台風が近づく中、防災備品のチェック 吉原高校避難所運営委員会

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村


 22
日(日)は、吉原高校避難所運営委員会で防災備品等の現場チェックを行った。


 今年の避難所開設・運営訓練は123日(日)だ。

 それに備え、何度か会合を重ね、どの班でも具体的な訓練イメージを共有できるようになってきた。

 そのイメージを基に、吉原高校から借用する資機材や備品をチェックし、足りないものは購入したり、自分たちで揃えようという考えだ。

 あいにくこの日は、体育館でバスケットの大会が開かれ、台風も近づく雨模様。

f0141310_07345631.jpg
f0141310_07344743.jpg

 体育館の資機材は、教頭先生に数量確認をお願いし、書道室の机や椅子の確認から。

f0141310_07352106.jpg

 その後、防災倉庫から各班の備品を持ち出し、室内でチェック。

f0141310_07362264.jpg

 情報班。

f0141310_07354611.jpg

 避難者支援班。

f0141310_07363120.jpg

 要援護者支援班。

f0141310_07353808.jpg

 女性担当班。

f0141310_07352962.jpg

 施設管理班は畳の作法室で。

f0141310_07351242.jpg
f0141310_07350455.jpg

 最後は、正副本部長で本部の備品をチェック。

f0141310_07412451.jpg

 雨と泥で汚れた倉庫内を拭き掃除した上で、備品を入れると足の踏み場も無くなる。

f0141310_07361397.jpg

 委員会では、既存の市の倉庫の隣の空きスペースに、自分達の備品を入れる倉庫を設置できればと考えている。

f0141310_07355548.jpg
f0141310_07360301.jpg

 いろいろな調整が必要だ。


# by koike473 | 2017-10-24 07:44 | Trackback | Comments(0)  

国家試験合格率100%を続ける富士市立看護専門学校の学園祭「紫苑祭」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村


 21
日(土)は、富士市立看護専門学校の学園祭「紫苑祭」に出かけた。

f0141310_07451163.jpg

 7月に議員有志で私は初めて看護学校を視察し、その後今年の決算委員会では、看護学校の運営・管理事業を議会の「事業評価」の対象とした。

f0141310_07443830.jpg

 実習室では、看護体験や模擬授業が行われていた。

f0141310_07441960.jpg
f0141310_07464461.jpg
f0141310_07452148.jpg
f0141310_07452927.jpg

 高校生の姿も多く、学園祭がオープンキャンパスの役目も果たしている。

f0141310_07465410.jpg

 相談室では、進路に関する相談?

f0141310_07450264.jpg

 階段教室では、1年間の学校の歩みを紹介。

f0141310_07462302.jpg

 小長井市長も訪れた。

f0141310_07442890.jpg

 休憩コーナー。

f0141310_07440799.jpg

 私も知人に会い、二人でいろいろ購入し、昼食とした。

f0141310_07463423.jpg
f0141310_07461396.jpg

 体育館でも、さまざまな体験コーナーが。

f0141310_07455950.jpg

f0141310_07453879.jpg
f0141310_07454633.jpg

 議会の「事業評価」は、以下の通りだ。


 これまでの評価は「A」(十分評価できる。5段階で最も高い評価)

  ・看護専門学校では、近年の医療の高度化・多様化により看護教員の業務負担が増加し、また、設備の老朽化への対応が先送りになっている。

  ・しかし、看護教員の長年にわたる献身的な努力により質の高い教育を提供しており、その結果、看護師国家試験の合格率100%を維持していることは高く評価できる。

 今後の方向性は「1」(取組みを拡充する)

 ・喫緊の課題である、看護教員の人材確保に重点的に取り組むとともに、老朽化している教育用資機材等、設備面の充実を求めたい。

  ・また、現在、国が模索している4年制移行に対する動向も注視しながら、教育環境の整備に向けた検討を進めてほしい。

 翌年度予算への提言

  ・質の高い教育を維持するため、看護教員の人材確保や設備面における積極的な予算措置を求める。

 富士市の看護・医療体制をさらに強化、充実する上で、欠かせない学校だ。


# by koike473 | 2017-10-23 07:54 | Trackback | Comments(0)  

美容液にCNFを混ぜ込むと高い保湿性が! ふじのくにCNF総合展示会

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村


 昨日は、ふじのくにCNF総合展示会に出かけた。

f0141310_08195016.jpg

 会場はふじさんめっせ。

f0141310_08255277.jpg
f0141310_08200319.jpg

 2年前の第1回は200人、2回目は690人、そして今年はそれ以上と、年々参加者が増え、国内最大のCNF展示会になったそうだ。

f0141310_08194293.jpg

 またこれまで少なったCNFを使った製品を作る企業=用途開発型企業も多数ブースを開設した。

f0141310_08210836.jpg

 中でも、大淵に工場があるコーヨー化成さんは注目だ。

f0141310_08191341.jpg

 増粘剤としてCNFを入れたバラの香りの美容液や保湿液が今年の冬に販売開始となるそうだ。

f0141310_08193011.jpg
f0141310_08192033.jpg

 私も、美容液を手に塗ってもらった。

f0141310_08205122.jpg
f0141310_08204270.jpg

 普段使わないので比較できないが、CNFを混ぜ込むことで保湿性が高まるそうだ。

f0141310_08205982.jpg

 またこれらの商品は、「バラの花」として商品にならない静岡県で生産された「くずばな」を活用した「静岡バラプロジェクト」の一環として開発された。

f0141310_08244579.jpg
f0141310_08243721.jpg

 更に富士山の地下水を利用している。

 こうした生活に直結する商品に使われると、CNFへの注目も一段と高まるだろう。

 その他にも、スピーカーや靴底に使うことで、音質や摩耗性が高まる試作品が紹介された。

f0141310_08190413.jpg

 ただ、まだまだCNFの単価が高い(5,00010,000/kg)ため、商品も高くなってしまうそうだ。

f0141310_08201484.jpg

 しかし、CNFの生産量そのものが、国の予想を上回るスピードで増加している。

 国が3年前に策定した「高度バイオマス産業創造戦略」では、2020年に年600900トンの生産見込みだったが、既に今年(2017年)で年1,000トンを超す見込みだという。

 今年、富士市に研究・生産拠点を開設した日本製紙のブースは、人だかりが多く、中に入れないほどだ。

f0141310_08203370.jpg

 富士市としては、「CNFのメッカ」を目指し、企業が創造的に活動できる環境づくりをさらに強力に進めていく必要を感じた。


# by koike473 | 2017-10-20 08:34 | Trackback | Comments(0)  

新住職への代替わり行事  臨済宗妙心寺派の古刹・誓願寺(静岡市丸子)の晋山式

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村


 14
日(土)は、静岡市丸子にある誓願寺の晋山式に出席した。

f0141310_08082053.jpg

 誓願寺(こちらの方のブログを)は、私の義母(妻の母)の実家で、臨済宗妙心寺派の古刹だ。

f0141310_08094051.jpg


 晋山式とは、住職が代替わりし、新たな住職が先代から正式に引き継いだことを内外に示す行事だ。

f0141310_08085080.jpg
f0141310_08082979.jpg

 誓願寺は、1192年に源頼朝が浄土宗の寺院として創建したが戦国時代に全焼し、1554年に武田信玄が臨済宗の寺院として再建したそうだ。

 以来、23代目の新住職だ。

f0141310_08081143.jpg

 新たな住職は、妻の従妹の息子という関係になる。

 同じ宗派の多くの住職が参加された。

f0141310_08092345.jpg

 こんな多くの住職がそろう風景は、私は初めてだ。

f0141310_08093232.jpg

 檀家の皆さんや、近所の方々が、様々な形でこの晋山式に関わり、新住職が認知されていく。

f0141310_08090667.jpg
f0141310_08091472.jpg

 新住職の今後の活躍を祈念!

f0141310_08083968.jpg


# by koike473 | 2017-10-19 08:17 | Trackback | Comments(0)  

ユニバーサル就労「富士モデル」を拡げよう 「生活クラブ風の村」(千葉県)の池田理事長が来富

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村


 昨日は、「生活クラブ風の村」(千葉県)の池田理事長が富士市に来られた。

f0141310_08092345.jpg

 「ユニバーサル就労」という言葉と概念を確立された方だ。

 ユニバーサル就労推進議員連盟では、昨年、2度「風の村」さんを訪問し、池田理事長の考え方や取組みを伺い、条例づくり等へのアドバイスをいただいた。

 また今年4月には、議連の勉強会にお越しいただき、広く議員、市職員等に講演いただいた。

 昨日は、その後の行政やユニバーサル就労支援センターの取組みについてヒアリングに来られた。

f0141310_08091469.jpg
f0141310_08090126.jpg

 お話の中では、ユニバーサル就労の対象になる方は、引きこもりや生活困窮等の方も含め「就労障害者」という考え方が必要であること。

 またこれからは、「就労障害者」の就労指標として「ユニバーサル就労率」を設定し、可視化していくことが必要ではないか。

 どれも「なるほど!」と思う指摘だった。

 また、「富士市は『条例』ができたことが大きな力になっている。是非『富士モデル』として拡大していただければ」とのお話もいただいた。

 これからも、風の村さんとは、様々な情報や意見交換をさせていただき、ユニバーサル就労の考え方と取組みを拡大させていかなければと思う。


# by koike473 | 2017-10-18 08:13 | Trackback | Comments(0)