今回の「一般会計・特別会計特別委員会」だ。
 昨日の初日は、市当局から議案説明がなされ、いくつかの質疑はあったが、細かな審査は、19日(月)~21日(水)の3日間で開かれる「一般会計・特別会計決算特別委員会」で行われることとなった。

 そして今日は、それに備えた会派の勉強会があった。
 予算は、一般会計・特別会計の合計で約1,300億円になる。
 この予算に対して、歳入(税金や国・県からの補助金など市に入ってきたお金)がどれだけあり、歳出(市が行う公共サービスに使われたお金)が効果的かつ適切に行われたかを、項目ごとにチェックしていった。
f0141310_283451.jpg

f0141310_292731.jpg


 とにかくボリュームがあり、不勉強な分野は、どのような内容の事業が行われたのか、事業名と金額だけではわからない。
 また、人件費などは、別の事業費にまぎれこんでいると思われるような事業もある。
 まずは、自分がこれまで一般質問したり、勉強してきた分野(環境、都市計画など)、関係する地区(今泉、吉原など)で行われた事業とその成果を中心に、改めて事前勉強していこうと思っている。

# by koike473 | 2007-11-16 02:10 | 富士市議会 | Trackback | Comments(0)  

もうじきオープン!イオン富士南ショッピングセンター

 月曜日(12日)に、久しぶりに国一バイパスを通り、イオン富士南店の様子を見てきた。
f0141310_0401462.jpg

f0141310_0443768.jpg

田子浦地区側からの進入路
f0141310_041011.jpg

 ちまたの情報では、11月28日(水)オープンらしいが?
 建物や駐車場、植栽などの工事はほぼ終了し、進入路のマーキング(ライン引き)など、最後の仕上げ工事をやっていた。
f0141310_0403629.jpg

 国一バイパスを通る車中からは、イオン、マックスバリューなどの看板や、市内では初登場(東名富士川サービスエリア=富士川楽座にはある)のスターバックスが良く目立つ。
f0141310_0404757.jpg

 工事作業の人に混じって、スーツ姿のグループが何組かいた。引渡しを受けるイオン側の人か、出店するテナント関係者の人だろう。

 改めて「デカイ」。
 その上、この日初めて知ったことがある。
 これまで、市民にはほとんど縁がなかったと言うか、入ることがなかった旭化成の出入り口(国一バイパスを沼津から富士市方面に向かい、高架部分が田子の浦港を過ぎたところで終了し、平面交差になる初めての交差点の左側)に、しっかりショッピングセンターの出入り口としてゲートができている。
f0141310_0411470.jpg

f0141310_0432166.jpg

 またこの交差点に向かい北側から通じる道路は、舗装の打ち替えの最中だ。
 まるで、このゲートと道路が、吉原の人たちに「どうぞ、どうぞ」と手招きして、全て飲み込むために開いている大きな口と舌べらのように思えてきた。

 吉原商店街、どうする!?

今日から11月議会が始まりました。その報告はまた明日。

# by koike473 | 2007-11-15 00:49 | 富士市内各地の風景 | Trackback | Comments(0)