<   2017年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧

 

「若い世代の人口確保」には何が重要で、何が足りないのか?  2日間の決算委員会終了

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村


 昨日までの2日間、一般・特別会計決算委員会が開かれた。

 富士市がこの5年間で最も重点的に取り組むこととしている「都市活力再生戦略」の進捗状況を調査するために、初めて取り組んだものだ。

 私は委員長として委員会を進行したが、初めての取り組みということもあり?委員間で進め方のイメージが共有しきれなかった点が多く、反省しきりだ。

 都市活力再生戦略の最上位目標は「若い世代(1539歳)の人口確保」だ。

 新聞記事は昨日の富士ニュース。

f0141310_07272522.jpg

 3分野、35という幅広い施策をもってこれを達成しようとする枠組みだが、まずは全体を見通し、その中でも目標達成に直結する施策について進捗を行政当局に質疑、確認し、課題等を議員間で共有できればと考えていた。

 しかし、なかなか上手く運べなかった。

 最後に、議員間で意見交換を行い、35の施策の中でも、目標達成のために議会として注視していくべき施策・事業を何とか10数本絞り込んだ。

 これを来年度(7月から)メンバーが入れ替わる新しい決算委員会に引き継ぐこととした。

 初めての取り組みなので試行錯誤の点もあるが、課題を深堀りした上で、議会の意見、提案をしっかり示せるようにしなければと思う。


by koike473 | 2017-05-31 07:29 | Trackback | Comments(0)  

「今は50点でも、災害時には多くの人がサポートできる防災体制を」 29年度吉原高校避難所運営委員会

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村



 昨夜は、本年度第1回目の吉原高校避難所運営委員会の全体会だった。

f0141310_06502671.jpg
f0141310_06501961.jpg

 この委員会は、大災害時に吉原高校体育館等を避難所として利用する7つの町内会で構成する委員会で、東日本大震災の翌年、平成24年度に組織した。

f0141310_06562680.jpg

 吉原地区(東国久保、西国久保)、今泉地区(上和田、緑ヶ丘、駿河台1丁目、駿河台3丁目)、広見地区(源太坂)と、普段交流がない3地区の住民で立ち上げなければならないので、顔を合わせ避難所開設・運営の基本的なルール(マニュアル)を作ろうとの考えだった。

f0141310_06501021.jpg

 私は、言い出しっぺということで、当初から本部長を務めている。

f0141310_06564091.jpg

 昨年度までは、毎年、かなりの回数の会議を行っていた。

f0141310_06563306.jpg

 しかし、今年は回数を減らすこととし、特定の人が長く役員を務めるのでなく、12年で入れ替わりながらも、多くの人が避難所立上げのルールを少しでも理解し、体験できれば「御の字」という考え方に変えることとした。

 市の防災危機管理課には、昨年4月に発生した熊本地震の際の避難所運営の実態等について報告していただいた。

f0141310_06495238.jpg
f0141310_06503410.jpg
f0141310_06494466.jpg
f0141310_06495938.jpg

 「今は50点でもいいから、災害時には多くの人が避難所の立上げ・運営に関わり、サポートできる層の厚い防災体制づくり」を目指していきたい。


by koike473 | 2017-05-30 07:00 | Trackback | Comments(0)  

シャワーが気持ちいい季節に! 便教会の新富士駅周辺清掃と町内の消毒作業

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村


 昨日は、630から「静岡便教会」が主催する新富士駅周辺エリアのごみ拾い清掃に参加した。

f0141310_07113854.jpg

 代表を務める富士市立高校の柿島先生からのお誘いだ。

f0141310_07113047.jpg

 便教会は、3月末に富士市に「ふじクリーンパートナー」の登録を行ったそうだ。

 富士駅周辺と新富士駅周辺を活動エリアとし、4月は富士駅周辺、そして昨日が新富士駅周辺のごみ拾いとなった。

f0141310_07123052.jpg

 市立高校の生徒が12名参加。

f0141310_07115186.jpg
f0141310_07114515.jpg
f0141310_07105188.jpg

 空き缶やペットボトルが目立つ。

f0141310_07124889.jpg
f0141310_07111532.jpg

 なぜここに捨てるのか?

f0141310_07120975.jpg
f0141310_07115838.jpg

 それとタバコの吸い殻。

f0141310_07105916.jpg

 こういう人間は、「愛煙家」というやさしい呼び方ではいけない。

f0141310_07110899.jpg

 新富士駅の南口。

f0141310_07122136.jpg

 区画整理区域の中で、大きなホテルの建設が進む一方、東芝の寮が解体され更地に。

f0141310_07112262.jpg

 どんな機能を誘導するか、富士市にとって非常に重要だ。

 その後は、自分が住む町内に戻り消毒作業。

f0141310_07130987.jpg
f0141310_07131608.jpg

 朝は少し寒かったが、ごみ拾い、消毒で汗びっしょりに。

f0141310_07130328.jpg

 シャワーが気持ちいい季節になってきた!


by koike473 | 2017-05-29 07:19 | Trackback | Comments(0)  

おしゃれな神戸異人館街だが、すぐ近くで「イノシシ注意」には驚いた

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村



 先週参加した神戸での研修(1516日)では、16日の朝、早起きして北野異人館街を散歩した。

f0141310_07162699.jpg

 宿泊したホテルでもらったマップで確認すると、ホテルのすぐ裏手だ。

f0141310_07171189.jpg

 傾斜地に、おしゃれな洋館が建っている。

f0141310_07153955.jpg

 6時過ぎなので、まだ誰も歩いていない。

f0141310_07155535.jpg
f0141310_07160424.jpg

 坂道を上り下りすると汗が噴き出してくる。

f0141310_07161771.jpg

 テレビでよく見る「風見鶏の館」

f0141310_07164540.jpg
f0141310_07163531.jpg
f0141310_07165582.jpg

 この建物は?と思ったら。

f0141310_07152388.jpg

 セブンイレブン。

f0141310_07153077.jpg

 周りに合わせたデザインは、京都でも見かけた。

 研修会場のANAクラウンプラザホテル(写真正面)もすぐ近くだ。

f0141310_07150889.jpg

 1時間、汗を流して戻ったホテル近くの路地はマンションや高齢者施設が立ち並ぶ。

f0141310_07154746.jpg

 ごみステーションには「イノシシ注意」のチラシが。

f0141310_07151525.jpg

 ついこの間、NHKで「エサが豊富にある神戸の街中にイノシシが大量に出没」と報道していたのを思い出した。

 おしゃれな街には似合わないが、六甲山系の山並みがすぐそこまで続く神戸は仕方がない?


by koike473 | 2017-05-26 07:22 | Trackback | Comments(0)  

来週は、富士市の重要施策「都市活力再生戦略」の進捗を審査する決算委員会!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村


 来週29日(月)、30日(火)は、議会の一般・特別会計決算委員会が開かれる。

 富士市の最も基本的な計画である「第五次富士市総合計画」の後期基本計画(20162020)に位置付けられた「都市活力再生戦略」の進捗状況を、議会としてチェックする委員会だ。

f0141310_08151017.jpg
f0141310_08150202.jpg

 私は、本年度の委員長だ。

 これまでは、年に一度、議会全員協議会の場で報告を受けるだけで、具体的な審査は行ってこなかった。

 しかし都市活力再生戦略は、「若い世代の人口確保」を最上位の目標に、201620205ヵ年に市が重点的に取り組む施策で、非常に重要だ。

f0141310_08144702.jpg

 議会としては、既に設置されている決算委員会を活用して定期的に審査していこうということで、「所管事務調査」という形で今回初めて取り組むこととなった。

 22日(月)に資料が配布され、各会派で勉強会が行われている。

f0141310_08144070.jpg

 35の施策で構成され、かなりのボリュームだ。

f0141310_08145583.jpg
f0141310_08143236.jpg

 審査時間も相当かかりそうだが、しっかりした審査を行いたい。


by koike473 | 2017-05-25 08:18 | Trackback | Comments(0)  

目からウロコ 「超短時間雇用という新しい働き方」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村


 先週の17日(水)は、塩尻市(長野県)に出かけた。

 「超短時間雇用という新しい働き方」というユニバーサル就労につながる講演会への参加だ。

f0141310_07164589.jpg

 昨年夏に会派で視察した㈱しんえこ(松本市)さんからの紹介だ。

 会場は、長野県総合教育センター。

f0141310_07162169.jpg

 100名以上の方が参加した。

f0141310_07162985.jpg

 司会は㈱しんえこの春山社長。

f0141310_07183340.jpg

 講師は、東京大学先端科学技術研究センター准教授の近藤武夫氏。

f0141310_07161245.jpg

 わかりやすい話とともに、「目からウロコ」だった。

f0141310_07165672.jpg

 障害がある方の就労を考えた場合、企業の側からすると法定雇用率2.0%をクリアするためには、障害者手帳を持つ方を週30時間以上雇用すると1名(2030時間では0.5名)とカウントされる。

f0141310_07175127.jpg

 しかし、企業にとっては、いきなり週30時間では負担感を強く感じる場合が多い。

 また障害を持つ方も、初めての就労で週30時間はきつい。

 まして、法定雇用率が適用されない従業員50人未満の企業では、障害を持つ方が働けるケースは非常に少ないのが現状だ。

 そこで近藤先生が提案し、取り組んでいるのが「超短時間雇用」(IDEAモデル)という雇用、就労だ。

f0141310_07154093.jpg

 まずは、企業の一つの係や担当に「これまでやろうと思っていてできなかった仕事を1時間分考えてください」と投げかける。

 名刺の整理(PDF化)、不要になった書類のシュレッター処理等々。

f0141310_07171940.jpg

 そういう仕事なら、初めて働く障害を持つ方も、週1時間でハードルが低く比較的スムースに働き始められる。

 それが徐々に週2時間、4時間、6時間・・・。

 障害を持つ方にとっては自信になるとともに、企業にとっても大きなメリットが生まれるケースが多いという。

 日本の企業では、社員が専門的な仕事から、いわゆる雑務まで様々な仕事をこなさなくてはならない。

f0141310_07192831.jpg

 しかも中小企業ではそれが当然であり、意識されることは少ない。

 だが、この「障害を持つ方の超短時間雇用」…「仕事の切出し」を進めていくと、自社の業務を「構造化」、いわゆる「棚卸」、「分解」することになる。

f0141310_07173265.jpg

 専門職には、より専門の仕事に時間を確保できるようになり、業務の効率化が進み、残業も減る。

 近藤先生の研究室、そしてソフトバンク、川崎市、神戸市で、この取組みが始まり、効果が上がっているそうだ。

f0141310_07252863.jpg
f0141310_07191653.jpg

 ユニバーサル就労推進条例を全国に先駆けて制定した富士市でも、ぜひ取り組んでいければと思う。


by koike473 | 2017-05-24 07:30 | Trackback | Comments(0)  

地元・今泉地区の「いまいづみ幼稚園」の新園舎「未来館」が竣工・お披露目

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村



 17
日(金)は、私が住む今泉地区にある地元の幼稚園「いまいづみ幼稚園」の新園舎のお披露目会に出席した。

f0141310_07462747.jpg

 新園舎は「未来館」と名付けられ、外からは、見る方向によってさまざまな形に見える。

f0141310_07470895.jpg

 右側が既存園舎で、左側が新園舎。

f0141310_07463444.jpg

 木造の建物で、内装も木をふんだんに使っている。

f0141310_07464240.jpg
f0141310_07465968.jpg

 新園舎の1階は、幼稚園が終了した後(14時以降くらいから?)の預かり保育の最中。

f0141310_07455556.jpg

 間仕切りで2つの部屋に分けているが、一体利用も可能だ。

f0141310_07460336.jpg

 外は芝生の園庭が広がる。

f0141310_07464947.jpg

 2階は3部屋。

f0141310_07461895.jpg

 小学生の英語教室の最中。

f0141310_07461182.jpg

 彼ら(生徒)は、幼稚園児の頃から既に34年英語教室で学ぶ、いや英語に親しんでいるため、講師とペラペラしゃべっている。

 驚いた。

 私は、昨年から園の評議員に就任させていただいている。

 少子化が進む中で、幼稚園の経営は大変だ。

 特徴を前面に打ち出し、保護者や園児のニーズに応えていかなければならない。

 富士市立幼稚園や保育園との兼ね合いなど、改めて市全体の幼児教育、保育のあり方を考えなければと思ったお披露目会だった。


by koike473 | 2017-05-23 07:51 | Trackback | Comments(0)  

説明員がわかりやすく解説  29年度「富士市水防訓練」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村


 昨日は、29年度の「富士市水防訓練」が行われた。

f0141310_07042889.jpg

 会場は富士川沿いの雁公園。

f0141310_07052244.jpg

 今年から旧富士川町エリアを守る「富士川右岸分団」が組織され、計11地区分団と建設業分団の12分団が参加した。

f0141310_07045779.jpg
f0141310_07044905.jpg

 市の水防パトロール隊から、富士川の水位が上昇しているとの報告を受け、訓練がスタート。

f0141310_07040721.jpg

 土嚢用の砂が到着。

f0141310_07042030.jpg

 土嚢作り訓練。

f0141310_07053197.jpg

 富士川楽座の観覧車も見えるが、暑い中、団員の皆さんは懸命に取り組む。

f0141310_07043524.jpg

 こちらは、クレーン車を使った大型土嚢工法。

f0141310_07051354.jpg

 川倉工法づくり訓練。

f0141310_07055524.jpg
f0141310_07050400.jpg

 今年から、各分団の副団長クラスの方が、説明員(黄色い腕章)としてわかりやすい説明を。

f0141310_07044298.jpg

 6種類21本の柱を、どう組み、どう使うか等、詳しく聴けた。

f0141310_07053882.jpg

 議会では昨年、決算審査時に行う「事業評価」で「水防団事業」を対象に調査を行った。

 全国的に、毎年大きな台風や集中豪雨による被害が発生している中、水防団の皆さんがパトロールや活動に取り組む環境整備の充実が必要だ。

 その際も上がった「消防団との連携」についても、これまで以上に検討しなければならないのではと感じた訓練だった。


by koike473 | 2017-05-22 07:11 | Trackback | Comments(0)  

とても参考になった神戸での2日間の研修

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村



 今日は、先日参加した神戸での研修の様子をどうぞ。

f0141310_07373307.jpg

 会場は、新神戸駅前のANAクラウンプラザホテル神戸。

f0141310_07380872.jpg

 高層のホテルの会議室だ。

f0141310_07372425.jpg

 初日の講義。

f0141310_07374116.jpg

 愛知大学の西堀喜久夫教授。

f0141310_07375437.jpg

 それぞれの主体の動き方(市民、地域、行政、他の機関等)は、災害発生後の対応時期に分けて考える重要性を、改めて感じた。

f0141310_07374721.jpg

 2日目は、希望するテーマに分かれた「選科A」へ。

f0141310_07383086.jpg

 私は「中小企業を軸にした地域経済振興のあり方」。

 講師は慶応大学の植田浩史教授。

f0141310_07381536.jpg

 最も地域密着型の金融機関である信用金庫の預貸率に着目した分析は、大変わかりやすかった。

f0141310_07382262.jpg

 6月議会や、自分自身が感じている懸案の課題についてとても参考になった。

 活かしていきたい。


by koike473 | 2017-05-19 07:43 | Trackback | Comments(0)  

「富士に生まれた東洋美術史の世界的権威 大村西崖」特別講演会

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村



 昨夜、神戸から帰宅した。

 じっくりと防災、中小企業振興のことを学び、考えることができた研修だった。

 今日は、14日(日)に参加した「大村西崖 特別講演会」のこと。

f0141310_07132533.jpg

 先日もブログで書いたが、現在富士山かぐや姫ミュージアム(市立博物館)では、第54回企画展として「東洋美術の父 大村西崖」が開催中だ。

f0141310_07125847.jpg

 この一環として、大村西崖研究の第一人者である吉田千鶴子氏を講師に招き、開催した講演会だ。

f0141310_07134675.jpg

 小さな会場は満席。

f0141310_07131221.jpg

 西崖の一生をたどる形で講演は進んだ。

f0141310_07133471.jpg

 私が感じたのは、学者、教育者というより、「出版プロデューサー」としての西崖だ。

 週刊誌やもちろんインターネットもなかった当時、様々な知人との縁を活かし、東洋美術や仏教に関する書物や画集を刊行している。

f0141310_07135723.jpg

 もちろん西崖自身が主な執筆者、編集者だが、刊行の金策まで彼が担っている。

f0141310_07143439.jpg

 西崖は、水戸島の塩澤家に生まれ、25歳の時に岩淵の大村家の婿養子となっている。

 故郷への愛着が深く、「富士」には頻繁に立ち寄っていたそうだ。

 これまで、こんな偉人がいたとは知らなかった。

f0141310_07140785.jpg

 企画展は、今週末(21日)までです。

 お薦めです!


by koike473 | 2017-05-17 07:19 | Trackback | Comments(0)