<   2015年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

 

新素材「セルロースナノファイバー」(CNF) これからの産業振興のキーワード

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 昨日は、CNF(セルロースナノファイバー)産業振興セミナー「新素材が拓く未来の産業 ~日本には資源も知恵をある~」に聴講参加した。
f0141310_8452536.jpg

 県企業局が主催するセミナーだ。

 皆さん、「セルロースナノファイバー」という言葉を聞いたことがあるだろうか?
 私はずっと知らず、昨年12月の議会でO議員の一般質問の中で初めて聞いた。
f0141310_84668.jpg

 セルロースナノファイバー(CNF)とは、植物繊維を百万分の1mm(ナノオーダー)にまで微細化したものであり、植物の細胞を構成する基本物質だそうだ。

 このCNFが今、世界中で「新素材」として脚光を浴びつつある。
 なぜなら、
  ・軽量である
  ・鋼鉄の8倍の強度
  ・熱に対して膨張が少ない
等の特性があるからだそうだ。

 また、植物=森林・木材由来のため、
  ・低価格
  ・カーボンニュートラル=環境負荷が大変低い
f0141310_8485174.jpg

 北米、北欧、日本という森林、そして製紙業が盛んな国々が、その開発・産業利用を巡り競争している。
 日本でも日本製紙、王子製紙等の製紙メーカーがしのぎを削り、「製紙のまち・富士市」にとっても何だか明るい感じがする。
 (下の写真は日本製紙発表資料)
f0141310_8491164.jpg

 用途は、医薬品、家庭用品、自動車、建材、食料品等、幅広い分野が想定される。

 中でも、18兆円というプラスチック市場は大変魅力的だ。

 基調講演をされた京都大学の矢野教授の言葉が印象的だった。
 「IT化が進み、現在紙は電子媒体にとって代わられているが、近い将来は、必ず紙(CNF)の上に電子媒体が乗るようになります」
f0141310_8471972.jpg

f0141310_8472926.jpg

 富士市でも「資源」に加え、世界に通用する「知恵」、「技術」を蓄積し、CNFを活用した新産業の育成・展開を図っていくという視点を持たなければと痛切に感じた。

by koike473 | 2015-01-30 08:51 | 産業振興・雇用 | Trackback | Comments(0)  

一気に読んだ「里山資本主義」 ~日本経済は「安心の原理」で動く~

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 風邪は、インフルエンザではなかったようだが、3日間、ほとんど何もできなかった。
 昨日は、ブログも書けなかった。
 食欲はあるのだが、夜になると眠ることができず、体重が一気に3kg減った。
 身体がフラフラする感じだ。

 そんな中、一気に読み切った本を紹介。
 「里山資本主義 ~日本経済は『安心の原理』で動く~」
f0141310_758473.jpg

 年末に、北海道に住む学生時代の友人から薦められた本だ。

 グローバルな、いわゆる「マネー資本主義」と対比させながら、人口減が確実に進む日本、そして先進国のこれからのサブスタイル、あるいは保険としての社会のしくみを「里山資本主義」と位置付けている。

 具体的には、エネルギー、食料、各種サービス等を、地域内で少しでも循環させ、さらに貨幣の動きだけでなく、物々交換、サービスどうしの交換で行うことにより、人と人の結びつきを復活させ、無縁社会をなくしていこうという提案だ。

 著者は、あの「藻谷浩介」氏とNHK広島取材班。
 新書大賞2014第1位だ。(2013年に最も売れた新書)
f0141310_758577.jpg

 現在の社会・生活の中に、極端な変化でなく、地方だからできる少しの知恵と工夫によって、大きな安全・安心が得られる実際の取組みが紹介されている。
 お薦めです。

by koike473 | 2015-01-29 08:00 | 原発・エネルギー | Trackback | Comments(0)  

昔の人は偉い 富士山と笠雲

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 昨日は、朝、医院に行こうと思い、電話で状況を聞くと、かなりの患者さんが待っているとのこと。
 急遽切換え、仕事を済ませ、夕方から行くことに。

 お昼頃、仕事の合間に見えた富士山。
f0141310_7383330.jpg

 しっかり笠雲がかかっている。

 夕方、「癒し系」の土屋先生に診てもらうと「熱がないこの段階では、インフルエンザかどうか判断できませんね。身体を休めて下さいね」とのこと。
 薬を何種類か処方してもらった。

 しかし前日までとうって変わり、夜ほとんど眠れなかった。
 「笠雲」の予報通り、「昔の人と富士山は偉いな~」と夜中の雨音をずっと聞いていたような気がする。

 今朝も、鼻ものどもズルズルだ。
 でも休んでいる訳にはいかないか。

by koike473 | 2015-01-27 07:40 | 季節・四季・日常 | Trackback | Comments(0)  

ヤバイ!困った! 風邪の症状が治らない

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 先週末から風邪をひいたようだ。

 熱はないが、のどがガラガラで、鼻もズルズル。
 この時期に!
 週末だったので、市販薬を飲んだが今朝も同じだ。

 今朝は、早速医院に行くつもりだ。
 インフルエンザではないことを祈るばかりだ。

by koike473 | 2015-01-26 07:47 | 季節・四季・日常 | Trackback | Comments(0)  

年末年始で顕在化した富士市斎場(火葬場)の大混雑

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 富士市の斎場(火葬場)が詰まっている。
 先週、友人から「火葬場が込んでいて、亡くなった日から1週間後でなければ火葬できないというので、通夜・葬儀も1週間後という知り合いが2軒あった」と連絡があった。
 私も、年明けに参列した通夜で、「寒くなって亡くなる人が多くて、火葬場がひどく混んでるだってね」という話は聞いていた。
 担当課に連絡を入れると、いろいろな状況の話があり「至急、対応検討を」との話で終わった。

 すると、その日の午後、私の叔母が亡くなり、夕方悔みに自宅に行くと、やはり同じような話になっていた。
 しかし家族(いとこ達)は「1週間もこのままでは、母親がかわいそうだ」とのことで、静岡市が管理・運営する庵原斎場で有料で火葬してもらうことにした。
 また、菩提寺の住職からも「これはおかしいですよ」と厳しい指摘があった。
 私自身も、「旧富士川町の皆さんには、『富士市の斎場へ』と言っておきながら、逆にこちらから有料で庵原斎場にお世話になるとは…」と絶句。
f0141310_8374384.jpg

(写真は、庵原斎場(静岡市HPから))

 話を総合すると、こんなことだ。
  ・富士市の斎場(火葬場)は、各葬祭場の出棺時刻を基準に火葬受付をしている
  ・市内には現在20ヶ所の葬祭場があるが、遠い所、近い所があり、出棺時刻は同じでも、火葬場への到着時刻にずれが生じる
  ・そのため昨年、火葬場の控室に結果として「ダブルブッキング」の状況が発生した
  ・市では、年間火葬実績数から、通常の火葬を早い時間帯と遅い時間帯に振り分け、1日10体を火葬することとし、その間に嬰児等、会葬者がほとんどいない火葬を組み込み、控室の利用調整を図る体制に11月から取組んだ
  ・しかし年末年始は亡くなる方が増えたり、2日間(12/31、1/1)の火葬場の休日が重なったこともあり、「積み残し」が急増した

 市では今週から、火葬場(現場)で利用調整を担当する職員を配置し、1日の火葬数を増やし始めた。
 このペースで行けば、今月末には、通常の火葬スケジュールに戻るとのことだ。

 しかし、長期的に見れば毎年亡くなる方は増加しており、その傾向は今後も続く。
 市の体制補強だけでなく、スムースな火葬場運営を行うための時間管理に関する仏教会、葬祭場との調整が早期に必要だ。

by koike473 | 2015-01-23 08:39 | 市長選挙・富士市政 | Trackback | Comments(0)  

結婚30周年を迎えました 愛鷹亭さんで記念の食事

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 昨日は、叔母の葬儀があり、その準備(弔辞の作成)でバタバタしていてブログを書けなかった。

 1月15日は、私の結婚記念日だ。
 そして今年は30周年。「真珠婚式」というそうだ。
 しかし、今年は選挙の準備もあり、旅行に行けるわけでもない。
 おいしい食事を!と言うことで、5年前の銀婚式の際も伺った愛鷹亭さんに予約した。
f0141310_7461335.jpg

 小じんまりした店内は、居心地がいい。
f0141310_74626100.jpg

 予約席は既に準備万端。
f0141310_7463643.jpg

f0141310_7465075.jpg

 アミューズ・ブッシュ(お通し)
 「生ハムと鶏ムース」と「サワラのエスカベッシュ」
f0141310_74799.jpg

 「これがお通し?」

 オードブル
 「メダイとフォアグラソテー 木いちごのソース」
 「カニのテリーヌとキッシュ(きのこ)のサラダ仕立て」
f0141310_7473846.jpg

 メダイがワインにぴったり。
 フォアグラは、30周年記念にプレゼントいただいたが、こんな大きいフォアグラは初めて。
f0141310_7475299.jpg

 焼きたてでホカホカのパン。たまらない。
f0141310_748089.jpg

 「コンソメスープ」
f0141310_7481367.jpg

 すっきりしたおいしさ。メインメニューに期待がさらに膨らむ。

 魚料理は、「真ダイのパートフィロ包み アメリケーヌソース」
f0141310_7482976.jpg

 真ダイとカニのソースがピッタリ。
f0141310_7484358.jpg

 ボリュームも満点!

 肉料理「牛肉ソテー トリュフ入りジャガイモのグラタン赤ワインソース」
f0141310_7485992.jpg

 実はずいぶん満腹になっていたが、料理が変わると食欲が増す?

 デザートは「ガトーショコラ ムースマロン リンゴのブレゼ」
f0141310_749121.jpg

 デザートまで、しっかり手が込んでいて最高!

 30周年記念のお祝いケーキ!さすがにこちらはお持ち帰り。
f0141310_7494210.jpg

 田嶋シェフ&マダム、ごちそうさまでした!
 皆様も記念日等に愛鷹亭さんを是非どうぞ!

by koike473 | 2015-01-21 07:51 | 食事・食べ物 | Trackback | Comments(0)  

冬の野鳥観察会in浮島ヶ原自然公園&沼川

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 17日(土)は、富士自然観察の会の「野鳥観察会」に少し参加。
 N先生から「来て、みんなにあいさつしたら」と言っていただき、伺った次第だ。
 開会式の会場は、浮島ヶ原自然公園。
f0141310_7482219.jpg

 冬の風景だ。
f0141310_7484054.jpg

 この日は、会の皆さんとエコクラブ、一般参加の皆さんなど。
f0141310_7485014.jpg

 まずは、双眼鏡の使い方の訓練。
f0141310_7491554.jpg

 片方ずつピントを合わせていく。
f0141310_749272.jpg

 そして沼川に移動。
f0141310_7494078.jpg

 途中で、鉄塔の上に停まっている鳥を観察。
f0141310_7495872.jpg

 沼川の土手。
f0141310_750991.jpg

 「オオバン」とのこと。
f0141310_7503854.jpg

f0141310_7501964.jpg

f0141310_7505279.jpg

 皆さんは、ここから下流(西)に移動して更に観察。
f0141310_751138.jpg

 土手の草は、きれいに刈られているが、こんな状態。
f0141310_7511243.jpg

 「なんでだろうな~」。悲しくなる。

by koike473 | 2015-01-19 07:53 | 環境 | Trackback | Comments(1)  

阪神淡路大震災から20年 使える「オレンジランプ」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 14日(水)の晩は、本年度最後の「吉原高校避難所開設・運営マニュアル策定委員会」を開催した。
f0141310_7402185.jpg

 昨年12月に行った避難所開設・運営訓練の反省と、今後の委員会の体制や進め方についての話し合いだ。

 次は、年度が変わった6月の開催だ。
 それまでに各町内で、より強力なメンバー編成(委員会人事)を決めていただくよう依頼した。

 テレビ等では、17日が阪神淡路大震災から節目の20年ということで、さまざまな防災特集が放送されている。
 我が家では、妻が「オレンジランプ」をつくった。
f0141310_740461.jpg

 暮れにいただいた「ポンカン」の皮と芯を使い、サラダ油を燃料にした「簡易ローソク」というイメージだ。
f0141310_741824.jpg

 しかし結構明るく、いやな煙も出ない。
f0141310_7411897.jpg

 NHKの「朝イチでも紹介されたようだ。
f0141310_7412757.jpg

 皆さんも試してみてはいかが?

by koike473 | 2015-01-16 07:43 | 防災 | Trackback | Comments(0)  

「生まれ故郷」で元気をもらった「津田・荒田島地区」のどんどん焼き

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 12日(祝)は、午後から津田・荒田島地区の「どんどん焼き」に出かけた。
f0141310_7451632.jpg

 私の生まれ育った地区だ。
 会場は、島田公園。「島田」という名は、旧吉原市と合併する前の「島田村」から来ている。
f0141310_74659.jpg

 午前中は風が強く、「開催できるか?」と心配したが、風も収まり無事開催。
f0141310_7461373.jpg

 写真を撮り忘れたが、消防2分団により消防車も配備され、防火対策はバッチリだ。

 「太鼓の会」の皆さんによる呼び太鼓。
f0141310_7462323.jpg

 「太鼓の会」では、前日から準備した豚汁のふるまいが。
f0141310_7463573.jpg

f0141310_746453.jpg

 「女性の会」の皆さんは、お汁粉を。
f0141310_7465727.jpg

f0141310_747762.jpg

f0141310_7471616.jpg

 私は、多くの皆さんと久しぶりに会い、いろいろな話をさせていただいた。
 「生まれ故郷」で、たくさんの元気をもらった「どんどん焼き」だった。

by koike473 | 2015-01-15 07:49 | 津田・荒田島 | Trackback | Comments(0)  

「祝福」と「むなしさ」が同居する成人式

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

 11日(日)は、成人式(ロゼシアター)に出席。
 と言っても、お客さん(来賓の一人)だが。

 市役所に車を止め、ロゼまで歩くとパトカーが。
f0141310_7534487.jpg

 青葉通りは新成人を送ってきた車で渋滞。

 ロゼの入口付近は、大勢の新成人が。
f0141310_7535882.jpg

 廊下やホワイエも。
f0141310_7541778.jpg

f0141310_7542889.jpg

 会場の大ホール。
f0141310_7545342.jpg

 富士市立高校チアリーダー部のチアダンスでオープニング。
f0141310_7551717.jpg

f0141310_755325.jpg

 実行委員会の皆さんが企画に工夫を練り、司会進行を務める。
f0141310_755331.jpg

 彼らも、同じ新成人だ。

 「恋するフォーチュンクッキー」の振り付けで、恩師をはじめさまざまな市内の皆さんが「新成人」を祝福するビデオレター。
f0141310_7554780.jpg

f0141310_756027.jpg

f0141310_756997.jpg

 今年は、例年に比べれば穏やかだったが、国歌斉唱や、「3分間だけ話を聞いて下さい」と訴えた市長のあいさつの際も、一部の新成人の「ざわつき」が消えなかった。

 「祝福」と同時に、「むなしさ」も感じるこの何年間の成人式だ。

by koike473 | 2015-01-14 07:57 | 市内外のイベント・行事 | Trackback | Comments(0)