説明員がわかりやすく解説  29年度「富士市水防訓練」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村


 昨日は、29年度の「富士市水防訓練」が行われた。

f0141310_07042889.jpg

 会場は富士川沿いの雁公園。

f0141310_07052244.jpg

 今年から旧富士川町エリアを守る「富士川右岸分団」が組織され、計11地区分団と建設業分団の12分団が参加した。

f0141310_07045779.jpg
f0141310_07044905.jpg

 市の水防パトロール隊から、富士川の水位が上昇しているとの報告を受け、訓練がスタート。

f0141310_07040721.jpg

 土嚢用の砂が到着。

f0141310_07042030.jpg

 土嚢作り訓練。

f0141310_07053197.jpg

 富士川楽座の観覧車も見えるが、暑い中、団員の皆さんは懸命に取り組む。

f0141310_07043524.jpg

 こちらは、クレーン車を使った大型土嚢工法。

f0141310_07051354.jpg

 川倉工法づくり訓練。

f0141310_07055524.jpg
f0141310_07050400.jpg

 今年から、各分団の副団長クラスの方が、説明員(黄色い腕章)としてわかりやすい説明を。

f0141310_07044298.jpg

 6種類21本の柱を、どう組み、どう使うか等、詳しく聴けた。

f0141310_07053882.jpg

 議会では昨年、決算審査時に行う「事業評価」で「水防団事業」を対象に調査を行った。

 全国的に、毎年大きな台風や集中豪雨による被害が発生している中、水防団の皆さんがパトロールや活動に取り組む環境整備の充実が必要だ。

 その際も上がった「消防団との連携」についても、これまで以上に検討しなければならないのではと感じた訓練だった。


# by koike473 | 2017-05-22 07:11 | Trackback | Comments(0)  

とても参考になった神戸での2日間の研修

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村



 今日は、先日参加した神戸での研修の様子をどうぞ。

f0141310_07373307.jpg

 会場は、新神戸駅前のANAクラウンプラザホテル神戸。

f0141310_07380872.jpg

 高層のホテルの会議室だ。

f0141310_07372425.jpg

 初日の講義。

f0141310_07374116.jpg

 愛知大学の西堀喜久夫教授。

f0141310_07375437.jpg

 それぞれの主体の動き方(市民、地域、行政、他の機関等)は、災害発生後の対応時期に分けて考える重要性を、改めて感じた。

f0141310_07374721.jpg

 2日目は、希望するテーマに分かれた「選科A」へ。

f0141310_07383086.jpg

 私は「中小企業を軸にした地域経済振興のあり方」。

 講師は慶応大学の植田浩史教授。

f0141310_07381536.jpg

 最も地域密着型の金融機関である信用金庫の預貸率に着目した分析は、大変わかりやすかった。

f0141310_07382262.jpg

 6月議会や、自分自身が感じている懸案の課題についてとても参考になった。

 活かしていきたい。


# by koike473 | 2017-05-19 07:43 | Trackback | Comments(0)  

「富士に生まれた東洋美術史の世界的権威 大村西崖」特別講演会

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村



 昨夜、神戸から帰宅した。

 じっくりと防災、中小企業振興のことを学び、考えることができた研修だった。

 今日は、14日(日)に参加した「大村西崖 特別講演会」のこと。

f0141310_07132533.jpg

 先日もブログで書いたが、現在富士山かぐや姫ミュージアム(市立博物館)では、第54回企画展として「東洋美術の父 大村西崖」が開催中だ。

f0141310_07125847.jpg

 この一環として、大村西崖研究の第一人者である吉田千鶴子氏を講師に招き、開催した講演会だ。

f0141310_07134675.jpg

 小さな会場は満席。

f0141310_07131221.jpg

 西崖の一生をたどる形で講演は進んだ。

f0141310_07133471.jpg

 私が感じたのは、学者、教育者というより、「出版プロデューサー」としての西崖だ。

 週刊誌やもちろんインターネットもなかった当時、様々な知人との縁を活かし、東洋美術や仏教に関する書物や画集を刊行している。

f0141310_07135723.jpg

 もちろん西崖自身が主な執筆者、編集者だが、刊行の金策まで彼が担っている。

f0141310_07143439.jpg

 西崖は、水戸島の塩澤家に生まれ、25歳の時に岩淵の大村家の婿養子となっている。

 故郷への愛着が深く、「富士」には頻繁に立ち寄っていたそうだ。

 これまで、こんな偉人がいたとは知らなかった。

f0141310_07140785.jpg

 企画展は、今週末(21日)までです。

 お薦めです!


# by koike473 | 2017-05-17 07:19 | Trackback | Comments(0)  

昨日から神戸で「受援力」と「中小企業振興」について研修に参加しています!

 今朝は、神戸のホテルから書き込み。

 昨日から自治体問題研究所が主催する「第40回 市町村議会 議員研修会」で神戸に来ている。

 初日は記念講演として愛知大学教授の西堀喜久夫氏の「自然災害への備え 事前復興政策と受援力を考える」を聴いた。

 「受援力」という考え方を初めて聞いた。

 「じゅえん」で「受援」と変換されない。

 新しい考え方だと思うが、極めて重要だ。

 今朝は、早起きして異人館エリアを散歩した。

 今日は、慶応大学・植田浩史教授の「中小企業を軸にした地域経済振興のあり方」の講義だ。

 富士に戻ったら、改めて研修内容を報告したい。



# by koike473 | 2017-05-16 07:51 | Trackback | Comments(0)  

富士市立高校の「究タイム」で今泉地区の「まち歩き」に同行

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村


 12
日(金)は、富士市立高校の「市役所プラン2017」で今泉地区の「まち歩き」に同行した。

 総合的学習の時間「究タイム」の中で、2年生が市内10地区について地区の課題を把握、整理し、課題解決に向けたプランを提案するというものだ。

f0141310_07220894.jpg

 地区の概要等の説明を受け、まち歩きスタート。

 田宿川。

f0141310_07211564.jpg

 説明は、荻野まちづくり協議会長。

f0141310_07210884.jpg

 日吉浅間に向かう。

f0141310_07213808.jpg

 しかしとにかく暑い。

f0141310_07214893.jpg

 部活で膝をケガした女子生徒も、松葉杖で懸命に後を追う。

f0141310_07202429.jpg

 日吉浅間と東泉院の説明。

f0141310_07215898.jpg
f0141310_07212573.jpg

 十王子神社。

f0141310_07203402.jpg

最後は善徳寺公園。

f0141310_07205371.jpg

 疲れた!

f0141310_07210010.jpg

 レディファーストは?

 まちづくりセンターに戻り、グループに分かれて同行者に質問。

f0141310_07200789.jpg

 私が担当したグループは、圧倒的に「田宿川」に興味が。

 「どうやって川を守っているんですか?」、「川の水は何かに活用していますか?」

 今後、班別の独自調査等を経て、9月末に提案発表が行われる。

 楽しみだ!


# by koike473 | 2017-05-15 07:29 | Trackback | Comments(0)