<   2016年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧

 

「オトナ文書」も安心・安全に古紙リサイクルできる松菱製紙さんの機密文書処理システム

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 2月議会が終わり、溜まっていたいろいろな仕事と併せ、片付けを進めている。
 狭い書庫は、この9年間のさまざまな資料で一杯なので、古い予算書や去年の選挙の名簿等を処分することにした。
f0141310_7403666.jpg

 車に積み込む。
f0141310_7405655.jpg

 向かった先は鷹岡にある松菱製紙さん。
f0141310_7411373.jpg

f0141310_741276.jpg

f0141310_74142100.jpg

 機密文書を確実に処理するエコプロジェクトを展開している。
f0141310_742725.jpg

 この頑丈な籠に書類を入れる。
f0141310_7422027.jpg

 最後に誰も取り出せないように鍵をかける。
f0141310_7424542.jpg

 2か所だ。
f0141310_7425526.jpg

 毎日、夕方、直接融解機に入れて処理するそうだ。

 去年の選挙後も、一度お願いしたが、今年は新たな取り組みも行っている。
 HPの一番下の何やら気になる「オトナ文書抹消大作戦」とは?
f0141310_743106.jpg

 クリックするとごらんの通り。
 この先は、皆さまご自分で確認を。
f0141310_7432470.jpg

 どう処理したらいいか困っている方は、ぜひ松菱製紙さんへ。

 念のため言っておきますが、私は、あくまで「エコプロジェクト」ですので。
f0141310_7441371.jpg

 帰りに記念に?証拠に?いただきました。

by koike473 | 2016-03-31 07:50 | Trackback | Comments(0)  

昨日「安保法施行」 ひずみは全て自衛隊が負うのか?

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 昨日、3月29日、安保関連法が施行された。
 (写真は、昨日の静岡新聞朝刊)
f0141310_7122164.jpg

 集団的自衛権の行使が解禁され、他国軍への後方支援も随時可能となる。
 国の方向が大きく変わる恐れを感じる。
f0141310_7124263.jpg

 政府は、駆け付け警護を追加する南スーダンへのPKO(国連平和維持活動)部隊の派遣は、当初の5月交替部隊でなく、秋以降の交替部隊に先送りした。
f0141310_71308.jpg

 明らかに7月の参議院選挙(衆参同日選の可能性も高い)での争点を避けるためだと言われる。

 しかし秋以降の派遣では、自衛隊員が撃ったり、撃たれる確率が飛躍的に高くなる。
 これは集団的自衛権ではないが、憲法に明確な位置づけがないまま自衛隊員が派遣され、他国の人を射殺したら「殺人罪」で訴えられる可能性がある。
 また逆に殉職したらどうなるか?
 「やはり自衛隊は国防軍として、憲法にしっかり位置付けなくてはだめだ」という世論を作ろうとしているのではないか。
 そこを狙っているのでは、とさえ思う。

 しっかりした議論、手続きを踏まない中で、全てのひずみが「自衛隊」に行ってしまっている。

 2月議会が閉会し、図書館からこの本を借りてきて読んでいる。
f0141310_713142.jpg

 「保守からの発言」として、先日講演を聴いた小林節氏、元自民党重鎮の山崎拓氏、亀井静香氏、鈴木宗男氏が、今回の安保法制反対の立場から、左高信氏と対談しながら述べている。
 (早野透氏(元朝日新聞)、辻元清美氏(民進党)、平野貞夫氏(元生活の党)、二見伸明氏(元公明党)は、山崎拓氏との対談に飛び入り参加)

 このままではダメだ。

by koike473 | 2016-03-30 07:15 | Trackback | Comments(0)  

岳鉄に「夢をのせて」 アートステーション・イン・岳電

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 27日(日)は、「アートステーション・イン・岳電」に参加した。
f0141310_7493670.jpg

 本吉原駅から江尾方向に電車に乗るのは初めてだ。
f0141310_7495439.jpg

 江尾駅では、岳鉄イカシ隊のクリーン作戦を始め、様々な作業の準備が進む。
f0141310_750156.jpg

 私は「オール富士さん」代表で芸術家の漆畑さんが企画した段ボールアートの展示の手伝いを。
f0141310_7503033.jpg

 少しずつサイズを変えて切ってある段ボールを、つり革ごとに吊るしていく。
f0141310_7504789.jpg

f0141310_750599.jpg

f0141310_7511089.jpg

 「夢をのせて」が完成。
f0141310_7513488.jpg

 窓から入る風に揺れて、夢が前に進んで行きそうだ。
f0141310_7514735.jpg

 こっちから見ると、不思議なタイムトンネル?
f0141310_752136.jpg

 外では地域の皆さんも参加して清掃やペンキ塗りが。
f0141310_7523091.jpg

f0141310_7524616.jpg

f0141310_753671.jpg

f0141310_7531967.jpg

 そして大勢の人が集まった中で、メインの江尾駅新設看板の除幕式。
f0141310_7533675.jpg

f0141310_7544258.jpg

 岳鉄の上原社長からは「27年度利用客数は、前年の75万人から80万人に約5万人増加する見込みです」とうれしい報告も。
f0141310_7545168.jpg

 今後は、利用客数のベースとなる沿線住民の日常利用がいかに増えるか、増やしていくかが大きな課題だ。

 新しい富士山ビュースポットのお披露目も。
f0141310_7552738.jpg

f0141310_7554229.jpg

 最後はお楽しみのバーベキュー。
f0141310_7555418.jpg

f0141310_756485.jpg

f0141310_7562212.jpg

f0141310_7563195.jpg

 皆さま、お疲れさまでした。

by koike473 | 2016-03-29 07:59 | Trackback | Comments(0)  

サクラの蕾はまだまだ固く、さらに雨も心配だったが決行した「お花見ウォーク」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 20日(日)は、「そうだ!沼川プロジェクト」主催の「お花見ウォーク」だった。
 前日と言うか、当日の朝まで雨が残り、気を病んだ。

 案の定、集合場所の田宿川緑地に集まる人が少ない。
f0141310_725245.jpg

 さらに受付の最中にも雨がパラパラする中での開会式。
f0141310_73956.jpg

 加藤代表から「おわびの言い訳」も含めたあいさつ。
f0141310_731799.jpg

 それでも、総勢50名弱で元気に田宿川を出発!
f0141310_732575.jpg

 曇り空の中、滝川の土手を行くが、サクラのつぼみは固い。
f0141310_734553.jpg

f0141310_795184.jpg

f0141310_74196.jpg

f0141310_741283.jpg

 沼川に出た頃から徐々に陽も差してきたが。
f0141310_742610.jpg

f0141310_743876.jpg

 浮島工業団地南側の土手は、川側のカワヅザクラ(寒桜)は既に花が散り、葉桜になっている。
f0141310_744842.jpg

 外側のソメイヨシノはまだまだだ。
f0141310_75299.jpg

 ゴールの浮島ケ原自然公園。
f0141310_751527.jpg

 黄色く色づいたノウルシ
f0141310_78437.jpg

 「富士自然観察の会」の山田先生をはじめとする会員の皆さんが出迎えてくれて、自然観察の準備を。
f0141310_752726.jpg

 お花見ウォークのアンケート記入も。
f0141310_75362.jpg

 この春刊行した「浮島ヶ原自然公園ガイドブック」のPRも兼ねての説明。
f0141310_755655.jpg

f0141310_761128.jpg

 絶滅危惧種のサワトラノオを探す!
f0141310_772944.jpg

f0141310_764355.jpg

 5月には、「虎の尾」そのもの!
f0141310_765599.jpg

 やはりお花見は今週末か来週?

 時間がとれたら、時間を気にせずゆっくり、途中で花見(もちろん一杯も入れ)をしながら歩いてみたいと思う。

by koike473 | 2016-03-25 07:10 | Trackback | Comments(0)  

改築中の「体育館」に例えた式辞が感動的だった ロゼで行われた今年の吉原二中の卒業式

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 19日(土)は、市内小中学校で卒業式が行われた。
 私も地元の今泉小、吉原二中の式に参加した。
 今年の二中の卒業式は、体育館が改築中のため、ロゼシアターで行われた。
f0141310_7301480.jpg

 ホワイエに張り出された「寄せ書き」。
f0141310_7302618.jpg

 いつもとずいぶん違う雰囲気だ。
f0141310_7305052.jpg

 本年度で異動される篠原校長の式辞が素晴らしかった。

 「改築中の体育館は、基礎工事にこの半年間かかりました。
 完成する体育館の全重量は3,000トンですが、柱や壁や屋根等の目に見える『建物』の部分は700トンです。
 残りの2,300トンは、コンクリートや鉄筋が土の中に埋まり、これからは決してこれから見ることができない『基礎』の部分です。
 小中学校での学びや経験は、まさしくこの『基礎』に相当する期間でした。

 皆さんは人生の『基礎』を、しっかり学んだはずです。
 吉原二中での3年間を基礎に、大きく羽ばたいていってください」

 大急ぎで写真を撮りに行った二中の工事現場。
f0141310_731595.jpg

 今は、基礎がわずかに見えるが、もうすぐ土に埋まる。
f0141310_7311361.jpg

 3年生最後の合唱。
f0141310_7364652.jpg

f0141310_736583.jpg

 卒業生は、二中の前を通り体育館を見るたびに、この言葉を思い出すとともに、前向きな気持ちになるだろう。

 加えて、小中学校9年間皆出席者が6名、中学校3年間皆出席者も52名いた。
 みんな頑張った。

 これからの人生を、たくましく切り拓いていってほしい!

by koike473 | 2016-03-24 07:33 | Trackback | Comments(0)  

大月線(国道139号)から潤井川に架かる新しい橋 「富士山夢の大橋」が開通!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 21日(祝)は、国道139号の潤井川に架かる新しい橋の区間(700m)が完成し、その開通式が行われた。
f0141310_782842.jpg

f0141310_785879.jpg

 橋の名前は「富士山夢の大橋」。
 残念ながら、朝から雨が降り、富士山は姿を見ることができなかったが、式は予定通り挙行。
f0141310_791573.jpg

 式前には、地元・藤間地区の子供たちによる太鼓で盛り上げ。
f0141310_792851.jpg

 式では「富士山夢の大橋」命名のご夫婦に感謝状を贈呈。
f0141310_794432.jpg

 テープカットとくす玉割りの時になると、雨がピタリと止んだ。
f0141310_795464.jpg

 そして「渡り初め」。
f0141310_710973.jpg

f0141310_7101953.jpg

f0141310_7103244.jpg

 南側の先の国道1号(バイパス)まで(900m)の接続・開通は、あと数年かかりそうだ。
 国、県、市により、確実に事業を推進していくことを期待したい。

by koike473 | 2016-03-23 07:12 | Trackback | Comments(0)  

常葉大富士キャンパスがあと2年で閉鎖 市としては「次の手」を早急に考え、取り組まねば!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 常葉大学富士キャンパスが、あと2年で閉鎖されることとなった。
 20日に常葉学園理事長が記者会見し、昨日(21日)の静岡新聞に大きく報道されている。
f0141310_7232760.jpg

 2月にJR草薙駅近くのポーラ化成跡地取得が報じられて以降、開会中だった2月議会でも複数の議員から市長に質問が行われた。
 市長も議会も、留置に向けた取り組みに期待したが、富士キャンパス閉鎖→草薙集約は、すでにずいぶん前からの既定路線だったのだろう。
f0141310_7234198.jpg

 結論が出てしまった以上、今後のことを早急に考え、取り組まなければならない。
 市長も質問への答弁の中で「どんな結果になった場合でも動けるよう、準備を進めていく」と答えていた。

 ・開学時に、富士市側から強い要望を行ったとは言え、キャンパス用地等を無償提供した経緯がある
 ・特に社会環境学部(前・環境防災学部)の先生方や学生は、多くが富士山麓をフィールドにした動植物、地下水等を研究している
 ・他の先生方も、富士市の様々な審議会委員として活躍いただいている
 ・市や市内の企業と連携し、社会人講座等も開講いただいている
等、短大時代を含めれば、20年以上の歴史と実績、信頼関係を築いてきた。

 記者会見では「富士の閉校後の跡地利用は未定」とのことだが、こうした関係を踏まえ、
 ・富士キャンパス跡地は、宿泊機能を持たせた研修所等
 ・富士市街(JR駅近辺)へのサテライトキャンパス開設等
の学園側への提案や検討を、市としても早急に行っていくべきと考える。

by koike473 | 2016-03-22 07:25 | Trackback | Comments(0)  

伯母の通夜で実感?した男女の寿命

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 昨夜は、私の伯母(私の父親の兄の妻)の通夜に参列した。
f0141310_7512038.jpg

 三島市との境の長泉町に住んでおり、家では「三島のおばさん」と呼んでいる。
 会場は、初めて行った「シティホール長泉」。
f0141310_7513975.jpg

 満96歳で旅立った。
f0141310_752186.jpg

 私もかわいがってもらった。
 最期まで自宅で訪問看護等を受けながら、家族に見守られ、苦しまずに逝ったそうだ。
f0141310_7521184.jpg

 私の父親は11人兄弟(6男5女)の下から2番目だった。
 「だった」というのは、父も含めすべての兄弟(兄、姉、弟)がすでに亡くなっている。

 通夜に参列しながら思ったのは、ぶしつけだが、男女の寿命の差だ。
 11人兄弟の11組の夫婦は、長兄夫婦以外は、すべて先に夫が亡くなっている。
 (長兄夫婦は全日空機墜落事故で一緒に亡くなった)
 それも結構時間差がある。

 その間、伯母たちは、残りの人生をどんな思いで生きたのだろうか。
 現在元気なのは、私の母親と2人の伯母だが、いずれも下の男兄弟3人の連れ合いだ。

 2014年の日本人の平均寿命は、女性が86.83歳、男性が80.50歳。

 複雑な思いだ。

by koike473 | 2016-03-17 07:54 | Trackback | Comments(0)  

今月で満5年、60回を迎える大人気の「歌声散歩道」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 少し前の話になるが、2月27日(土)は「歌声散歩道」に出かけた。
f0141310_7291097.jpg

 5年前の4月から毎月1回積み重ね、この日で59回目だそうだ。
 楽しい話で司会を進める堀内さん。
f0141310_7292127.jpg

 私は、3月20日の「お花見ウォーク」のチラシを配布・PRさせていただくこともあり、久しぶりの参加だった。

 会場は富士商工会議所のホールで、250人近い皆さんで満席以上だ。
f0141310_7293751.jpg

 この日は、ゲストとして詩吟のグループの方々も参加。
f0141310_7294746.jpg

 川島さんの明るく絶妙?な話に会場は大盛り上がり。
f0141310_730172.jpg

 皆さん、楽しそうに、大きな声で歌う。
f0141310_7301477.jpg

 私も久しぶりに大きな声で歌った。
f0141310_7313370.jpg

 歌集も限りがあるのか、リクエスト用紙も配られた。
f0141310_7312082.jpg

 廊下には、前々回参加したという小長井市長来演の写真が。
f0141310_7315235.jpg

f0141310_732257.jpg

 今月(3月)で満5年、60回の節目を迎えるそうだ。

 主催者である元吉原中学校同窓生の皆様に敬意を表するとともに、参加者の皆様のますますの健康と家庭、地域でのご活躍を期待したい。

by koike473 | 2016-03-16 07:33 | Trackback | Comments(0)  

いよいよ春が目に見えてきた 今年最初の「田宿川の川そうじ」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 13日(日)は、今年初めての田宿川の川そうじだった。

 隣りの区間では、吉原二中生が、川に入り手伝っている。
f0141310_7261730.jpg

 私は所属するNPOふじ環境倶楽部が担当する通称「井出緑地」へ。

 いつも私が担当する奥の部分にはショカッサイ(紫:諸葛菜)が。
f0141310_7263797.jpg

f0141310_7264953.jpg

 そして全体には、白いハナニラもちょうど咲き始めている。
f0141310_72745.jpg

f0141310_7271358.jpg

 これは残しながらの草刈りなので、3人で30分もかからず終了。
 ビフォー。
f0141310_72721100.jpg

 アフター。
f0141310_7273024.jpg

 下流の区間では水草を刈っているので、そうじ後は、一気に水位が下がる。
f0141310_7273995.jpg

f0141310_7274988.jpg

 いよいよ春が目に見えてきた。

by koike473 | 2016-03-15 07:28 | Trackback | Comments(3)